アーカイブ

HOME > 2017年 > 11月

ドーム中里き☆ら〇ら11月プログラムのご案内

【ドームき☆ら〇ら情報】
ときめきタウンUモール2階の「ドーム中里き☆ら〇ら」では、秋の四角形がみえますよ~☆

今月の番組は
☆今夜の星空
☆1秒ちょっと前の月(リブラ社)
「宇宙はどうなっているの?」「宇宙の外側とは?」「我々はどこから来て、どこへ行くのか?」人類の永遠のテーマを天文学者と一緒に考えませんか♪

11月の投影は26日が最後です!
「ちびっこ天文博士」にチャレンジしている君!待ってま~す(≧ω≦)人(>ω・) 

可愛いポスターは地元出身のイラストレーターeimiさんが書いてくださってますヽ(*´ω`)ノ゙ ♪

清田山キャンプ場にも雪がふりました☃

先日、今年度の営業が終了した清田山キャンプ場にも初雪が降りました♪

 

「雪囲い」といって、窓や出入り口など雪で埋もれてしまって建物が壊れないようにする作業が進んでいました。

でも紅葉した葉もまだ残っていて、初雪♪このコントラストがきれいですよね^^
 

清田山キャンプ場の来年の予約開始は
年明け1月4日朝9時より観光協会中里事務所(025-763-3168)にて承ります<(_ _)>
また、毎年人気の「清田山キャンプ場まつり」ですが来年度はイベント内容が変更する可能性があるとの事ですので予めご了承ください。

今日はお天気で、積もった雪はとけてしまう勢いでした~
気持ちの良い河岸段丘が広がっていましたよヽ(=´▽`=)ノ

もう間もなく真っ白な景色が広がります。

また、来年お会いしましょう♪

日本三大峡谷清津峡で活動している「なかさと清津案内人」をご存知ですか?
清津峡渓谷トンネルにいらしたお客様のご質問にお応えする、頼もしい味方(≧ω≦)人(>ω・)

 

今年度最後のお客様は、地産地消で友和をめざす「JAいすみ大原農産物直売所利用部会」の皆様でした☆☆★

 

いろいろなお話しをさせていただいて、景色に感動いただきありがとうございました❤
また、お会いできるのを楽しみにしております+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ 

 

 

来年はリニューアルされて、また違う景色をお楽しみいただけますよ!
クマちゃんもお待ちしておりま~す❤

 

11/16 紅葉情報[中里地域]

あっという間に初雪が降りました!!
紅葉ももう終わりをむかえています( ゚o゚)

田代の七ツ釜ですが、今年は紅葉が長い!!
ずいぶん長いこと楽しめたような気がします!落葉始まり~落葉という感じです。

外ノ沢砂防ダムは落葉。
砂防ダムの部分がだいぶむき出しになっていました(‘_’)

田代の七ツ釜までの道のガードレールも一部取り外しが始まっておりました。
また冬期は除雪が入らず通行止めとなります。

瀬戸渓谷でも落葉はじめ~落葉です。
渓谷沿いの歩道も冬の準備のために、順次柵が取り外されていきます(=v=)
また、来春までお預けです…!

宮中ダム(鷹ノ巣ダム)も落葉はじめ~落葉です。

降雪に伴い、急ピッチで冬の準備が始まっています!
お車でお越しの皆様はこれからの時期はスタットレスを着用し、安全運転でお越しくださいヽ(=´▽`=)ノ
また、雪が降っても世界屈指の技術を持った除雪車が雪道を守ってくれますので、安心して冬の十日町にもいらしてくださいねヽ(=´▽`=)ノ(中里地域では3月10日にあのイベントが…♡)

初雪!

ついに初雪が降りました!
十日町市街地で霙(みぞれ)が降っていたため、山の方はどうかなぁと見にいったところ…


予想以上に積もっていてビックリ!
ちなみに、国道253号の十日町市と南魚沼市の境界線付近の様子です!
積雪は約5cmといった感じです。
南魚沼市側は除雪車がすでに1度通ったような跡がありました…
今年の冬将軍は容赦がないですね(-_-;)

なお、国道253号(通称八箇峠)は11/25より高規格道路開通に伴い、一部が冬季通行止めとなります。このおかげで冬の峠越えが楽になりますね~

いよいよ冬到来です。
お越しになる際は暖かい格好やスタットレスタイヤの装備等、準備を万全にしてお越しください!

いざ、出陣!

除雪車の出陣式が中里保健センター前で行われました!

か、かっこいい~~!!( ゚o゚)

雲一つない青空に黄色と赤の車体!これが除雪車です。

こんなふうに…


雪を飛ばして、豪雪地帯の安全を守ってくれています!(▲昨年の冬のようす)

この全台が列をなして出陣する姿は圧巻!ぜひこちらの動画をご覧ください^^


市長からは、除雪をする際に使用するタブレット端末などが手渡されました!
タブレットで位置情報を確認し、どの地域・どの道を除雪したのか?が
すべてデータ化されるようなシステムになっているのだとか\(*T▽T*)/

     \今年もよろしくおねがいいたします!!!/

除雪車とそれを高い技術で操作する業者の皆さんの力があって雪国の安全は守られているんですね!

十日町市は冬もイベントが盛りだくさん♪
また、ウィンタースポーツや体験など冬の観光もお楽しみいただけます!

お車でお越しの際は、スノータイヤに安全運転でお越しください(=v=)

きき酒選手権!

米どころ、水がうまいなら酒もうまい!
平成30年3月に開催される「新潟淡麗にいがた酒の陣」をご存知でしょうか?
その会場では「きき酒新潟県代表決定戦」が行われます!

なんと、その予選会が林屋旅館さんで開催されました!
会場に到着すると、氷の彫刻が気分を盛り上げてくれますヽ(*´ω`)ノ゙ ワッチョーィ♪ 

別室へ通されると、ラベルのない瓶がズラッと6本。
試飲をして、次の間に向かうと、また、ラベルのない瓶が6本。
同じ味がする瓶を見つけるというマッチングテスト…∑ヾ( ̄0 ̄; )ノ オットッ!

参加者は真剣!きき酒なのか、吞んでいるようにも見える(笑)。
なんと、優勝の方はパーフェクト★☆★☆ !ヾ(>д<ヾ) (ノ^Д゚)ノ ! ★☆★☆
準優勝は同列2名。難易度が高いお酒を当てた順に決定するそうです。

栄えある上位3名が決定したところで、地元4つの蔵元さん自慢のお酒を吞みくらべをしながら宴は続きます…。

当日の様子は、来年の開催情報もチラッと記載されていた十日町小売酒造組合理事長㈱山崎商会さんのFB(11月11日)をご覧ください❤

【2日目】縄文文化体験モニターツアー

昨日から引き続き「縄文文化体験モニターツアー」の2日目。

今日はあの火焔型土器を含む国宝たちがドバっと出土した笹山遺跡へ参ります。
この敷地内にある笹山縄文館にて、出土品の解説と土器チョコ作り、土器の拓本体験、そして十日町名物である「へぎそば」の昼食です。

 

この縄文館には、笹山遺跡から出土した土器が大量に収蔵されています。市博物館の阿部学芸員より笹山遺跡の解説と、土器おさわりターイム。(※特別です)

 

その後は土器チョコ作りのワークショップ。
伊乎乃の里・縄文サポートクラブの阿部さんからご指導。

 

 

 

本物の土器から起こした型を使って、土器そっくり(というよりそのまま)なチョコを作ります 。チョコってところに女子感を感じます( *´艸`)ウフッ

 

 

湯せんで溶かしたチョコを流し入れます。
チョコが固まるまでしばし待つ。その間に、今度は学芸員の阿部さん指導のもと、土器の拓本体験です。

 

 

土器の破片に水で湿らせた画仙紙を張ります。筆で細かい模様まで張り付くようにしていきます。

 


縄目まできれいきれい♪

 

 

今度は墨をぬりぬりします。
少ーしずつ、模様がつぶれないように…

 

 

きれいに出来ました!

 

そろそろチョコも固まるころ。
シリコンの型からぽこっとチョコを外して出来上がり。もう、そのまんま土器ですねこれは。

 

 

これは並べて撮りたいよね~(*’▽’)

 

さて、今度は外へ。またしても雨なのですが、火焔型土器が出土した様子を模したモニュメントを見学。
…が、時期が時期なので雪囲いがされております。ので、横からのぞいて見学。
三角に組まれたのがそれ。
雪の重みで傷つかないよう、雪国特有のものです。雪ってほんと重いんですよーー。そもそもが水だし。

 

 

 

竪穴住居にも入ってみます。参加者20名&スタッフ数名が余裕で入る広さ。
この復元した竪穴住居、雪に埋もれる冬の間も管理できるよう入口は確保するそうです。

 

 

 

そうこうしているうちに、遺跡のガイドをしていただいた野沢さんの縄文魂に火が…
参加者の皆さんと縄文の雄叫びをあげるの図。
なんだか皆さん楽しそうです。

 

皆さんで記念撮影。このあとは十日町名物・へぎそばをいただいて、道の駅クロステンへにてお土産購入。

 

2日間にわたっての縄文文化体験モニターツアーにご参加の皆さま、雨と寒さの中大変ありがとうございました!そしてお疲れさまでした!
また今回の体験にあたり、ご協力いただきましたスタッフの皆様ありがとうございました!
勾玉に拓本、土器チョコと、縄文土産もたくさんできましたね☆

「日本遺産」にも認定された火焔型土器が今熱い!!
日本遺産  火焔型土器HP

【1日目】縄文文化体験モニターツアー

世間は縄文ブームです多分。いやきっとそう。(希望)
で我が十日町市は、新潟県唯一の国宝指定を受けている縄文土器が出土しております。
この縄文土器は、信濃川流域で数多く見つかっていまして、川沿いに縄文文化が発展していたことを証明する、大変貴重な遺産を保有しております。

この縄文文化を体験する『縄文文化体験モニターツアー』を、11月11日(土)~12日(日)にかけて催行いたしました。
女性限定20名様での募集、そこに集った縄文女子たちとともに1泊2日のツアーの様子をレポします~( `ー´)ノ

 

最初は十日町市博物館へ。
佐野館長のガイドにいざなわれ、いざ縄文時代へ!

あっその前に、縄文文化の最高傑作「火焔型土器」がこんなことになっています!
「土器が日清カップヌードルに?!」
土器を作成した縄文人も、遥か未来にこんな斬新な使われ方をするとは思わなかったでしょう。
博物館にもこの土器クッカーが展示されていますので、興味ある方は本物と合わせてぜひ見学を。

 

豪雪地での暮らしや当時の人の平均寿命などなどのお話から、いよいよ国宝展示ブースへ。

一般的には「火焔型土器」と呼んでいますが、「新潟県笹山遺跡出土深鉢形土器」が正式名称です。
この真ん中の大きな土器は、現在京都国立博物館で開催中の「国宝展」へ先日まで出張していました。

ちょっとピンぼけ気味ですが…
国宝指定されているのは、火焔型土器を含む928点なのです。何気にすごい数。

 

かの岡本太郎画伯が、東京国立博物館でこの火焔型土器を見て「何だこれは!!」と叫んだそうです。その後縄文土器を1つの芸術として日本の美術史に登場することとなりました。原始美術にこの人あり。

十日町市博物館HPのWEB博物館では、いろんな角度からぐる~っと土器をご覧になれます。

 

 

次は「あてま森と水辺の教室ポポラ」にて、ブナ林散策とワークショップを。

あいにく今日は雨。でも雨に濡れたブナの木は、実は晴れた日よりも美しいのです(‘ω’)ノ
ポポラの荒川館長をガイドに、ブナの原生林をどんどん進みます。

 

国内の山林には杉が多く、日本の山と言えば四季を通して黒々とした杉林をイメージする方も多いとも思いますが、それは成長の早い杉を木材として得るために人が植林したもの。かつてはこのような広葉樹が山野を占めていました。
これらの木々は実を落とし、人間を含む動物たちにとって貴重な食糧となります。

これがブナの実。

後でこの中身を食べちゃいます。

 

 

さて水辺のホールへ移動して、勾玉作り体験へ。

こんなかわいらしい木の勾玉。これを紙やすりで形を整えていきます。

こうゆうの、結構一心不乱にやってしまいますよね。


ブナの実も試食。
先ほどの堅い殻の中身を石ですり潰したりしてみます。この感触、なんだ気持ちいい…。
かつての縄文人は粉にしたものを練って焼いたりして食していたようです。

 

この後は、「NPO笹山縄文の里」の野沢さん(縄文名:ツネルペ)より、縄文文化を写真とともに解説。


その縄文衣装に気合を感じます。

 

2mくらいある槍をもって「縄文の舞」を舞う野沢さんの動きが、まるでカンフーの達人のようだともっぱらの評判(私の中で)。
静止画だと伝わらないなあ…

 

 

この後はあてま高原リゾートベルナティオにて宿泊。
実は今日のブナ林散策の帰り道、霰がばらばらと降ったのでした。息は真っ白。寒い中、皆様お疲れさまでした!!
天然温泉であったまって、美味しいお料理でほっこりしてください~。
翌日は笹山遺跡へ行きますよ~(/・ω・)/

11/8 紅葉情報[中里地域]

今週の紅葉状況です!
紅葉見ごろも今週いっぱい?!でしょうか。
まだまだ楽しめますので、ぜひお立ち寄りください^^

田代の七ツ釜 見ごろ
展望台からの眺めです。ピークは過ぎたかな?というかんじですが、まだまだ楽しめる色鮮やかな景観です!

七ツ釜キャンプ場周辺も秋晴れと紅葉が美しいです!
大地の芸術祭作品「スネーク・パス」はこの先にありますよ♪
なんでスネーク?かというとこの場所にまつわる大蛇伝説があるからなんですよ~

■外ノ沢砂防ダム みごろ
午後イチで撮影しましたが、影になってしまいました…
午前中がいいかもしれないですね(=v=)

瀬戸渓谷 みごろ
今年はオレンジ色が濃く出ますね^^

渓谷沿いを歩いてみませんか?

周辺も散策♪

宮中ダム(鷹ノ巣ダム) みごろ
別日撮影のため、お天気が残念でしたがまだ楽しめる紅葉具合でした!

寒くなってきましたので、温かい恰好でお出かけください!

まもなく雪の足音も聞こえてくる?!
冬のイベントもいまからチェックしておいてくださいね^^♪
中里地域では3/10(土)に「雪原カーニバルなかさと」が開催されます。

 

ゲレンデ一面に灯る2万本のキャンドルがひとつひとつ手作業で灯る感動的なイベントです♪
来場者参加型のイベントですので親子で、ご友人と、恋人と…♡
ぜひお越しくださいませ☆

車と土が、たわむれる!?全日本ATV選手権

ついに行ってきました!!
川西モトクロス場で開催されている “ 全日本ATV選手権大会 ” 

これまで紹介してきたモーターバイクではなく、四輪車でオフロードを疾走する大会です(*ゝ∀・*)ノ
⇒モトクロス大会の様子はこちら

相変わらず、全く知識もないままに観戦に行ったワタクシ(・∀・)
そもそもATVって何?ってとこからなのですが・・・
あの・・ご興味のある方はグーグル先生に聞いてみてください!笑

 

どんな乗り物かというと、
1枚目↑の画像の右側に移っているものですねー♪
そして、後ろから見ると↓こんな感じ。

オートバイと同じような車体だけど、タイヤが4つ!
座席はバイク同様のまたがるタイプだしハンドルも棒形、なのに車っぽい(´・ω・`)

ということで、私の感覚としては「オフロードを走ることのできるバイクと車の中間な乗り物」がATV!ということにしています。

 

色々と調べていたらATVを利用したレジャー体験をやっている観光施設もあるようで、もしかしたら新しい遊びとして広まってきているのかも!?
乗ったことがある方もいるのではないでしょうかd(・o・)

そんな乗り物のレースな訳でございます♪

オートバイに劣らないほどの爆音を響かせながら走るATVなのですが、
もう今回の大会は、なんといっても路面状況が面白くって(* ̄ー ̄*)ニヤリッ

↓こちらはスタート時の様子

この大会では、これまでのランキング順で縦2列に並んでスタートがきられます。
まるでマリオカートですね♪

画像では分かりずらいのですが・・・
ものすごい土を飛ばしながらのスタート!!

この列が少し進むと~
↓コレっ!!特に後ろのライダーに注目

すごくないですか!!?
この泥~ (>▽<;;

この日のコースコンディションは「マディ」 といわれる、ぬかるみまくったドロドロの状態。
思いも寄らず、前日から朝方まで雨が降っていたんですねー。

そんな中を走るには、グリップの効いたタイヤが必要!
で、このように泥がはじかれ、後続ライダーはこうなる・・・

みんな泥んこ~\(-o-)/

でも、オフロードを走る人達はこれが良いらしいです!!
土の状態をみてタイヤを決めて土のうえを走る。土とのお付き合いですね。
この状態で視界は大丈夫なの!?と思うのですが、泥とも戦いながら皆さんきっちり走っています。

って、ライダーだけでなく観戦する方も土との戦いがありましたー!笑
カーブやジャンプがあるポイントでは、けっこう泥玉をくらいました(゚▽゚*)
こんな日は、汚れてもよい服装・カッパ(フード付き)が必須ですね。

 

そんな泥に負けず、迫力のジャーーーンプ♪

飛べちゃうものなんですねー(*゚o゚*)
重量感を感じる迫力です!!

他にも、可愛らしいKIDSクラスもあったり♡

小学校低学年くらいのお子さんも頑張っていてビックリ♪
女性ライダーもいたりと、ATVはファミリーでも楽しめるんですね!

 

そして、そしてー!!!!
ATVだけじゃなく「サンドバギー」というオフロード車のレースも開催(≧∇≦*)/

これまがまた♡
様々な色や形でなんだか可愛いのです(*^^*)

こんな大きい乗り物が、このコースを走っちゃうの!?という感じですが・・・
まぁ、走っちゃってました!!

もちろん、こちらも泥んこデス(*^0゚)v

なんか、生き物みたい♪
大迫力でした!!

ちなみに、こんなレアシーンもいただきました(゚▽゚*)
↓こちら

バックホーに連れられるバギーカー!
カーブしてきたところで、スタックして、エンジンがかからなくなったようです(><)

午前中に行われたフリー走行時(練習?)の様子なのですが、
水を含んだ土を走る車のタイヤが掻き回して、まるで田んぼですね。

普段は、絶対に運転することのない道!
このコースを疾走すると、いったいどんな気分を味わえるのでしょうか(*´∪`*)
私もちょっと味わってみたくなってしまいました。笑

 

また、秋の川西モトクロス場は紅葉も見事でしたよ♪
モータースポーツって、マシーンを楽しむだけでなく、自然も楽しめるものなのですね!

また新しい世界を見れたように思いました。

 

ということで、
川西モトクロス場今シーズンの大会はこれで全て終了です!

冬が降るまでは練習などに使用することはできますが、順次冬囲いなどが行われます。
詳しくは、お問合せくださいませ。
⇒詳細はこちら

 

11/1 紅葉情報[中里地域]

中里地域では引き続き各所で紅葉見ごろですのでご紹介いたしますヾ(@^▽^@)ノ 

田代の七ツ釜は紅葉のピーク♪

先日は台風の影響もあってか水が濁ってましたが、今回は透き通る水の色になってました!
紅葉と相まって美しい・・・・!

田代の七ツ釜まできたなら「外ノ沢砂防ダム」もぜひご覧くださいね。
先日の新潟日報さんにも隠れた紅葉の名所として紹介していただきました^^

外ノ沢砂防ダムは赤も黄色もバランスよく色づくのが良いんですよね~(=v=)
まさに隠れたおすすめスポットです!

道中も色づきはピーク!道が細いので、よそ見しないよう注意ですよ<(_ _)>
ちなみに右は田代の七ツ釜とは関係ない滝なのですがコチラも素晴らしい!
道中、車窓からみることができます。
 

ポチョムキンは公園の奥が紅葉みごろ、手前はピークを過ぎたかな?という感じです。
手前は赤い紅葉がきれいでしたが、今は黄色の紅葉が楽しめます。

続いて、まるで一枚の絵のような景観は、瀬戸渓谷です。

こちらはいつものアングル。紅葉、こちらも見頃ですね。

シロサギが飛んでました!絵になるヾ(@^▽^@)ノ 

こちらはミオンなかさと周辺にある宮中ダムです。
大きな紅葉の山々が見ることが出来ました!

ダムを見下ろせる国道353沿いは眺望もきれいでした!
道が細いので、注意してお楽しみください<(_ _)>

清津川フレッシュパークは落葉が始まっています。

 

が、先週よりライトアップがはじまりました♪

イルミネーションとはまた違った大人の雰囲気漂うライティングは、国際的照明デザイナージャネットさん率いる照明専門家チームが指導を行う「ランドスケープライティング集中デザイン講座」での作品!!

 

公園隣には日帰り入浴施設「ゆくら妻有」がありますので、温泉もお楽しみいただけますヾ(@^▽^@)ノ 

また、週末は「大地の芸術祭2017秋」の会期が始まっています!
清津倉庫美術館も新展示がはじまりました♪
芸術の秋ですよ~!ぜひお出かけくださいね。

ツールド妻有2017秋

今年夏、11回目を迎えるはずの「ツールド妻有」に突然の中止発表。
怒涛のお問合せが、復活を望む声が、どんどん、どんどん大きくなり、紅葉の美しい秋に開催決定゚゚ヽ(*´ω`)ノ゙♪

当日の「天気最高!」とはなりませんでしたが、そんな中でもご参加いただいた方々の笑顔!ASさんの笑顔、ボランティアスタッフさん達の笑顔!!!

笑顔いっぱい、美味しい物もいっぱい❤

初のスタート地点をASに構えたのは毎年120Kmを走行しないと会えない西田尻のせとぐちさんとダンディーが勢揃い♪
「みんなに会いたくて来ちゃったよ」

鉢ASでは、先導車がアナウンスをするとお家から、地域の方々が楽しそうに出てきて手を振ってくれていました。
「待ってたよ~」

パエリアが有名な坪山ASでは、なんと先頭を走る方と先導車が、ほぼ同時に到着⁉
自転車って、早いんですね…。「温かいのあるよ!」

大地の芸術祭作品をバックに農舞台ASは、清兵衛さんのお蕎麦林屋さんのおにぎりが(≧ω≦)人(>ω・) 
「温かいのと冷たいのどっちがいい?」

五十子平ASでは、眼下に紅葉の絨毯が広がって、眺めが良くって+゚*。:゚+(人*´∀`)ウットリ+゚:。*゚+. 
「そろそろ甘い物が欲しいでしょ~☆」

参加賞は「TOUR DE TSUMARI 米」と「ミオンなかさとゆくら妻有の共通入浴券」で温まる~♪

来年もまた、お待ちしておりま~す★☆★☆  ヾ(>д<ヾ) (ノ^Д゚)ノ  ★☆★☆