アーカイブ

HOME > 2017年 > 9月

9/29 松之山紅葉情報

9月29日(金)朝7時の気温が8度。とても寒い朝でした。

里の木々が少し色付き始めているので、大急ぎで大厳寺高原の
紅葉色付き加減を確認に行ってきました。

大厳寺高原の奥、大厳寺牧場内の木の全体がキレイに色付き始め
秋の深まりを感じます。

大厳寺高原にある不動池奥に目をやると、今週初めに来た時よりも
色付いているように見えますねぇ。 朝晩が寒くなるとドンドン色づきが進みます。
今後もできるだけ頻繁に確認して、見ごろ時期を確認します^^

 

松之山地内では稲刈りがどんどん進んでいます。
刈り終えた稲穂を「ハザ掛け」し自然乾燥をしている景色をあちこちで
見かけるようになりました。
もうじき、美味しい棚田米が食べれる時期になります♪

今年も養蜂!ハチミツ採れました~♡

2017.9.23(土)
2年目となった「ニホンミツバチの養蜂体験」の第3回目が行われました♪

今年は参加人数も設備もちょっぴりパワーアップ!
昨年に続いて、里山の恵みあふれる美味しいハチミツをいただくことができました~(*´д`*)

ハチミツの美味しさとミツバチの神秘に 笑顔と感動あふれた♡
そんなワークショップの様子をご紹介します!

(ちなみに、昨年の様子はコチラ

 

しばし時をさかのぼって。
今年の養蜂をはじめようとしていた4月。

実は、巣箱にミツバチの姿はありませんでした。

上手に冬越しをさせることがでず、ミツバチは死んだり逃げてしまっていたのです。
ニホンミツバチは耐寒性のある種類ですが、それでも冬は食糧を求めて外へ出られないため食料不足におちって餓死してしまうのだそうです。
それに加え、この冬の間に巣箱が何者か(野生動物?)に襲われたりもしました。

そんなわけで、
振出しに戻った状態で始まった養蜂体験。

昨年の経験があるものの、みんなで仕掛けた巣箱にお引っ越してくれだろうか!?逃亡することがないだろうか!?
と、ドキドキしながら迎えた9月となりました(>▽<;

▼ブナ林の中に設置した巣箱

この春に仕掛けた巣箱は5基。
嬉しいことに!今年も2基にミツバチさん達が入居してくれましたーヾ(o´∀`o)ノ
勢いもまずまずで、今年の巣箱は高層マンション♪5~6段!

 

まずは森の中では自然観察をしながら、空の巣箱を回収しに向かいます。

▼「アカソ」というカラムシ属の仲間

普段は気づかないけど、こうしてみると沢山の植物があります♪

春の山菜としておなじみ「ウドやコシアブラの花も咲いているよ~」と教えてもらい。
山菜も食べるばかりで、その後にどんな花が咲くのか意外と分からないものだと感じました(;´▽`A“

 

ミツバチ達は、このような植物はもちろんのこと畑で育てている野菜や果物、お庭の花などにも蜜を集めにきているのでしょうね!
そして、受粉をして、私たちにも恵みをもたらしてくれています。

「ハチは世界の作物の3分の1を受粉していると」言われているように、ミツバチは生態系だけではなく、人間にもっても、とても重要な働きをしてくれてるのが実感できます(*゚o゚*)
環境という大きな世界に小さなミツバチ達がこんなにも関わっているって、なんだか凄いことですよね♪

 

さて、それでは採蜜です!
今年もキャンプ場の管理棟前に仕掛けた巣箱から蜜をいただきますよ~。

まずは、蓋を外すのですが・・・
巣のようすを確認するとスカスカでした(゚口゚;

今年は雨が多く、低温や日照不足で花が少なかったためミツバチ達も思うように蜜を集められなかったのでしょうね。
それが原因なのか・・・スカスカの理由は、なんと!
「盗蜜」されたのではないか!?とのこと((゚m゚;)

他の群れのミツバチが入って、蜜を持って行くことがあるんですって。
生きるって大変ですね。

それでも、1段目を取り外すと~

きゃーー蜜がたっぷりヾ(≧∇≦*)/
歓声がわきました♪

切ったそばから溢れるハチミツ♡
ヤバ~~

そして、今回パワーアップの設備がコチラ。分離機です(^^)

昨年は野菜の水切り器でやっていたので時間がかかっていたのですが。
これでまとめて蜜を絞り出すことができます!

って、その前にコレコレ!これ食べなきゃ♪

巣蜜ですーーーー♡

「え、巣をそのまま食べるの?」って思うでしょ?

私も最初はそう思ったんですけどね。
これが もう、衝撃的に美味しいんです!!!

口に入れると、ハチミツの爽やかな甘さが♡ じゅわ~と広がるんです!
巣はハチミツ味のガムみたいな不思議な食感。

この感動を覚えると、また来年も・・・参加したい!ってなります(。-∀-) ニヒ

 

「ハチミツってこんなに美味しかったっけ?」
「はじめての味~」

と、みんな笑顔♪贅沢な時間でした(*´u`*)

▼分離機からも、たくさんのハチミツ♡

採れたてのハチミツをヨーグルトにかけて堪能し、
お土産もいただきました(*・∀・)/

貴重なニホンミツバチのハチミツの味と
楽しかったワークショップの余韻にしばらく浸れますね♪

 

そんな「ニホンミツバチの養蜂体験」は、また来年も開催予定です!
詳しくは、Yabukozaki outdoorsをチェックしてくださいね。

9/25 松之山紅葉情報

秋晴れの日が続きます。
各地で稲刈りが進み、風には稲穂の香りが混ざり
秋を感じる日々です。

松之山地内 大厳寺高原へ行ってきました。
少しねずみ色の雲が空にありましたが、その後どんどん
青空の範囲が広がっていった朝。


不動池では早朝からSUPの練習をする人の姿がありました。
池の周辺で栽培されているソバの花が満開を過ぎ、そろそろ
収穫の頃が近づいているようですが、まだ美しく咲く花もありました^^


森の奥の方から少しずつ秋の色づきが始まっているようです。
これから朝晩の気温がさらに下がると、この色づきが進み今年も
素晴らしい紅葉が楽しめるでしょう♪

かわいい花にはご用心!

鈴虫の鳴き声を聞きながら秋の花ごよみ調査に行ってきました。
ちまたでは稲刈り真っ只中、なんて優雅な時間でしょう・・・
こんな風に和気あいあいと山の中に入って行きます。地元の方の他、上越市や長岡市、南魚沼市からもお越しいただいております。

今回はなんと100種類以上のお花が観察されました!とても名前は覚えきれません・・・
でも名前を覚えるのが目的ではありません。この調査の醍醐味は森の学校キョロロの先生によるマニアックなお話です。時折ギャグをまじえながらの。
例えばネジバナ・・・よくたんぼの畦に咲いていますよね。
見つけたとたん、きゃあー!って歓声があがるほどかわいらしいお花です。

ネジバナはきのこから養分をいただいて育つそうです。ですが自生できるようになるとそのきのこを殺すのだそうです。なんて小悪魔なんでしょう!きのこからみれば大悪魔か!?
お花のつき方にはちゃんと理由があってハチが受粉しやすいようになっているとか、いかに花粉を遠くまで運ばせるかとか、葉っぱや根の役割など植物のしくみをたくさん教えてもらえます。すべてに理由があるのですね~生きるための・・・

妖精みたいな虫を発見!


エキゾチックな模様の蛾。先生は蛾を見ても気持ち悪いなんて言いません。


むらさき色のゲンノショウコ、初めて見ました!

ツリフネソウ
キツリフネ

  
  

植物や自然観察に興味のある方、ぜひ一緒に歩いてみませんか。楽しい発見がたくさんありますよ!
4月から11月の毎月第3土曜日13:00おふくろ館に集合です。

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2017秋チラシの表紙は…

”「大地の芸術祭」の里 越後妻有2017秋”表紙は中里地域の東田尻にある「中里かかしの庭」(クリス・マシューズ)です。

川の氾濫に悩まされた河原に色彩豊かな<かかし>が設置されています。
命の芽吹きを感じる新緑や見事な紅葉を借景に、さらに作品が際立ちます。ぜひ、川風と共に自然を感じてみませんか。

■例年10月中旬から紅葉をお楽しみいただけます。日本の美しさをご堪能ください。

魚沼スカイライン


清津峡

瀬戸渓谷

田代の七ツ釜

JR信濃川発電所宮中取水ダム(鷹ノ巣)

紅葉の様子はこちらからチェック♪

ドーム中里き☆ら〇ら9月プログラムのご案内

9月に入り、夜風も冷たくなってきました。
23日の秋分の日を境に、夜がだんだん長くなってきますね。

トキメキタウンユーモール2Fのプラネタリウム施設「ドーム中里き☆ら〇ら」では、東の空からペガサス座が昇ってきます。秋の夜長を楽しみませんか☆

<今月の投影プログラム>
☆今夜の星空
☆月光浴にでかけよう~蒼い光の世界へ~
 「見たいテレビがあったのに。」と、夜にお出かけするのは面倒くさい⁉
 望遠鏡をのぞいたらどんどん月に魅了されちゃいますよヽ(*´ω`)ノ゙ ワッチョーィ♪
可愛いポスターは地元出身のイラストレーターeimiさんが書いてくださってますヽ(*´ω`)ノ゙ ♪

今年も開催クラシックラリー!!

ラフェスタミッレミリア2017 が今年も松之山温泉街へやってきます!

昨年行われたのが「20回記念大会」。今年は「20周年記念大会」
なのだそうです^^

今年のパンフレットが届きました~!
松之山温泉街の画像が大きく掲載されています♪
湯けむりが良い感じ。

開催まで日まで、あと1ヶ月。

お目当ての選手や車を想像しながら、できたてパンフレットをじっくりご覧ください。

尚、今年はチェックポイント通過後、温泉街の中でタイムトライアルがあります。
定められた場所を定められた時間に通るという競技で、そのタイムの誤差で
順位が決まるものです。

お楽しみに!!

ラフェスタミッレミリア2017<公式ページ>

 La Festa Mille Miglia 2017 in 松之山
 10月14日(土) 朝8:00~9:00 松之山温泉街チェックポイント

 14日は、越後湯沢~松之山温泉街~上越方面へ移動します

信濃川の風をきる!電動サイクルはじめました★

ミオンなかさと」さんにて電動自転車の貸し出しが始まりました!

料金は
≪電動アシスト付自転車≫ 半日:1,000円 1日:1,500円
≪子ども用自転車≫ 半日:500円 1日:750円
≪キッズトレーラー≫ 半日:500円 1日:1,000円(別途電動アシスト付き自転車が必要です)
(ヘルメットも付いています!安全のためご着用ください。)
ご利用の場合はミオンなかさと窓口でお申し込みください♪

十日町は河岸段丘といってアップダウンが多いのですが、電動だから安心♪
見たかった芸術祭作品や河岸段丘の景色など存分に楽しむことが出来ちゃいます!

こちらがバッテリー!坂でもラクラクです(*T▽T*)

おすすめコースのマップもあります!
どこにいこうかな?とおもったら参考にしてくださいね^^
 

小さなお子さんがいる場合はこんな自転車も!!!
後ろに2人のれちゃいます!シートベルトもついていました★

帰りはミオンでお風呂にはいってさっぱり~ヽ(=´▽`=)ノ
食事処「越路」さんでランチや夕食もOK!売店でお土産なども買えますよ^^

 

ぜひご利用ください^^

▼アクセスはこちら
 

週末はクラフトフェアへ♪

今週末の9月9日(土)、10日(日)はニューグリーンピア津南にて「越後妻有クラフトフェア」が行われますヽ(=´▽`=)

クラフトフェアとは、木工・陶磁・染織・金工・ガラスなどの手づくりのつくり手が集まるイベントで、今年も全国各地から素敵な作品たちが一同に…!♡

こんな感じで、それぞれテントに作家さんがいて、手作りの作品が並んでいます。
例えばこんなものだったり、、、

本当に様々!なので幅広い年代の方が楽しめるイベントなんですw(*゚o゚*)w

見ているだけでわくわく♪お友達と、家族で、ひとりでじっくり…
楽しみ方がたくさんあるのがクラフトフェアの良さです^^
作り手さんと直接お話しをしていると、ついつい長居しちゃうんですよね~

グリーンピア津南さんのHPにもたくさん写真が紹介されていましたよ~(詳しくはコチラ)他にも動物に触れ合えたり、生演奏のステージがあったり…
屋台も出店しますので、小腹が減ったら食べ歩きもできちゃいます\(*T▽T*)/ウレシイ…!

開催日時はこちら!最終日は終了時間が16時ですのでお気を付け下さい!!!
作品が売り切れてしまう場合もあるので、時間に余裕を持って来るのがオススメです♪
9月9日(土)10:00〜17:00、9月10日(日)10:00〜16:00

また、本部テントでは十日町の観光紹介ブースも開設しますので「この後どこ行こう?」なんて思ったらお気軽にお立ち寄りください^^
観光協会イチ押しの紅葉スポットのご紹介のため、小道具をせっせと作ってみました!こちらも持参していきますよ~!

みなさんのお越しをお待ちしています♪

“もみじ引き”で大はしゃぎ!!

9月2(土)・3(日)と 小白倉集落の゛秋祭り゛がありました!!

って、この週末、秋祭りをしている集落は沢山ある、ある♪
御神輿や花火大会、露店など 1年に一度のお祭りは子どもからお年寄りまで、みんなが楽しめる行事ですよね(*´∪`*) 

もちろん!
この小白倉集落でも十二社(神社)を中心として、盆踊りや花火の打上などが行われるのですが。。。

ひとつだけ。
そう、ひと~つだけ!笑

一風変わったことをしているのです♪

 

それがこちら!!

「もみじ引き」です!!

神輿を担ぐかわりに、山から伐採した巨大なもみじの木を引き回し、結婚や出産などお目出度のある家々を訪れて祝宴をあげ、
また道中で汚れたもみじを清めるといって引く人たちに水を浴びせかけるというお祭りなのですヽ(´∀`)人(・ω・)人(゚Д゚)人

この祭りの起源については、江戸時代以前ともいわれ”詳細不詳”とされていますが、
古くからこの地域では「もみじ」は神聖な木とされており、毎年、鎮守十二社の例祭にあたり「オハナギ(お花木)」としてお供えしています。

当地の他に例をみない伝統行事ということから「奇祭」として親しまれています♪

 

今回は、なんと、もみじを切り出すところに潜入~~!!
いままで見たことなかった裏側(?)を見せてもらってきました。

もみじを切り出すのは、2日(土)の午前中。

毎年ちょうどこの時期にワークショップで来ているロンドンの建築系大学AAスクールの学生さん達、その学生と交流のある人達、県内の学生さんなど協力者が集まって、山の中に入っていきます!!

もう、色んな人が入り混じっていて 初めから何が何やらわかりませんが(笑)
どんな人でもwelcomeなのが、この祭りの素晴らしさです♡

↓切り出すもみじはコチラ♪

ちなみに、切り出すもみじの木は、山に自生しているものを使用することが多く事前に地域の人が決めているそうです。
車道から200~300mくらい山の中に入ったところにありました!

まずは、みんなで もみじ を囲んで「天神ばやし」を歌います。
天神ばやしとは妻有地方で古くから唄い継がれている祝い唄で、小白倉地域では 
♪天神囃子の梅の花~♪ と始まります。

集落によって歌詞や節回しにちがいがあって面白いんですよ(*´∪`*) 

↓そして、乾杯!お清めのお酒をいただきます♪

川西地域で飲むお酒と言えば、もちろん「松乃井」ですね~(* ̄ー ̄*)ニヤリッ

さて、ここで木を切っていくわけですが!
これは神様にお供えするための神聖な木!!

ただ切り倒すのではなく・・・ 儀式があります(゚ロ゚*)

松乃井を口に含んで
ノコギリに向かって吹きかけます!

そして清められたノコギリで、少しずつ切る。

これを歳の順に、この場にいる全員が行います!!
最初は「えっ!?」と思いましたが、みんながやれば違和感もなくなりますね。

豪快な吹きかけ(≧∇≦*)/

AAスクールの学生さんも!

ちびっ子も!

全員が御神木とふれあったら儀式は終了!

チェンソーで切り倒して運びだします。
地元の人のチェンソー裁きに学生さんたちも興味深々の様子でした♪

危険がないように注意をはらいながら、手際よく切り倒されます。

とっても立派な木ですね!

今回のもみじの樹齢は、およそ90年とのこと。
幹回り約80㎝、高さ約10m。
だいたいこのサイズの木がお供えされるようです。

ここから車道まで運ぶのが大仕事!

わっしょい!わっしょい!と声をかけながら、男性陣20人ほどで担ぎ出しました。

 

神社の境内に着くと
掘っておいた穴にもみじの木を差し込み、立てます!

みんなで力を合わせて♪

それ~~!押せ~!と声がかかります。
一体感がうまれますね(*ゝ∀・*)ノ

小さな境内に立派な
もみじのご神木が供えられました(*^^*)

この後は、灯篭やススキなどのお祭りの飾りつけをして準備は完了!!
夜には俳句や盆踊り、AAスクールの映像の発表があり、もちろん御神酒も振舞われ大宴会となるそうです。

 

さて、前置きが長くなってしまいました・・・笑

 

ココからが本番ですよーー!!
3日(日) もみじ引き 当日です♪

私が到着した午前10時過ぎ、もみじの木はすでに倒されていて出発前の記念撮影中でした。

  

地域の出身者や観光客、カメラマンも仲間入りして境内は更ににぎやか!

10時30分、出発の合図となる花火が打ち上がり
もみじが勢いよく動き出しました(^^)/

まずは、高台にある旧小学校「キャンパス白倉」に向かいます。
わっしょい!わっしょい!と威勢のいい掛け声とともに坂をかけあがります!

みんな笑顔の先に待っているのは~

水の入ったバケツを持った人♪
そして、生簀(いけす)です!

「もみじ引き」の醍醐味は、水をかけて、かけられ、投げ落とされること!

誰かれ構わず、参加している人は標的に・・・(>▽<;;

一頻り水遊びタイムとなります!笑
カメラマンには濡らさないように気を使ってくれますが、防水のものを推奨しておりますよ。

 

そして、「キャンパス白倉」に到着すると宴会が始まります!

ここにはピザ釜が置いてあり、AAスクールの学生さんが焼いてくれていました。
本格的で美味しい♪

 

学生さん達が作成したというフォトジェニックな空間もあり、素敵♪

ちなみに、以前はプールに水を溜めて、そこでも水遊びがありましたが2,3年前からやめてしまったそう。残念!

プールはなくなっても、水道や池から水を汲んではかけあっていました。
やたら大きい水鉄砲なんてのもありました!

飲んで、食べて、ずぶ濡れになったあとは
天神ばやしを歌い上げ、万歳をしてキャンパスでの宴会が終わりました。

 

って、祭りはまだまだ続きます!

キャンパス白倉からもみじを引き出して、次なる場所へ向かいます~。

道端のお家では、ホースから水をだして待ちかまえています(^^)/

水かけの応援をもらいながら集落の細い道を進んいきます。

そして、またしばしの休憩・・・ もちろんお酒もいただきます!笑
いつの間にか縄跳びが始まったり!

どこからともなく水を汲んできて掛け合います(^^)

初対面でも水をかけあえば、もう仲間☆

どこから持ってきたの?という鍋のような入れ物も登場。笑

油断してたら、私も背中に水を入れられてしまいました~(゚口゚;

「来たなら濡れて帰らないとね」 という地元の方の遊び心♪
冷たくて気持ちよかった!

 

もみじは更に集落の中を進みます!

集落の奥にある集落センターへ、ここが最終地点となります。
またまた飲んで、食べて、お祝いします♪

ココでのお楽しみは、恒例の流しそうめん!

AAスクールの学生さん達も、上手にそうめんをすくってます!

本来、宴会はその年にお祝い事のあったお宅を訪問して祝宴をあげるというものでしたが、人口の減少に伴いお祝い事も少なくなったため、集落センターなど場所を決めて宴会をしているそうです。

集落センターには、ご馳走を用意してくれたお母さん達も集まっていて、そこでの交流も楽しかったりしました!

天神ばやしと万歳三唱をして、これで本当にお開きです。

3時間半ほどのお祭りさわぎ!!
年齢も出身国も超え、みんな一緒になって童心になれる楽しいお祭りでした♡

いつになく長文となりましたが・・・
最後までご覧いただき有難うございました(・∀・)

ぜひ皆さんも参加して、地域の人や学生さん達と交流してみてはいかがでしょうか?