アーカイブ

HOME > 2016年 > 5月

松之山の朝

5月29日 早朝3時半に松之山松口にある「森の学校」キョロロ 駐車場へ到着し、4時半から
行われる「第60回松之山大探鳥会」 にどんな方々が参加されるのか楽しみに過ごしました^^

朝3時半はまだ月明かりの目立つ暗闇でしたが、4時から4時半までの 30分間で一気にお日様
が上がり朝の景色に変わっていきます。 それと同時に、周辺の林・森から野鳥の声がどんどん
大きく聴こえ 参加者皆さんの気持ちが高ぶっていきます。

matsunoyama_asa_06

この日、六日町から取材に来られていた毎日新聞社の記者の方が こんな早朝から、大勢の方
が『野鳥を見に』来られるなんて 平和な時間ですね」とお話しされていましたが、ほんとそうだ
なぁと 改めて感じながら過ごした心地よい朝の時間。

matsunoyama_asa_07

総勢89名の方が参加された今回の大探鳥会。 いつも通り3チームに分かれそれぞれの箇所を
ゆっくりと歩きながら 鳥の声や気配を頼りに、その姿を追います。

matsunoyama_asa_08

————-

探鳥会は別の方に撮影をお願いし、その後松之山地内各所を撮影に 回りました。

朝5時の気温は12度。
少し肌寒いけど心地よい気温です。 朝陽が当たり、田んぼの多い地域では朝もやが大発生。
こういう景色を観ると、お日様の力を感じます^^ この熱の威力。 凄いですね。

松之山中心地にある「千枚田」です。
早朝もまた、いつもと違う雰囲気で美しい場所でした。

matsunoyama_asa_01

松之山天水島地内 留守原の棚田は、水が張ってあり水鏡の状態でした。
田植えは月末か、6月初旬に行われるそうです。
ここは、陽の光がもろに入ってくる場所で、午前中は棚田が明るく 照らされますが、午後からは
日影になる場所。 早朝は陽の光が強すぎるので 早朝撮影にはあまり向かない場所ですが、
何人かの撮影者がお出ででした。

matsunoyama_asa_05

その後、湯山の棚田や各所を廻り、美人林から三桶方面へ下り、その後 まつだい方面へ向か
いました。

途中にある「庚清水(こしみず)」は、山からの湧水です。
とても冷たく、甘くて美味しかった~♪

matsunoyama_asa_03

道路下にある田んぼから湧き上がる朝モヤが道路を隠す前にまつだい農舞台方面へ 抜けるこ
とができました。

matsunoyama_asa_04

早朝、まつだい地域の星峠の棚田など撮影においでになる方々から、そのほかに 回る場所は
無いかとよく聞きます。
まつだい農舞台から松之山へ抜ける裏道はおススメです^^ ただ、道はあまり広くないので、
ゆっくりと安全運転で通ってください。

棚田のBESTシーズン♪

「棚田で一番良い時期はいつですか??」
というお問い合わせをよくいただきます。

私は、「いつの時期もオススメですっ♪」と
お答えします(*^^*)

そして、それぞれの季節のおすすめポイントや楽しみ方を
お話しするのですが、その中で皆さんから
「気になる!行ってみたい!」というお話を多くいただくのが

今の時期【5月~6月上旬の水鏡と雲海の景色】です♡

 

そんな人気の今の季節には、
私の周りでも早朝の棚田を訪れている人がたくさん!

棚田に行ってきた方々から、写真を入手いたしましたので
絶景の数々をご紹介したいと思いますヽ(*´∀`)ノ

撮影場所はすべて「星峠の棚田」です!

■5月15日(日)

28.5.15 早朝の星峠01

28.5.15 早朝の星峠02

日曜日だけあって朝から写真を撮影されている方が大勢!!
場所取りも一苦労ですね~

28.5.15 早朝の星峠03

雲海に太陽の光があたって神々しいです~~~♡
何とも言えない輝き!
天国ってこいう感じなんでしょうか(笑)

あ~・・・すみません、ちょっと気になってしまったのですが
畔には入るのはNGですよ。ココで注意しても遅いですが。。。
特に、三脚を立てると畔に穴があいてしまいます(ノД`;)
アスファルト部分に立ててくださいね!
この景色を守っていくためにもご協力をお願いします。

 

■5月18日(水)

28.5.18 早朝の星峠01

▲鍋立山入口のポイントからは、雲海を遠くまで見渡すことができます!

28.5.18 早朝の星峠02

28.5.18 早朝の星峠03

棚田入口からのポイントでは、棚田と雲海のコラボレーション♡
太陽が昇るにつれて棚田や雲海の色が変化していきます!
光芒が美しいですね~♪幻想的です(*´д`*) 

 

■5月23日(月)

28.5.23 早朝の星峠01

20日以降、とても良いお天気が続いていたため
この日は雲海がでませんでした。

でも、色の濃い朝焼けになり
棚田を赤く染めていましたよ~(*゚o゚*)

28.5.23 早朝の星峠02

28.5.23 早朝の星峠03

 

いかがでしたか?

気温や雲の厚さによって雲海や朝焼けの状況が異なってきますので
お目当ての光景を見るには運も必要になりますが、
その一瞬一瞬の出会いを楽しめるのも棚田鑑賞の醍醐味ではないでしょうか(*´∪`*)

昔から受け継がれてきた日本の田園風景
人と自然との調和に満ちた素晴らしい光景を、ぜひ、体感しにきてください♪

 

≪ 5月15日棚田情報 
 松之山の朝 ≫

田毎の月(たごとのつき)観月会

 
十日町市中条の飛渡地区・三ツ山集落にて行われた「田毎の月観月会」へ行ってきました!

まん丸の満月が田んぼをゆっくり移動していく様は風情たっぷり。
この自然あふれる地域に住んでいながら(住んでいるからこそ?)、普段の生活では月を見るどころか星を眺めることも少ないですが、こうしてじっくり空の変化と向き合うのはなんとも素敵なひとときです。

 

 

月の出の1時間前に受付。
集合は三ツ山集落にある田毎の月の看板前です。
28.05.23_田毎08
駐車場に車を停めて、ここから「四十八曲がり」と呼ばれる山道を登っていきます。
これが山道の入り口。観月地点の東屋まで約20分です。
28.05.23_田毎06
「四十八曲がり」の名前の通り、くねくねくねくね・・・曲がり角ばかり!!!!!
地震で崩れてもう48回の曲がり角は無いそうですが、それでも多い・・・

「なんぎぃなんぎぃ(しんどい、疲れた)」言いながら観月地点の東屋へ到着。
あとはひたすら月の出を待ちます。

 

待っている時間、この観月会の開催団体である「田毎の月を守る会」の方がこの観月会について解説してくださいました。
さかのぼること百数年前、この地区に住んでいた大津分八さんが、十日町からの帰り道ここを通った時のこと。ふと崖の下を見ると、
「た・・・田んぼが光っている・・・!!」
何事かと思ってすぐに村の者に報告しに行ったそうです。これはみんなで見なければと観月会を開催することになり、屋台を出したり催しをしたりでたいそう賑わったそうです。

しかし、時代の流れとともに観月会は無くなり、空白の年月が過ぎました。。。

いやいや「こんな素晴らしい景色を放っておくのはもったいない」と飛渡地区の方たちは立ち上がります。ご先祖様たちが楽しんでいたこの観月会を復活させ、多くの人に見てもらいたい、そうして看板の配置や観月道の整備を行い、見事に復活させました。

この日も遠方から多くの方がいらしていました。
地域の力無くしてこの光景は見れません!

 

 

8時。
山からひょこっと月が顔を出しました!!
28.05.23_田毎01
真っ赤です。
ぐんぐん上っていきます。月のスピードってこんなに速かったんだ!

上るにつれて、月の色と大きさ、空の色が変化します。
28.05.23_田毎02

28.05.23_田毎03

28.05.23_田毎04
かなり明るいです。

そして、一定の角度になると田んぼに月が移ります。
28.05.23_田毎05

28.05.23_tagoto09

まるで月が二つ存在しているかのよう。

28.05.23_tagoto10

田んぼの水に反射して、周囲の明るさが夜とは思えないほど。
田植えの前かつ満月で雲がかっていない夜という条件が揃わなければ見ることのできない光景。うっとり。

 

 

今年は5/21,22,23の3日間開催されました。
来年も開催されるようであれば、是非皆さんも足を運んでみてください。

お問合せ:飛渡公民館 ☎025-759-2032

企画展「まつだい暮らしの道具展」

「まつだいの暮らしの道具展」が始まりましたよ~ヾ(*・∀・)/ 

2016年5月21日(土)~6月14日(火)まつだい郷土資料館にて
明治から昭和初期に日常使用されていた道具の展示をしています♪

▼こちらが「まつだい郷土資料館」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

築150年♪
江戸時代の後期に建てられ養蚕農家だった古民家
まるごと資料館になっていますヽ(*´∀`)ノ
かっこいいですよね~~♡大きくて立派!!

今回の展示には、こちらのお家で保管してあったものや
松代の住民から寄贈された道具たちが
当時の生活さながらに展示されています。

また、この資料館では地元の方が案内してくださいますので
雪国の独特の暮らしやエピソードなど、お話をしながら
松代の暮らしを感じていただくことができます♪

28.5.23 まつだい郷土資料館02

▼玄関を開けると広々とした土間がお出迎えしてくれますよ~(^^)/
28.5.23 まつだい郷土資料館03

土間と玄関は「農具の間」
山笠・せなっこうじ・しょっこい・わらじ等
外作業に使用していた道具が展示されています!

「せなっこうじ」とか「しょっこい」とか
見たことあるけど名前は知らなかった~ってものもたくさん(・∀・)

▼土間をあがると囲炉裏部屋♪
28.5.23 まつだい郷土資料館04

こちらは「食事の間」

ちゃぶ台があったり、箱膳があったり(*´∪`*) 
このレトロな雰囲気がとっても素敵♪
何より囲炉裏がほっこりとした気持ちにさせてくれます!!

囲炉裏の周りにも、ちょこちょこと(上とか下とか)
隠れるように展示がありますのでお見逃しなく!

▼囲炉裏の奥には「生活の間」「ハレの間」
28.5.23 まつだい郷土資料館05

手前の大きいお部屋は「生活の間」です。

主にお家の中で使用していた道具が展示されており、
パネルには写真などで当時の生活を説明しています!

私のテンションが上がったのは冬の掛布団♪
「夜着(よーぎ)」と言うらしいのですが
これ、布団に「袖」がついているんですよ!!
私が小学校くらいまでは使ってました(・∀・) すっごく懐かしい~!
でも布団なのになぜ袖がついているのでしょうね・・・
この地域だけなのでしょうか・・・
色々なお話をしていたら聞くのを忘れてしまいました。

また、野良着なんかも展示されているので
(いま私の周りでは野良着ブームがきていると思っていることもあり)
こちらの展示も楽しいんではないかと思います☆

▼「ハレの間」には結婚式の道具が展示♪
28.5.23 まつだい郷土資料館06

ここもまた、いい味がでた空間になっています!
三々九度の道具もありました(*´∀`*)
時代はちがっても結婚式というのは華やかなんでしょうね~
白黒の写真もどうぞご覧くださいね。

▼なんと!2014年・2015年には、ここで挙式をあげられた
カップルもいらっしゃいました。
「ご婚礼の記録」
28.5.23 まつだい郷土資料館07

もちろん、これからご結婚の予定がある方も
ご利用可能ですって~!

色んな見方ができて楽しいですね♪

▼そんな企画展についての詳細はコチラ
まつだい暮らしの道具展

昔の道具や生活を知って、いまの暮らしと比べることで
自分の生活にプラスになることもあるんじゃないかな~と
思える企画展になっています(*´∪`*)

28.5.23 まつだい郷土資料館08

まつだいの生活道具に触れて
遠いようで近い、近いようで遠い「明治・大正・昭和初期の古き良き時代」に
思いを馳せてみてはいかがでしょうか(*^^*)

民俗に興味がある方やレトロなものが好きな方、必見です~♪

▼企画展のチラシ
28.5.23 まつだい郷土資料館 ちらし

松之山温泉「里山ビジターセンター」がリニューアルされました。

松之山温泉の観光案内所「里山ビジターセンター」がリニューアルされました。
CIMG9929

じゃあ~ん!
木の板を活かした落ち着いた佇まい。これは冬、雪囲いの際に板を立て掛けることから雪国ならではの風景という事で、景観整備に取り入れられています。

CIMG9937

中は真っ白な壁でとってもさわやか~
きれいなおねえさんがご案内してくれますよ♪

CIMG9938

この壁はスクリーンになっていて、美しい里山の風景や美人林などが投影されます。
温泉街を散策して、ちょっとお休みしたい時はこちらへ!

CIMG9930 CIMG9931

手作りの民芸品やお土産なども売っています。

CIMG9935

人気№1商品、松之山温泉ミストも❤
松之山温泉に来た際は、ぜひお立ち寄りくださいね。

 

レッツ!フィッシング~♪

土日の予定はお決まりですか?

天気も良いし、そろっとどこかへお出かけしようかなぁ…とお考えなら、

たまには釣り堀などいかがでしょうか<゜)))彡

清津橋の下流にある中魚沼漁協組合さんが、週末のみ”ニジマスの釣り堀”を営業中!

28.05.20_漁協_釣り堀 1

117号線を津南方面に向かって行くと清津大橋手前にある火焔街道看板の後ろに黄色いノボリがはためいております。それが目印☆後は、ノボリのある方へ導かれていくと…

28.05.20_漁協_釣り堀 2

たくさん釣れるといいですねヽ(*´ω`)ノ゙ ワッチョーィ♪

営業について

 ・日付 4月29日(昭和の日)~5月29日(日)※期間内土日のみ営業

 ・時間 午前9時~午後4時まで

料金について

 ・釣り竿 300円

 ・エサ  無料(餌持込みOK)

 ・魚1匹 250円※釣った魚のリリースは禁止です

 ・岩魚や山女を1匹300円で販売いたします。

 ・釣った魚を焼いて食べる事もできます(炭をお求めください)

お問合せ先 中魚沼漁業協同組合 電話025-763-3012

 

 

プラネタリウム

中里地域にある「ときめきタウンユーモール」の2Fにプラネタリムがあるのはご存じですか。 

28.05.20_ドーム中里キララ_Uモール (2)

日差しが暖かく心地よいこの時期は、夜空を眺めるのにも良い時期です。

「ドーム中里き☆ら・ら」で星を覚えて、ぜひ本当の夜空でたどってみてください。

28.05.20_ドーム中里キララ_Uモール (3)

山々の新緑が鮮なこの季節。星空の世界では、天頂付近にある北斗七星の柄のカーブをそのまま南へ延長して、オレンジ色の一等星アークトゥールスから青白く光る一等星スピカへとたどる春の大曲線がちょうど見ごろとなっています。

28.05.20_ドーム中里キララ_5月ポスター

十日町の初夏を彩る花々

十日町はここ数日、すっかり初夏の気候。
日中は半袖でも過ごせちゃうくらい暖かいんですよ 😀 

GWは終わったとはいえ、とっても気候の良いこの季節。
お出かけの際にぜひお立ち寄りいただきたい“お花”のスポットをご紹介しまーす!

【つつじ原公園】
まずご紹介したいのが十日町市伊達にある「つつじ原公園」です。
少し分かり難い場所にありますので、行かれる際には「黒沢観光くり園」「十日町カントリークラブ」を目指してお越しください。

↓目印は立派なこの看板!
28.0519つつじ原_04

つつじの咲き具合はというと・・・
ん・・・?
28.0519つつじ原_05

すこーしずつでしたが、咲き始めていましたよ!v(。・・。)イエィッ♪ 
28.0519つつじ原_0628.0519tutujihara_08

こちらの「つつじ原公園」では、6/4(土)~6/14(火)まで「つつじ原公園まつり」が開催されます!

中でも 6/4(土)・5(日)には、楽しいイベントも行われるようです☆
まつりに向けて、つつじもどんどんと咲いてくれるでしょう~ε=ヾ(*・∀・)/ 

28.つつじ原公園まつり

十日町市街地から「つつじ原公園」までのアクセス

R117を津南方面へ進み「川治上町」交差点を左折し、二ツ屋温泉方面へ進んでください。
「十日町カントリークラブ」の看板を目印に、右折して橋を渡ります。
(小さい看板ですので、お見逃しなく!)
 28.0519つつじ原公園_0128.0519つつじ原_02
そのまま道なりに進んでいくと、かわいらしい黒沢観光くり園の「マロンハウス」が見えてきます。
28.0519つつじ原_03(マロンハウス)
「マロンハウス」を過ぎたらもうすぐ到着です!

【あてま高原リゾートのスイートロケット】
次にご紹介するのは、年間を通じて様々なお花を咲かせてくれる「あてま高原リゾート」さんです。

こちらでは5/28(土)~開催の『初夏のフラワーフェスティバル』に向けて、花だいらのお花が咲き始めているとのこと・・・!

みてみて~!一面に広がるお花畑~♪(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)♪ 
28.0519ベルナティオ_スイートロケット

こちらの花は「スイートロケット」といって、見た目はまるで紫色の菜の花!
「スイートロケット」は菜の花と同じアブラナ科の植物で、別名ハナダイコン・ハナスズシロとも呼ばれる食用花。なのだそうです!

28.0519ベルナティオ_スイートロケット0128.0519ベルナティオ_スイートロケット04

あてま高原リゾートさんでは現在、ルピナスやジャーマンアイリスも綺麗に咲き誇っているそうですよ!
スイートロケットの紫色の絨毯とともに、春の花々を見にいらしてみてはいかがでしょうか?

あてま高原リゾートベルナティオHP
フェイスブックページ

十日町のキャンプ場・コテージ情報~なかさと~

中里地域にある清田山キャンプ場をご紹介します(*’-‘*)

こちらの施設は

■ログハウス風コテージ
 大人10名までお泊り頂けてキッチン・お風呂・トイレ・ロフト付き。
■オートキャンプ場
 人気のオートキャンプ!車がすぐそばにあるからお手軽・安心◎
■キャンプ場
 お気に入りのテントでワイワイ♪野外に炊事場・トイレあります。

のなかからお好みのスタイルでご宿泊いただけるスポットです♪
全施設、当日飛び込みOK!
気ままなキャンプ旅をお楽しみいただくことが出来ます!
(料金はそれぞれ異なります。空室状況は事前にご確認ください。)

そんな清田山キャンプ場の一番のお楽しみはこの景色!!
山を登った場所にあるので十日町といえば!の河岸段丘が一望できるのです。
景色を見ながら、のんびりした時間をすごす贅沢~(=v=)
28_清田山_河岸段丘1

田んぼに水がはられてきました。
この水面にうつる朝日・夕日が美しいッたらない・・・・
宿泊した方の特権です d(>_< )
228_清田山_河岸段丘3

山道散策もできます♪
太陽の日差しを浴びて、森林浴にいやされる…(=v=)
28_清田山_林道

その他BBQセットや各種貸出もありますので気になる方は
コチラまたは管理棟:025-763-3001(13:00-17:00)までお問い合わせください!

ニホンミツバチの養蜂にチャレンジ!!

2016.5.14(土) 
すこ~し興味を持つことはあっても、実際にやってみよう!という
チャンスは なかなかありませんよね・・・
 ミツバチの養蜂~(・∀・)YO~!HO~!!

だけど、そんな養蜂に挑戦できちゃう!
ちょっぴりマニアックな体験が始まりましたのでご紹介しまーす♪

28.5.14_ミツバチ養蜂00

全3回で行われるこのプログラム!
最終目標としてはニホンミツバチのハチミツを採取することですが、
巣箱を設置するワークショップのほかにも ミツバチを通して
楽しく自然と関わり、この地域の自然や生態系を学んでいこう!
という内容になっています。

そんな記念すべき 第1回目の【ミツバチワークショップ】は、
ミツバチ知識講座と巣箱の設置です!!

まずは、ミツバチに関する知識チェックと学習♪

28.5.14_ミツバチ養蜂02

養蜂をするミツバチには
ニホンミツバチとセイヨウミツバチという種類があるそうで
今回のターゲットである【ニホンミツバチ】は、名前の通り昔から
日本に生息している種類のもの。
耐寒性が強いことから、この豪雪地の十日町市には
ニホンミツバチが多くいるようです!

そんなミツバチの種類や生活、生態系への役割を学んだら♪
さぁて~、ミツバチの養蜂を始めましょう~~~(^^)/

28.5.14_ミツバチ養蜂04

巣箱は重箱式のものを設置します!
野生のミツバチが自然に入居するのを待つので
ミツバチたちが居心地良い場所だと錯覚させるための仕掛けをします。

巣箱の内側に蜜ろうを塗りこんでバーナーで焼き付けました♪
分蜂誘引剤というものもあって、これを使用するだけで
ミツバチの入居確率がぐーんと上がるとのこと!期待していいでしょうか(笑)

これで巣箱の準備は完了です(*´∀`*)

続いては、周辺の自然観察と巣箱を設置する場所を選びます♪
ミツバチが好みそうな花があるか確認したり、林の中を視察します!!

28.5.14_ミツバチ養蜂06

28.5.14_ミツバチ養蜂07

立派なブナの木がある林の中に巣箱を設置することにしました!
ミツバチは水に弱いので雨があたらない木の下などが良いようです。

28.5.14_ミツバチ養蜂09

巣箱を運び込んで、設置完了~ヾ(*・∀・)/

28.5.14_ミツバチ養蜂10

森の中にお家が3つ!

はたして、ミツバチたちはここにお引越ししてきてくれるでしょうか??
今後の経過が楽しみですっ(*´∪`*) 

※養蜂体験についてお問い合わせはコチラ ⇒Yabukozaki outdoors

ツバメの郷せんだ?

豊かな自然に囲まれた道の駅「瀬替えの郷せんだ」。
沢山のお客様がご利用になる施設ですが、中にはこんな来客も・・・
28.05.13_道の駅瀬替えの郷せんだ_01
ツバメです。この季節は繁殖のためにツバメが古巣へ戻ってくる時期。子育てで大忙しの様です。
28.05.13_道の駅瀬替えの郷せんだ_02
28.05.13_道の駅瀬替えの郷せんだ_03
28.05.13_道の駅瀬替えの郷せんだ_04
よく見るとあっちにもこっちにもツバメの巣が。
この光景は訪れたお客様にも大好評で写真を撮られる方もいらっしゃいました。

松之山街道「古道を歩こう」♪

2016.5.8(日) 
古道松之山街道・春のハイキング に参加してきました~(*^0゚)v 

28.5.8_古道 春のハイキング17

当日は「晴れすぎ~!」ってくらい良いお天気!
それでも木陰を歩くハイキングにはちょうど良い気温で、
太陽の光が葉っぱをキラキラと輝かせる中
五感を使って楽しくハイキングしてきましたっ♪

今回のハイキングコースはコチラ↓
古道 松之山街道 マップ02

散策マップ①~⑬に「犬伏炭鉱跡」を追加したフルコースv(^^*)
(⑪経由のため⑫は通過していません)

すごいでしょ(^^♪ 見どころ盛り沢山なんですよ~!!!
しかもガイドさんから古道の歴史や植物などの説明をしてもらったり、
年齢性別関係なく同じグループになった参加者の方と交流をしたり、
色んな楽しみ方ができるんです☆

ちょっと長くなりそうですが、
ハイキングの様子と松之山街道についてご紹介しまーす(*・∀・)/
(松之山街道については散策マップも参照してください)

▼まつだい駅から徒歩5分にある「①熊越山上り口」
28.5.8_古道 春のハイキング01

松之山街道の説明看板が目印です。
この石段を登って山道に入っていきます!

28.5.8_古道 春のハイキング02

まず向かうのは
熊越山の山頂付近にある「②戊辰の役墳墓」です!

▼道標を手掛かりに登っていきます。
28.5.8_古道 春のハイキング03

▼少し急な部分もありますがあっという間に到着☆
28.5.8_古道 春のハイキング04

戊辰の役の際、戦いで亡くなった浪士を村人がここに葬ったと
伝えられている場所です。
お話によると墳墓はわりと新しいものらしいのですが、
墳墓の後ろの小高くなっている所(土墳)に葬られたとされています。
歴史を感じられる場所ですね!

墳墓を見た後は下り戻って、古道を進んでいきます。

▼熊越山のブナ林!気持ち良い~♡
28.5.8_古道 春のハイキング05

▼所々で植物の説明をしていただきました~
クロモジのとっても良い香りをみんなで確かめます(^^)
28.5.8_古道 春のハイキング06

28.5.8_古道 春のハイキング07

▼熊越山を抜けると、いったん集落に出ます。④の手前です!
28.5.8_古道 春のハイキング08

緑色と水を張った田んぼが良い雰囲気です~
あぁ~春だなぁ~

▼アカガエルのおたまじゃくしがいました!
生き物についても説明してもらえます♪
28.5.8_古道 春のハイキング09

ここから少し進むと市道に出て、太平(たいへい)集落になります。
次のポイント「菅刈古道入り口」までは舗装された道を歩きます。

▼途中にある、かわいい「道祖神」♪
28.5.8_古道 春のハイキング11

手をつないでいるんですよ(*´∪`*) 
周りの草が大きくなっているので見逃し注意です!
きっと昔から、道行く人を導いて和ませていたんでしょうね~♪

▼道路脇ではお花やチョウチョたちが目を楽しませてくれます♡
28.5.8_古道 春のハイキング10

▼菅刈(すがかり)集落に入ってきました
28.5.8_古道 春のハイキング12

菅刈集落の奥に進んでいくと次のポイントになります!

▼菅刈古道入り口
28.5.8_古道 春のハイキング13

ここから薬師峠までの区間が
文化庁により「歴史の道百選」として選ばれた道です。

入り口の数メートルは石畳になっています!
大きな説明看板と石でできた道標が目印ですよ。

▼ゆるやかな山道が続きます
28.5.8_古道 春のハイキング14

▼杉の木に何かが引っ掻いた跡があります。わかりますか??
28.5.8_古道 春のハイキング15

これはムササビが木に張り付いて登った跡なんですって!!
すごい!鋭い爪をもっているのが良くわかります(゚▽゚*)

▼そして、木の根元にはムササビのうんちが!
28.5.8_古道 春のハイキング16

木に張り付いた時にうんちをするそうです。
ちっちゃくてまん丸い!

▼途中から整備道になります
28.5.8_古道 春のハイキング18

▼⑧展望台その1
28.5.8_古道 春のハイキング19

ここからは松苧山を望むことができます!
同じ5/8に「七ツ詣り」という伝統行事が行われた松苧神社のある山です。

▼⑧展望台その2
28.5.8_古道 春のハイキング20

ここでは菱ヶ岳から巻機山まで、遠くの山々を眺められました!
めっちゃ開放感~~♪

▼少し下ると⑪犬伏城跡への入り口になります
28.5.8_古道 春のハイキング21

▼犬伏城跡への道は細くて急です!
28.5.8_古道 春のハイキング22

急なところは階段が整備されていますが、
両脇が崖っぽい場所もあったので油断は禁物!
ゆっくり登って下さいね~!!

▼階段を登りきって犬伏城跡に到着です
28.5.8_古道 春のハイキング23

標高360m
ここにお城がったとは・・・当時を見てみたかったなぁぁ
城跡に登るといつも思います!

予定では犬伏城跡を下ったらお昼ご飯だったのですが
みんなお腹が空いてしまって、ここでお昼休憩をとりました♪

▼お昼を食べてからの集合写真~
28.5.8_古道 春のハイキング24

▼みんなで合唱~
28.5.8_古道 春のハイキング25

童謡「花・背くらべ・おぼろ月夜」を歌いました♪
すごく懐かしい歌ばかり!
意外と覚えているものですね(^^)

自然の中で童謡を歌うのは独特の味わいを感じられて
楽しかったです♡

少し疲れも出てきたところだったので
リフレッシュして再出発できました~!!

▼あとは下っていくだけです!ロープを張っている場所が数か所あります。
28.5.8_古道 春のハイキング26

28.5.8_古道 春のハイキング27

28.5.8_古道 春のハイキング28

▼犬伏集落側の⑪犬伏城跡上り口
28.5.8_古道 春のハイキング29

▼ここまで下りれば松之山街道とはお別れです!
28.5.8_古道 春のハイキング30

▼そしてR253脇の炭鉱跡でゴール!!
28.5.8_古道 春のハイキング31

みなさん!大変お疲れ様でした~ヾ(o´∀`o)ノ 
約6kmの行程を6時間で歩きました!
色鮮やかな新緑とたくさんの春のお花が見れて大満足☆
この後、雲海の温泉に入って帰れば言うことなし!!
ご参加された方々ありがとうございました(^^)/

次回は、秋に開催予定とのこと!
紅葉やキノコの季節です~♪
これもまた楽しそう(^O^)

開催情報が分かりましたが観光協会のHPでも情報を載せたいと思います!

 

魚沼スカイライン

今日の天気は雨後晴れ!
こんな日は雨で空気中のチリ等が落ちて遠くまでよく見えます。

そんな日にぜひ行きたい場所が「魚沼スカイライン」。
28.05.12_魚沼スカイライン_01
南魚沼市と十日町市の堺にある山の尾根を抜けるコースです。
特に魚沼市側の景色が美しく、とても人気のドライブコースです。
標高が高いだけあってまだ新緑が楽しめました!
28.05.12_uonumaskyline_02
車の窓を開けてゆっくり走ると、高地特有の爽やかな風と鳥たちの鳴き声が気持ちいいドライブを演出してくれます。

そんな魚沼スカイラインで私のオススメは「魚沼展望台」からの展望です!
28.05.12_魚沼スカイライン_03
今日みたいな日だと魚沼市の方までハッキリ見えますよ~!
こちらの展望台には駐車場やトイレはもちろんのこと、休憩用のイスとテーブルが設置されています!
28.05.12_魚沼スカイライン_04
見晴のいいところでおにぎりを食べると3割増しに美味しいんだろうなぁ~…

お越しになる際は展望に見とれすぎてわき見運転をしないよう気を付けてくださいね。

まつだい伝統行事「七つ詣り」

今年も5月8日に松代地域の伝統行事「七ツ詣り」が行われましたヾ(*・∀・)/
同行してきましたのでその様子をお届けしまーす!

  「七ツ詣り」とは・・・
   毎年5月8日に数え年七歳に達した男の子が山の頂上にある
   松苧神社に登り、参拝する昔から続く伝統行事です。
  そして、目指す「松苧神社」は国の重要文化財に指定された建物です。
   松代・松之山地域の総鎮守で「松苧大権現」と呼ばれ
   「麻織物」の神として信仰を集めていました。
   また、上杉謙信など戦国武将たちの祈願所であったとも
   伝えられている歴史のある神社です。
   

さて、「七ツ詣り」は朝6時にスタートです!
と言っても、出発時間が決まっているわけではありません。
参拝をする男の子を中心に家族ごとにパーティを組んで、各々神社に向けて出発します!!

▼続々と集まってくる参加家族
28.5.8_七ツ詣り01

▼湧水で手を清めて、写真を撮って、準備はOK?
28.5.8_七ツ詣り02

今年は雪融けが早かったので登山道入口からスタートできました!
登山道のぬかるみも少なかったので、歩きやすく助かりました(・∀・)v

さぁ、さぁ、登山開始です~♪

28.5.8_七ツ詣り02

ところで、神社への参拝なのに「登山?」って思いますよね~
そう!松苧神社は山の上!車で行くことはできないのです。
急な坂を登り、徒歩で20分の行程です  (´∀`;)

▼開けたところは「白馬観音堂」跡
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

例年だと雪が残っている場所ですが、今年は草木が青々としていました!
お天気にも恵まれて良い日でした♪

▼ここからが本番ですよ~!急な斜面を登っていきます。
28.5.8_七ツ詣り05

元気に駆け上っていく子、一歩一歩着実に進む子、
みんなが自分のペースで進んでいきます♪
実際は・・・、荷物を持って登る大人たちの方が大変そう(^^;

▼カメラ撮影も容易じゃありません~
28.5.8_七ツ詣り06

▼そして、最後の難関!鎖場です!!
28.5.8_七ツ詣り07

▼お父さんが後ろからサポートして登っていきます!頑張れ~
28.5.8_七ツ詣り08

▼登り切れば、松苧神社に到着~♪やったね~♪
28.5.8_七ツ詣り09

おっ!屋根を見ると茅葺姿がお目見えしてますっ(*´∪`*)
いつもは落雪シートがかかっているのですが、
今年は早くはずしたんですね~!得した気分☆

▼松苧神社に到着した子ども達は、まずはお祓いを受けます。
28.5.8_七ツ詣り10

お祓いを受け終わると
神社の周りでの小宴会やおもちゃの販売が始まります!

▼背中にしょってきたお酒やお弁当をいただきます♪
28.5.8_七ツ詣り11

▼男の子が好きそうな乗り物のおもちゃや刀や鉄砲がたくさん(^^)
28.5.8_七ツ詣り12

そして、お待ちかね~!
【七ツ詣り限定】 手作り刀 & 上杉謙信の軍配レプリカ (各3名)
この購入権を賭けての「くじびき」が始まります♪

▼割りばしの先に印がある人が当たりですよ~
みんな決めたかなぁ(^^*)
28.5.8_七ツ詣り13

▼せーの!じゃ~ん!!当たったのは誰かなぁ
28.5.8_七ツ詣り14

▼おみごと、大当たりの各3名さま~♪おめでとうございます(*^0^*)
28.5.8_七ツ詣り15

ただ、これ、購入ですからねっ♪
お父さん達はお支払いをお願いします~(笑)

実はなかなかの高級品なのだとか!?
いやいや、とっても素晴らしい記念になりますよねっ☆
めでたい!めでたい!!
おめでとうございました~v(^^*) 

くじ引きや宴会が終わると
大きなおもちゃを持って下山していきます(*・∀・)
この後は、それぞれのお家ごとに親戚を集めての大宴会だそうです☆

▼自分のおもちゃ背負って帰るんだねっ♪えらいぞ!!
28.5.8_七ツ詣り16

 

終わりに・・・

▼七ツ詣りを支えた地元団体「けやきの会」のみなさん!
28.5.8_七ツ詣り18

▼松苧神社の整備や準備、前日にはおもちゃを山頂まで運びました。
28.5.8_七ツ詣り17

みなさん、大変お疲れ様でした~(≧∇≦)

国宝火焔型土器を見てきました!

十日町駅から徒歩10分の十日町市博物館には、
国宝が一つと、国の重要有形民俗文化財が二つ、展示されています。

現在、国宝に指定された火焔型土器のNo.1が展示されている期間ということで、実際に行って見てきました!

まず入口を入ると、「触れる土器」がお出迎えしてくれます。
IMG_2100 (580x800)

こちらはNo.1土器のレプリカ。
レプリカでもかっこいいですね~

続いて中に進むと、縄文時代の生活がジオラマで再現されています。
IMG_2101 (800x600)

かつての信濃川には、対岸まで物資や人を運ぶ渡し舟がありました。
この長舟、実物はかなり大きいです!
私の母もこの舟に乗ったことがあるそうです。当時対岸を結ぶ船は、生活には欠かせない移動手段でした。

IMG_2102 (800x600)

こちらは縄文時代中期のジオラマ。この時代、主な食料はドングリやクルミなどの木の実でした。十日町市中条地区にある笹山遺跡では、クルミのかけらやアズキが見つかっています。

さて、No.1とのご対面の前に。
みなさんよく誤解されるのですが、国宝に指定された火焔型土器は1つだけではありません。なんと全部で928点あります!
その中で火焔型土器は14点。その14点の頂点に君臨するのが、現在展示されている通称「No.1」と呼ばれているもの。その残存率の高さと、プロポーションの良さから、No.1に君臨しています。ようは、一番かっこいいからNo.1なんです!

では、いよいよNo.1とご対面です・・・

ドキドキ・・・

IMG_2103 (600x800)

どどん。

正式名称「新潟県笹山遺跡出土深鉢形土器」
私たちのご先祖様が作った土器が、5,500年の時を超えて今ここに。
新潟県で初めて指定された国宝です。

展示期間は現在~6/7までと、7/25~11/8までです。

みなさんもぜひNo.1土器に会いに来てくださいね^^

 

華やか~♡ きものまつり が開催されました!

2016.5.3(火) 憲法記念日 
今年も、きものの街・十日町の春を彩る「十日町きものまつり」が
開催されました~(^^)/

28.05.03_きものまつり01

織物産地として約1300年にも渡る歴史がある十日町!
この日は成人式も行われ、きものを着た人々で町中が華やかになりましたよ~♪

きものまつりでは、十日町の中心地を歩行者天国にして様々なイベントが行われます!!
きもの掘り出し市をはじめとした販売や展示、きものの貸出と着付けを
してもらえる「きものの里をきもので歩こう」などの体験!
そして、きものパーティーなどの交流やステージ!と
【きもの】をテーマとしたプログラムが盛り沢山です(*´∪`*)

その中でも、ひときわ華やか
「きものパレード」に参加しつつ写真を撮ってきましたのでご紹介しまーす♪

▼きもの女王&市長などお偉い方々ももちろん着物!
男性の着物姿もステキですよねっ♪
28.05.03_きものまつり04

▼中学生のマーチングを先頭に約700mほどのパレードです!
28.05.03_きものまつり05

▼お振袖の新成人や市民が続きます!
28.05.03_きものまつり06

▼艶やか~♡ 帯の結び方も様々でステキ~(*゚o゚*)
28.05.03_きものまつり07

▼落ち着いた大人な着物もカッコイイ・・・☆
28.05.03_きものまつり08

パレードでは新成人へ「おめでと~!」という声がかけられたり、
華やかな姿をカメラにおさめようと大勢のカメラマンがパレードを追いかけておりました♪

▼きもの女王とクロアチア大使
28.05.03_きものまつり09

▼パレードに参加した新成人には豪華景品が当たる特典付きです!
来年度、成人を迎える皆様も、ぜひ参加して
豪華景品を当てちゃいましょう~ヾ(o´∀`o)ノ
28.05.03_きものまつり10

また、きものパレードは新成人じゃなくても参加可能ですよ~!
「いっしょに歩きたい!」という気持ちがあればOK♪
また来年も、きものの街をきもので歩いて目立っちゃいましょう~~ヾ(*・∀・)/ 

ちなみに、
きものを着てみたいけど「きものを持っていないし自分で着られない・・・」という人も
大丈夫~っっ!!!
「きものの里をきもので歩こう」に申込すれば、着物レンタル&着付をしてもらえます♪
レンタルや着付けには料金がかかりますが、1,000円分のお食事券がもらえます!
きもの大抽選会にも参加できますっ☆豪華景品GETのチャンス~!!
楽しさ倍増しちゃいまーす(*´∀`*)

28.05.03_きものまつり

そんな私も「きものの里をきもので歩こう」着付けをしてもらいましたっ!
家の箪笥に眠っていた母の着物を借りましたよ~

きものの世界も流行があるのかもしれませんが、母や祖母が受け継いできた
古いものでもステキですよね!そして、それを自分で受け継げたらもっとステキ♡

正統派やコテコテ派、ちょいはずし派など着方や好みも広がっているようです(*^^*) 
きものは着るだけで、いつもと違う自分になれる気がして楽しいですね♪

きもの女王ブログ もご覧くださいませ!

さとナビでも記事があがっています!

 

黄桜の丘桜まつり開催しました!

ゴールデンウィークはじめの4月29日(祝)に
『第30回黄桜の丘桜まつり』が行われました(>▽<)

残念ながら前日からの雨の影響で「黄桜の丘公園」から
温泉施設「ミオンなかさと」さんの多目的ホールに会場を変更し開催となりました。

室内でしたが和の音楽や、プロジェクターで黄桜を映し出したり(*’-‘*)
宗編流の皆様によるお抹茶のふるまいでお・も・て・な・し!!

28_黄桜の丘桜まつり_お茶
おもてなしの準備はばっちり☆
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
来場の方、一人一人にお茶を…

観光協会長賞に輝いた保坂さんへ観光協会長より記念品が…!
毎年応募いただいておりました。おめでとうございますヽ(*^^*)ノ

28_黄桜の丘桜まつり_観光協会長賞
一般の部十日町市観光協会長賞を受賞した保坂 泰子さん

ジュニア受賞者のみなさんはちょっと緊張の表情…
市長賞はもちろん市長より記念品授与が行われました!おめでとうございます!

28_黄桜の丘桜まつり_市長賞ジュニア
ジュニアの部市長賞を受賞した吉楽友菜さん
28_黄桜の丘桜まつり_特選ジュニア
ジュニア特選を受賞した髙橋萌杏さん 観光協会中里支部長より記念品授与されました!
28_黄桜の丘桜まつり_佳作ジュニア
ジュニア佳作を受賞した滝沢俊輔さん

授賞式のあとは詩吟神風流神邑会長さんによる受賞作品の朗詠や…28_黄桜の丘桜まつり_詩吟

地元のオカリナ好きで結成されたオカリナサークル土笛のみなさん
優しい音色に癒されます。。。
28_黄桜の丘桜まつり_オカリナ

お琴・尺八の演奏~♪
初めて生で「春の海」を聞いて感動(T-T*) お正月に流れるあの曲です!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

選者の平野先生から受賞の皆様へ…
28_黄桜の丘桜まつり_選者

最後に記念撮影☆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

今回は北は北海道、南は沖縄まで、短歌を愛する皆様より
(((応募総数469名958首)))の作品がよせられました!
受賞者一覧はコチラをご覧ください。

竹所カフェ「イエローハウス」OPEN

今年は、5月7日(土)よりオープンとなりました~!!

“おとぎの時を刻む家” イエローハウス Cafe♪

28.5.7_イエローハウス01

ん~~♡ 素敵な佇まいでしょ~(*´д`*) 

いかにも洋風なこの建物ですが、
実は築100年以上という日本の古民家が変身したものなんですよ〜!

十日町市の美しい棚田の風景に魅せられ、この地に移住している
ドイツ人建築デザイナーのカール・ベンクスさんが再生し、
この素晴らしい建物をもっと多くの人に楽しんでもらいたいという
オーナーさんの意向によってオープンしている“古民家カフェ”です♪

ここでは書ききれないほどのストーリーがつまってるの場所なのであります〜(*´꒳`*)

28.5.7_イエローハウス04

黒光りする梁や柱、アンティークな家具♡
日本の家屋にドイツの風が吹き込まれ、調和した不思議な空間 ♬*:・
ここでしか味わえない空気が漂っています。

28.5.7_イエローハウス02

そんなイエローハウスが、今年もまたカフェとしてオープンする
ということで!これはもう!行かなくては(* ̄ー ̄*)ニヤリッ
と、オープン初日に訪れてきました~♪

私がお邪魔したころは1階席はいっぱい(゚▽゚*)
初日という事もあって、混んでましたね~

古民家再生を手がけたカールさんもいらっしゃいましたよ~!
お声はかけられませんでしたが、
玄関の扉の開け方が分からずオロオロしていたらサッと開けてくれました(*´∀`*)ワーイ!!

そんな私は、
2階席を独り占めしてコーヒー&ケーキを♪

28.5.7_イエローハウス03

ケーキは、クルミが入った米粉と雪下人参のケーキ!
最後の1切れをGETです!!
美味しかったぁ~♡

メニューは主にドリンクになりますが、軽食・デザートもあります♪

数量限定なので遅くなってしまうと売り切れてしまうこともあるかも~
軽く食べながら、ゆっくりとしたい方は早めの訪問がお勧めです!!

▼スタッフの皆さん~!素敵な空間をありがとうございますヽ(*´∀`)ノ
28.5.7_イエローハウス05

すっかり、不思議な世界に浸っちゃいました~♡

こんな素敵な“非日常の世界”を感じられる
カフェ・イエローハウス!
星峠の棚田からも近いので、合わせての訪問がお勧めでーすヾ(*・∀・)/ 
贅沢な休日になること間違いなしっ!!!デートにもいいかも♡

私の一押し観光スポットです(  ^∇゚)b

28.5.7_イエローハウス06

私が開けられなかった玄関扉!
ずっしり重厚感!おとぎの国へようこそ~♪
(〒となりのノブを回して入ってくださいねっ)

■2016年の営業日時
5月~11月の土日(予定)、11:00~16:00
※配布していたチラシやショップカードとは営業時間が変更となっています。ご注意ください。
※例年ですと6月オープンですが、今年は小雪により雪解けに合わせての営業です♪

■お問い合わせ先
TEL 025-598-2558

■アクセス
新潟県十日町市竹所5502-2

▽見づらくて恐縮ですが、竹所集落内・イエローハウスへのマップです!
28.5.7_イエローハウスマップ

▽R403から集落への目印「マップ:●看板」のポイントです。
28.5.7_イエローハウス看板01

▽竹所生活改善センターのT字路を左へ!小さな看板があります。
28.5.7_イエローハウス看板02

集落内はゆっくり走りましょう〜♪

イエローハウスの他にもカールさんが手がけたお家を見ることができます!

個人宅なので撮影や敷地内への立ち入りはしないで下さいね。

GWも後半ですね♪

GWはいかがお過ごしですか。 今年のGW最長10日間となる方もいらっしゃるようです。 中里地域のバーベキューや花見を楽しめるスポットをご紹介いたします。

清津川フレッシュパーク(詳しくは下記URLをご覧ください)

清津川フレッシュパーク・芋川交流広場

28.05.06_清津川フレッシュパーク 3

鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでました★

28.05.06_清津川フレッシュパーク 1

新緑が綺麗でしたよヽ(*´ω`)ノ゙ ワッチョーィ♪

重地大池自然観察広(詳しくは下記URLをご覧ください)

重地大池・自然観察交流広場

28.05.06_重地_大池2

大池に空が写り込んで綺麗でした。管理棟に宿泊もできますよ~❤

28.05.06_重地_東屋1

八重桜がまだ咲いていました!

松之山支所 移転しました!

5月2日(月)、十日町市役所松之山支所が松之山地内
旧保健センター建物へ移転しました!
今日から業務開始です。

28.05.02_01_shisyoiten

28.05.02_02_shisyoiten

支所職員、周辺地域の方々など、大勢の方が引っ越し作業に参加してくださいました。
ありがとうございます!

28.05.02_03_shisyoiten

イベントのテント設営などでも思う事ですが、松之山の方々のチームワークというか
この手際の良さにいつも驚かされます。
午前中で、一気に職員の机や引き出し類が持ち出されました。

28.05.02_04_shisyoiten

そして、こちらが移転先です。
・・・・・エアコン完備の鉄筋コンクリートの建物です。
今まで使っていた石油ストーブや扇風機は・・・必要なさそうです^^;

28.05.02_05_shisyoiten

そして、今朝5月2日の様子です。
連休で里帰りされた方々や、各種届出など必要な方が一気に訪れ
市民課の前には順番待ちの列ができていました。

28.05.02_06_shisyoiten

松之山支所内に十日町市観光協会松之山支部も配置され
観光案内業務を行っております。

 

移転先松之山支所の住所が下記の通り変更になりました。

新住所:〒942-1492 十日町市松之山1597-2

——————-

28.05.02_07_shisyoiten

そうそう! 旧庁舎前にあったこの懐かしい雰囲気いっぱいの郵便ポストですが
移転先建物が郵便局すぐ裏ということもあり、設置できませんでした。
松之山地内のポスト設置場所で、これと今のポストを交換して設置してもらえる場所が
ないでしょうかねぇ。このポストとお別れするのが寂しい!!

まだしばらくの間、旧庁舎前に設置してあります^^