アーカイブ

HOME > 2016年 > 1月

雪上ステージの全貌が・・・!

いよいよ、開催が来月にせまった「十日町雪まつり」

メインイベントのひとつである「雪上カーニバル」では、

巨大な雪のステージで繰り広げられる幻想的なステージが魅力的 ❤

 

白銀の世界で繰り広げられる演出。

寒さを吹きとばすような熱いライブイベント!

冬だからって家に閉じこもっていたら、損しますよぉ~

先日行われたPRイベントの様子はこちら>>

 

さて、そんな「雪上カーニバル」で使用される

“雪上ステージ”の模型ができてきましたー!!ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ

今年のテーマは「新潟発、世界基準のおもてなし」

十日町市が誇る国宝「火焔型土器」と「雪椿」の雪像を展開します。

縄文時代に作られた火焔型土器を国内外に発信するとともに、巨大で迫力ある雪上ステージの魅力を最大限に表現します。

過去にはあの!ギネスにも登録された巨大な雪のステージです!

(ギネス登録されたのはいつ??気になる方はこちら>>

そして、何よりも驚きなのがこのステージ、すべて市民の方の手によって作り出されるんです!!

ね!?ねっ!?すごいでしょー!?

その他にも、十日町雪まつりでは市内にたくさーんの雪の芸術作品が製作されるのですが、そのすべてが市民の方の手によって作られます。

そのクオリティの高さは、本当に目を見張るものです!

(昨年の「雪の芸術展」受賞作品はこちら>>

近年、十日町市は大地の芸術祭で注目をされてきていますが、

昔から芸術的な感性が培われているのかもしれませんね。

ぜひぜひ、あなたの目でご覧になってみてください!

十日町雪まつり公式HP

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2016年1月29日

冬の清津峡

いちめん雪景色(*^_^*)!

冬の清津峡をご紹介します♪

清津峡までの道も真っ白!

凍結している場合がありますのでゆっくり進んでくださいね。

到着・・・!

さて、現在冬期休業中の清津峡渓谷トンネルはというと、

ちょうど除雪をしてあったため、ここまで進むことが出来ました(笑)

大体腰の高さまで雪が積もっています。

対岸の山ではカモシカが見える事もあるそう(*’-‘*)❤

残念ながら今回は発見できず(/_;)

トンネルには入ることが出来ませんが、景色は十分楽しめますよ~(^◇^)

冬の清津峡へもぜひお越しくださいね。

※清津峡渓谷トンネルは現在冬期休業中です。

問い合わせは、ミオンなかさと(℡025-763-4811)までお願いいたします。

 

“さちるり” が十日町雪まつりをPR! in 新潟館ネスパス

豪雪地帯・十日町市を代表する冬イベント

第67回十日町雪まつり』。

来月2月19日夜から21日まで、雪をみっちり体感できる一大イベントです!

こちらが昨年の様子↓

ラストはどかーんと花火があがるんですよ!

しかもステージ全部雪ですよ!

実は昼間だって盛り上がってるんですよ!

と、いろいろ説明省略してますが(・。・; とりあえず雪まつり公式HPはこちら>>

 

 

で、十日町雪まつりPRイベント in 新潟館ネスパス

東京は表参道ヒルズのお隣という最高の立地。

こちらで1月25日(月)に行われた、『第67回十日町雪まつり周知キャンペーン記者発表会』の様子をリポートいたします~。

 

まずは関口十日町市長からご挨拶。

きもの美女は「十日町きもの女王」の荒川真美さん。華やかでお美しいです(*^_^*)

 

この白くておっきい子は、雪の妖精・ネージュ。

十日町雪まつりのイメージキャラクターです。

そっと市長と手を取り合うネージュ(^^)

(ツッコミを入れてるわけではないです)

 

十日町雪まつりでは毎回ビッグなゲストがお目見えしていますが、今回はさらにビッグな方々が!!

はい、ついにいらっしゃいましたよ~!

今回の十日町雪まつりPR大使を務める小島瑠璃子さん

そして新潟県民栄誉賞を受賞されている、

最強“越後のラスボス”こと、小林幸子さん

小島瑠璃子さんがお召しになっているきものは、もちろん十日町産。

とっても素敵なお振り袖(^.^)よくお似合いですね。

雪まつり2日目、20日の雪上カーニバルでは、イジリー岡田さんと一緒にステージMCをされます。

ゲストは、板野友美さん、サラ・オレインさん、PUFFY水谷千恵子(友近)さんという、超豪華出演陣!

雪で作られた巨大ステージで繰り広げられるライブとともに、夜空を彩るナイアガラ花火も必見です。

◆十日町雪まつり公式HP 雪上カーニバル

小島瑠璃子さんは、雪まつりの魅力を公式ブログ&ツイッターでどんどん発進されていくそうで、そちらも楽しみですね~(^_^)/

 

 

そして新潟が生んだ日本を代表する歌手、小林幸子さん。

実は、第29回(昭和53年)、十日町雪まつりの雪上カーニバルにご出演されています!

ご本人いわく、「世界最大の雪のステージ」の印象が強烈だったお話しをされました。

また十日町名物の「雪下にんじん」や「へぎそば」の美味しさもご存じで、『新潟愛』を感じさせる場面も。

 

そんなお二人から、フォトセッション中に「『さちるり』 結成しました!」とのご報告が(^_^;)

もう一緒に歌っちゃいそうな勢いですよ。

終始なごやか雰囲気の中、イベントは無事終了となりました。

 

 

では、最後に十日町の美味しいお土産をどうぞ~。

小嶋屋本店さんの「お蕎麦」、(株)松乃井酒造場さんの「吟醸生 松乃井」、(株)ムラオさんの「十日町の水」をお客様へお渡し。

 

お蕎麦もお酒もお水も、清冽な雪解け水とそれに育まれた豊かな大地があってこそ。

『雪を友とし、雪を楽しむ』 という、市民の自発的な思いから生まれた「十日町雪まつり」。

精いっぱいのおもてなしで、皆さまをお迎えいたします!!(^_^)/

◆「第67回 十日町雪まつり」公式HP

 

**************************************************************** 

★絶賛募集中!! 『雪上カーニバルステージ裏見学ツアー』

普通は見ることがが出来ないステージの“裏”をお見せする、一風変わったツアーです。

詳細はこちらから>>

 

一面真っ白の雪景色

十日町にも、ようやくまとまった雪が降り

冬の景色が広がりました。

倉俣大橋からの眺めです(*^_^*)

この日は久々の快晴(*^_^*)

気温が低いこともあってふわっふわの雪が…

太陽の光にてらされてキラキラと輝いていました★

コチラは瀬戸渓谷。

岩肌をよーくみるとおおきなつららがたくさんできていました。

風が吹くたびにサラサラの雪が舞ってとってもきれいでしたよ。

一面真っ白の世界(゜-゜)

田んぼのあぜの形にあわせて規則的な影ができているのがおもしろい◎

この時期ならではですね。

雪国ならではの景色に大満足な一日でした♪

1月26日棚田情報

十日町市<松代地域> 棚田情報

1月26日(火) 晴れ 午後3時 積雪116cm(松代支所)

 《画像をクリックすると大きく表示されます》

 

【 星峠 ・ 儀明 ・ 蒲生 】 の棚田情報です♪

久ぶりの更新になりました☆

今年は雪が少ない十日町ですが、昨日・おとといと雪が降り続いて

やっとそれなりの積雪になっています!

今日は雲ひとつない快晴で道路状況も悪くなさそうだったので棚田へ行ってきましたよ~(*´∀`*)

 

■星峠の棚田

星峠はビューポイントまで除雪が入らないので、冬季はオススメしない場所ではありますが

雪の状況を確認したくて行ってきました。

↓ 積雪と除雪の状況はこんな感じ~YO(σ´Д)σ ☆

↓ それほど多くはないですね。そして、右側から誰かが登った痕跡が!!

 

↓ 結構ずぼっている足跡・・・雪がフワフワです!せっかくなので、ここにそって私も登ってみました~

↓ 棚田を望む・・・♪ 雪原になっていますね!ほんっと快晴~

 

↓ ズームすると棚田の段々が良くわかります!

 ↓ 帰る時は、ここで切り返すことができます

 

■儀明の棚田

↓ 車は退避場へ停められました!

↓ ここは他に見に来た人はいないようだったので自分で入り込みました☆

道路際だから、そんなに積雪もないですしね~

↓ 田んぼの畔がくっきりと見えます(*´∪`*)

すごくきれいな雪ですね~

ふわふわしてそうで飛び込みたくなっちゃう♪

 

■蒲生の棚田

↓ 棚田へのアプローチ!日陰の道路には雪が残っています

↓ なんとっ!!すばらしいことに駐車場も除雪してありますヽ(*´∀`)ノ

↓ 蒲生の棚田は、冬の景色も人気があるんですよね~♪ 足跡をたどって登ると・・・

魚沼方面の山々も綺麗に見えました(*´д`*) きれー

↓ 小屋や木などカメラ撮影のポイントとなるものが沢山あります♪

↓ 今日は、ほんとに空がキレイだった♡ 1月とは思えない景色♪

 

雪景色ってキレイですね~~♡

コントラストが素晴らしいです(*´∪`*)

 

天気が良ければ、こんなふうに見れるので良いのですが・・・

冬は天候によって道路状況も景色も一変しますので

もし、皆さんも行くようであれば、必ず天候を確認してからお出かけください!

ご心配なようでしたら「観光協会まつだい事務所」まで何なりと、お問い合わせくださいませヾ(*・∀・)/

十日町名物“ちんころ”

昨日までの大荒れが嘘みたいに、青空が広がる十日町です!

十日町に古くから伝わる“ちんころ”

皆さんご存知ですか??

≪“チンコロ”とは?≫

しんこ(米の粉)を原料にして作った細工物。干支にちなんだものが多く作られてきました。大きさは3㎝位で、すべて手作りのため一つ一つの顔や表情が異なります。福を招く縁起物として飾られたり、囲炉裏で焼いて食べられていました。(現在は飾り物として作られています)

とっても愛くるしい姿をしている、この“ちんころ”を販売するのが

「節季市」です。

毎年1月10.15.20.25日に開催され、今年最後の市が昨日行われました。

「節季市」では、多くの方が“ちんころ”を求めて早くから並びます。

とても人気があるので、午前中にあっという間に売切れてしまうことも多く、残念ながらGETできなかった・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか??

 

そんなあなたに朗報です☆

ちんころのかわいらしさをそのまま、そして“割れない”

ちんころストラップがあるんです!

樹脂粘土を使用して、ちんころらしい質感を再現!

そしてなんといっても、ひとつひとつ手づくりで作られる

かわいらしい姿❤

ぜひ一度、ご覧になってくださいね!

十日町市総合観光案内所TOCCO(十日町駅西口)にて取り扱ってます!

お気軽にお問合せください!

TEL 025-750-1277

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2016年1月26日

凍結

外気温 マイナス5度の寒い朝です。

吹雪の昨日とは違い、今日は朝から晴れました!

そして、昨日以上の寒さも到来^^;

松代・松之山温泉観光案内所が入っている

ほくほく線まつだい駅・道の駅の駐車場は

あちこち凍結していて、車も徒歩の方も

気を付けて通らなければならない状況です。

これではいけないと、朝早くから道の駅職員の

方が人力で氷の排除作業をしています。

これ・・・大変な力作業です。

凍った雪が集まるこの場所に、各お宿の

送迎バスが止まるので、乗り降りに危険の

無いよう、こうした作業が毎日繰り返されます。

いつもありがとうございます!

松之山温泉でモデルウォーキング♪

モデルでありビューティーフード研究家の室谷真由美さんがビューティーフードツアーに十日町市にいらっしゃいました。

1/23の午後から、松之山温泉 和泉屋さんでモデルウォーキングのセミナーをしていただきました。

 

まずはストレッチ。

からだを動かして少し暖かくなってきました。

次は皆さん何をしてるのでしょう?

♪はしらのき~ずはおととしの~♪たけくらべではありません。(古い?!)

正しい姿勢を教えていただいております。

皆さん、頭・背中・おしり・足全部壁につけられますか?

 

さぁみなさんお待ちかね!モデルウォーキングを・・・

大股で、かかとから足をつく、上からひっぱられているようなかんじで、出している足の骨盤を出して、、、あれ?!うまく歩けなーい。。。

携帯でお互いに動画を撮って、自分の動きを確認。

初めはぎこちない歩き方だった皆さんも何回かしていくうちに、ファッションショーのモデルさんのような堂々とした歩き方に!

楽しく歩いた後は松之山温泉和泉屋さんが玄米甘酒をごちそうしてくれました。砂糖が入っていないのに甘いんです!(^^)!和泉屋さんはマクロビオティック料理の提供店なんです。 

後半は食生活についてお話を聞きました。

皆さん気になることを直接室谷さんに相談でき、再会を楽しみに笑顔でチーズ(^^)

 

 

本選出場の説明会が開催されています。

12605270_1643790229176623_7766270242392521710_o
①池田 菜々美さん(十日町市) ②小島 綾香さん(新発田市) ③蝶間林 愛さん(三条市) ④南雲 咲穂さん(十日町市) ⑤アルビオール・エリザベス・レバジョさん(十日町市) ⑥亀倉 里恵(南魚沼市)
12628585_1643790279176618_3082458835102466199_o
⑦竹藤 麻里花さん(十日町市) ⑧塚野 るりこさん(新潟市) ⑨高頭 唯さん(長岡市) ⑩佐治 瑠璃さん(上越市) ⑪吉田 一美さん(聖籠町) ⑫佐藤 梓さん(十日町市)

2016年 十日町きもの女王コンテストの説明会が開催されます。
本選会に出場する方に誰よりも早くお会いできているので、役得ですね。

しかし、書類審査は写真を拝見させて戴ています。
(写真で選んでいる訳ではありません、すべてを総合しての審査になります。)

実際にお会いすると、印象が違ってくるんです、さらに着物を着た姿はさらに変わりますから印象が違ってきます。
最初の写真とは別人ぐらい、素晴らしい晴れ姿になります。

雪国体験ツアーで海外の皆さんをお・も・て・な・し★

本日『雪国体験ツアー』が中里のお宿せとぐちさんで行われました。

バスを降りてくるのは・・・なんとみなさん海外のお客様(^_^)/

台湾や、ベトナム、フランスなど約7か国の出身の方々が来てくださいました!

ようこそ!中里へ❤

ベトナム出身のお二人。

「ベトナムは暑い国だから雪が降る事はないんです。こんなにたくさんの雪にびっくり!」

スノーウェアがとってもお似合いですよ。かまくら作り頑張ってくださいね(*^_^*)

小雪と言われていましたがここ数日でずいぶん積もりました。

今日もゆきが降っておりましたが、みなさんワクワクしている様子♪

雪の感想は??

「雪ってふわふわしていると思ったらこんなに重いんだ!」

・・・そうなんです!ギュッと固まった雪はとってもかたくて重い!

見るだけではわからない雪の体験ができたようです(^^)/

スコップを使った事の無い人もちらほら・・・

でもだんだんと上達したみたい!!!

おおきく積んだ雪山をホリホリ・・・

おおきなかまくらをつくります♪

みんなで手分けして・・・

夜はこの中にろうそくの灯りをともしてお餅や甘酒を頂くそうです❤

あれ、皆さんどこ行くの??

夏は山へ続く道もこのとおり!

ソリ滑り専用コースになっちゃいましたヽ(*^^*)ノ

このあとは地元の正月料理を食べたり、雪国の昔話を聞いたり

まだまだ盛りだくさんの体験がまっているとのこと。存分に楽しんでいってくださいね(*^_^*)

十日町きもの女王2016本選会に進むが12人決定!

こんばんは
田中菜々子です(^^)

とうとう十日町きもの女王2016本選会に進むの12人が決まりました!

どの方も素敵な方ばかりと聞いています。
みなさまにお会いできる日が本当に楽しみです(^^)

たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

本選会までに、昨年のコンテストの様子を紹介したいと思います。

十日町きもの女王2016コンテスト出場者12名が決まりました。

こんにちは、十日町きもの女王部会の高橋です。
応募いただいた方から、2月21日に行われる、十日町きもの女王2016コンテスト出場者12名の皆さんが決定いたしました。
12名は以下の通りです。

①池田 菜々美さん(十日町市)
②小島 綾香さん(新発田市)
③蝶間林 愛さん(三条市)
④南雲 咲穂さん(十日町市)
⑤アルビオール・エリザベス・レバジョさん(十日町市)
⑥亀倉 里恵(南魚沼市)
⑦竹藤 麻里花さん(十日町市)
⑧塚野 るりこさん(新潟市)
⑨高頭 唯さん(長岡市)
⑩佐治 瑠璃さん(上越市)
⑪吉田 一美さん(聖籠町)
⑫佐藤 梓さん(十日町市)

出場者の写真は1月24日に行われる説明会で撮影されますので、その際、集合写真のみ公表いたします。
楽しみにしていてください。

 

銀座松屋★追悼池田重子コレクション「日本のおしゃれ展」

みなさまこんにちは!十日町きもの女王2015の渡邊桃子でございます。

日曜日は十日町きもの女王2016の書類審査が行われたようで、ついに交代の時が近づいているのだと実感が湧いてまいりました。
去年私がコンテスト事務局から通過のお電話をいただいた時、たしか試験監督のアルバイトをしている最中で、携帯の電源をオフにしていた憶えがあります。
アルバイトが終わり、携帯をつけると懐かしい市外局番から留守電が!折り返しをして通過のご報告をいただいたのでした。
また今年は応募者が3割増しだったということで、私たち女王3人の地道な広報活動の成果が出たのではないかと嬉しい気持ちです。(ご応募くださった方々は人数が増えて喜べない部分もあるかとは思いますが・・・)早く本選出場者の皆さまの情報開示にならないか、ワクワクしております!

さてさて、今回は17日日曜日に行ってまいりました、銀座松屋で昨日まで開催していた「追悼 池田重子コレクション 日本のおしゃれ展」についてお話いたします。
池田重子さんは皆さまもご存じの通り、日本一の着物コレクターであり、着物デザイナー・着物コーディネーターである日本には欠かせないお着物のスペシャリストでいらっしゃいました。惜しくも昨年10月13日にお亡くなりになってしまいましたが、「追悼 池田重子コレクション」と題して5年ぶりの「日本のおしゃれ展」開催だそうです。
会期終了が迫る日曜日だったからか、会場はかなり混雑しておりました。更に来場者の半分以上がお着物をお召しでいらっしゃいました!こんなに多くのお着物の方々に囲まれるのは、5月の十日町きものまつり以来だったように思います。

初めて「日本のおしゃれ展」を拝見いたしましたが、「いや~~~~!!!!!」と心の中で発狂してしまいそうなほどにすべてのお着物が美しい!!!
更に池田先生のコレクションは明治・大正・昭和のアンティークです。私はこの時代のアンティークが大好きで目がありませんので、どのお着物も私のツボを100%も200%も捕えて離しませんでした・・・。本当に良かった・・・。

池田先生のコーディネートはすべてストーリーがあるそうです。コーディネートにはひとつひとつ名前がついていて、コーディネートからは物語が溢れ出てくるようなそんな印象を受けました。
私が特に感激したコーディネートは「初夏の風物詩・青楓に鮎」というものです。初夏の訪れを語る鮎が主役になっているコーディネートで、お着物は昭和初期の一つ紋付きの青楓の下を泳ぐ鮎が描かれた友禅です。お着物の美しさはもちろんなのですが、私が最も感動したのは半衿に在る1枚の青楓の刺繍です。白い半衿にそっと落ちた青楓が多くを語らずも初夏の日差しやほんのりとした暖かさを教えてくれているようでした。
お着物って、強く主張せずに密やかに、お相手に季節感を伝えるものだと感じます。そしてそれを見たお相手がしっかりと察して受け取る。四季に根付き、お相手に気付いて感じていただくことに賭けた小さな演出、粋。こんな衣服、世界を探して他にどこにあるのでしょう。


※写真はクリックすると大きくなります。

他にも池田先生は帯留めが大変お好きで、コーディネートの中でも主役のように大切にしていらしたというお話を伺いました。
(池田先生は五十歳の時に出会われた1個の彫金の帯留めに魅了され、この帯留めに合うお着物と帯を!と探し始め、結果としてコレクションが1万点に及ぶようになられたそうです。)
展示の中には帯留めのコーナーもあり、螺鈿・べっ甲・翡翠などなど様々な種類がある中で、最も衝撃的だったのは「小豆」と「ムカデ」の帯留めでした!
「小豆」はまさに小粒の小豆が5つほど横につながったモチーフ。「ムカデ」はそのまま今にも動きそうな大きなムカデです!
どちらも本物と見紛うほどにリアルで、これを粋に自然に使いこなすのにはかなりの技と経験と・・・必要なのだろうなあと思いました。

また他にも、私が池田先生のコーディネートで最も感服したことは「半衿の組み合わせ方」です。
池田先生は紬のお着物に刺繍の入った半衿を合わされるそうです。紬のお着物と言うとカジュアルなメージ、刺繍入りの半衿と言うとフォーマル・ハレのイメージ。
この二つを掛け合わすのです。しかしどれも非常に自然で美しく、コーディネートの大きな引き立て役になっている印象でした。
他にも夏の絽のお着物に、やや重たさを感じる厚めな塩瀬の半衿を合わせたりなど、当然のように小物同士の格を気にしていた私にとっては新鮮かつ衝撃的でした。
着物のルールに捉われて引っ張られてしまうのではなく、柔軟な発想で新しい組み合わせにトライしてみる。これだけでコーディネートの幅も広がり、お着物に感じる難しさも緩和できるのではないでしょうか。

池田先生のお言葉に、
「きものは豪華でなくても優雅であればいい。立派でなくても洒落たものであればいい」
「高価な着物でも帯や帯あげが合わなければ、着物の美が発揮できない。どんな器にどんな料理を盛るのかも、どんな人とどんな時間を過ごすのかも、すべてコーディネートです」
というものがございます。
お着物というと高価なもの・豪華なものに目を引かれがちですが、そのような要素よりも大切にするべきことがあるのではないかと考えさせられました。着物は文字通り「着る物」です。普段は飾って楽しむ芸術品ではないのですね。そう考えると、池田先生がおっしゃるように優雅で洒落たものであることの方が大切な要素なのかもしれません。
高級な芸術品ではなく自分が着るものだとよくよく思いなおせば、どんなお着物でも気負わずに装うことができますし、帯はどれを、小物はどれを、と肩の力を抜いて着合わせを楽しめると思います。

ですが最も大切なことは、着る自分!ですね。どんなに素敵で洒落たお着物でも、装う自分自身に磨きがかかっていなければお着物が泣いてしまいます。どんなおしゃれより、一番大切なのは笑顔!そしておしゃれをする自分の心構えと心意気ですね。自分自身のコーディネートの大切なひとつなのかと思います。
私も良いコーディネートが出来るように自分もセンスも磨きます!

池田重子コレクション 婚礼衣装 レンタル アンティーク 着物

ということで長くなりましたが、「日本のおしゃれ展」についてのご報告は以上です。
女王でいる間にあと何回ブログを書けるでしょうか。なるべく多く、皆さまとつながっていたいです。
引き続き宜しくお願いいたします!

渡邊桃子でした~

きもの工場見学・手描き体験モニターツアーに行ってきました♪

とおかまちといえばきものの街。

きものの街とおかまちに来て、きものの製作しているところをみたい、体験してみたいという方に朗報です♪

今回、辻が花染めで知られている株式会社桐屋さんが、工場見学・手描き体験ツアーを企画しているということでモニターツアーに行ってきました!

さっそく明石工業団地にある工場へGo!

きものの歴史のお話を聞き、作業現場を見学。

「辻が花」ってまぼろしの花って言われているんですって。ミステリアスですね(^^)

デザインが決まると型紙を作ります。きもの1着に200枚の型紙を作るんですって。すごーい!

生地に型紙を合わせてのりをつけます。

染めの作業。職人さんはさらりとやってますが色のぼかし具合など、実はむずかしい!

しぼりもひとつひと手作業(゜o゜)

職人さんたちの作業に圧巻です!!!

工場見学した後は営業所に行き、楽しみにしていた手描き体験♪

辻が花のデザインされた壁掛けに色づけ体験できます。

好きな色を入れ、自分だけのオリジナルの壁掛けをお土産に持ち帰れます!(^^)!

壁掛けを乾かしている間にひとやすみ。お茶と和菓子をいただきました。

おいしー)^o^(

きもののお話しも聞けて、職人さんたちの巧みな技も見ることができ、染めの体験もでき、お菓子のおもてなし!

大満足のツアーです!(^^)!

ツアーができたら皆さん是非ご参加くださーい!!!

お問い合わせは株式会社 桐屋さんまで

十日町きもの女王2016コンテスト出場者の審査を行っています。

審査中です。

十日町きもの女王部会の高橋です。
現在、秘密の場所で(笑)十日町きもの女王2016年コンテストに出場する12名を選出する書類審査を行っています。
今回も厳正な審査を行うために、審査する方に細かい注意を受けたのち、現在審査中です。

候補者には、本日か明日までに本人に連絡をさせていただきます。
そこで、事前の説明会や本選会に出場できるか、きもの女王に選ばれた場合は、活動可能かどうかの確認と、最終的に意思確認が行われて、明日の午後の定例記者会見で発表という運びになっています。

今年は昨年より、3割も応募者が増え、さらに本当に素晴らしい方の応募ばかりで選ぶほうも悩みどころです。

事務局として、多くの方のご協力で沢山の方の応募があったこと、本当にお礼を申し上げます。
また、応募された方、連絡が行くかもしれませんので、携帯の電源を入れていてくださいね。
実はまだ現在集計中で、僕にも誰が本選会に出場するかわかりません。

ワクワクしています。

最後に勇気を出して、応募していただいた皆さん本当にありがとうございました。
あなた方は本当に素晴らし方ばかりで、個人的にはお友達になりたい位です。

残念ながら、数に限りがありますので、事務的には12名を選出させていただきますが、どなたも素晴らし方ばかりなのです。
本当にありがとうござました。

みんな幸せ!むこ投げすみ塗り

予想外の小雪で心配されていましたが、温泉組合の皆さんの汗と努力で無事開催となりました!

まずは「柳屋」さんで、腹ごしらえを。。。

とびっきり煮卵のせ中華そば!チャーシューは湯治豚よ

「ちとせ」さんの前では、かわいらしいおさるさんと雪うさぎがお出迎え!

ゆとっともいました~! 帰る頃には真っ黒に…

まだかまだかと待っていると…

ジャーン!玉城屋さんから寺島さん登場~いざ出陣!

いつも無邪気な笑顔の寺島さん。。。今日もとびっきりの笑顔ですね!

奥様たちもドキドキ。。。

今年は文教大学の学生さんたちが、甘酒となめこ汁をふるまってくれました。あたたまる~~

 

ここから薬師堂まで、急な坂を登っていくのです。きっ、きつい!

担ぐ人たちを必死で応援しましょう!がんばってください‼

後ろからもしっかりサポート!

薬師堂に到着。去年は屋根に届きそうなくらい雪があったんですよ。

痛くないかなあ~。大丈夫かな~。心配ですが…

投げられた~‼(やさしく)

良かった~無事です!温泉の神様がついてますからね!

 

続いてすみ塗り会場へ。。。

とっても大きな賽ノ神ですね。すごい迫力!

そしてすみ塗り開始~♪

初めて参加の女子大生たち、びっくりしながらも楽しそう~

 

あれっ!去年はやさ~しくひと塗りだったよね!?

今年は…めっちゃ塗られるー‼‼ そういうものなのね。。。

こんなに黒くなっちゃったけど、大丈夫?

大丈夫です。温泉がありますから!これで一年元気に過ごせます!

参加した人みんなが幸せになれるこのお祭り。

今年も参加できて良かった~

これからもお幸せに~また松之山温泉に遊びに来てくださいね!

 

map_link_img地図へのリンクはこちら

エアボードに挑戦!

雪国に初めて来て、短時間でスキーやスノーボードを習得するのは難しいですよね。。。

そんな方に朗報です!新しいスポーツ「エアボード」が誕生しました!

今日は松之山温泉スキー場で、40代3名が初挑戦です。

 

これがエアボードです。空気の入ったそりですね。

裏はラバーになっています。けっこう硬い!

 

まず、インストラクターの指導を受けます。まがる時は体重移動し、エッヂをきかせてまがります。

 

それではレッツゴー!

このように、腹這いになってすべるので思ったよりスピード感があります。

 

 

 

松之山温泉スキー場は全面滑走可なので、リフトで山頂まで上がっちゃいました。

さすがに急斜面はおりるだけで精いっぱいでしがた、ゆるやかな斜面であれば誰でも楽しく乗れますよ。

 

今後十日町市では、「信濃川ラフティング」、「信越トレイル」に続く冬のアウトドアスポーツとして展開していく予定です。

3月20日に行われる「松之山温泉スキー場スキーカーニバル」でも体験できますので、ぜひ挑戦してみてください!

 

 

map_link_img地図へのリンクはこちら

1月13日 美人林情報

1月半ばになりましたが、珍しく雪の少ない松之山です。

美人林駐車場は除雪をしませんので、車は「森の学校キョロロ」へ停めてここから雪の上を歩いていきます。みなさんの足跡が道になっておりますよ。

ふわふわの綿雪におおわれたとっても美しい美人林が待っていました!

ときおり枝に積もった雪が舞い落ちて、きらきら光っています!

≪↑画像をクリックすると大きくなります↑≫

池の周りは柵が取り外されているので、ご注意くださいね。

 

 

 

これはもしかして、キツツキの開けた穴??

キョロロの建物も雪に映えて美しいですね。

何やらかわいらしい物体が!?

こんな穏やかな日々が続いてほしいものです。

 

 

map_link_img地図へのリンクはこちら

水墨画のような世界

あけましておめでとうございます。

小雪の清津峡ですがここ数日で降り積もった雪が

峡谷の木々を覆い、まるで水墨画のような景色が広がっています。

晴れの日はコチラ~(*^_^*)

気持ちいい青空が広がっていっそうキラキラ輝く雪!

こちらは曇りの日~ヽ(*^^*)ノ

じつは曇っていると影が出来にくいため、写真撮影には適しているのだとか・・・❤

ほんとうに水墨画のようです!

今年度の清津峡渓谷トンネルは1月14日までの営業となります。

トンネル手前までは見る事ができますが、路面が凍っている場合などがありますので

気を付けてご鑑賞くださいヽ(=´▽`=)ノ

2016.01月  十日町きものコンテスト2016 応募締め切り迫る!!!

あけましておめでとうございます。
田中菜々子です。

本日、わが町(阿賀野市)にも大雪が降りました(*^^*)

H27年12月25日版 「Komachi」発売されました♥♥
発売日当日…

(謝らなくてはいけないことが…)

…すみません。

コンビニのKomachi…
買い占めました。。。Σ(゚д゚;)

↓↓皆さま、応募詳細はこちら↓↓
*+☆+*――*+☆+*――*+☆+**+☆+*――*+☆+*――*+☆+*

十日町きもの女王コンテスト2016
応募締切が早くも今週1月15日(金)19時必着となりました。
応募用紙のほか、WEBからもご応募いただけます。
http://snowfes.jp/wp/?p=5253
応募フォーム・正面からの写真(顔・全身)を添付しご応募ください。

十日町雪まつりを華やかに彩るコンテストへ、皆様からのご応募お待ちしております。
ご不明な点、ご質問は十日町雪まつり実行委員会までお問い合わせください。
TEL025-757-3100

*+☆+*――*+☆+*――*+☆+**+☆+*――*+☆+*――*+☆+*

Komachiのインタビューでも答えましたが、
私が、十日町きもの女王コンテスト2015に応募したきっかけは、Komachiの記事をみたからです。

母とふと入った喫茶店で、応募締め切りが間近に迫ったコンテストの記事を見つけました。

Komachiの記事をみつけ、心を奪われ、記事を凝視する私…
しかし、凝視する(興味がある)ことを母に悟らない様にする私。
コンテストに興味があるという自分が、我ながら意外で戸惑いました。

そして、心の中は…
(出てみたい!でも、恥ずかしい!
 失敗したらどうしよう…etc)一人ぐるぐるぐるぐる、訪れたチャンスに葛藤しました。

どうしても何かに挑戦するときは、
不安な思いの方が先に出てきちゃうものですよね…(;´д`)?

もし、迷っているひとがいるのなら、
ぜひ十日町に来てみてください。

その景色、その雪、そして何よりも、十日町市民のみなさんから必ず力を頂けます(*^^*)♥

1年前には十日町のことをなにも知らなかった、
そして、今だれよりも、十日町が大好きな私が言うのだから、間違いありません!!!

この一年間、十日町のきもののおかげで私も少しは素敵になれたかな??

新潟の総合エリアガイド「Komachi」 http://www.week.co.jp/

1月9日棚田情報

十日町市<松代地域> 棚田情報
1月9日(木) 雪 午前8時

星峠の棚田までの道路状況についてです。
普段であれば、まつだい駅から星峠の棚田まで車で15分程で到着しますが、現在は雪道で走行しづらいため20分から30分程かかります。運転の際はスノータイヤに交換の上、4WDで安全運転を心がけて走行してください。
また、星峠集落までの除雪はされていますが、その後の星峠の棚田ビュースポットまでの道路は除雪がされておりません。お越しになる場合は、途中から徒歩で向かっていただくことになります(ビュースポットまでは徒歩2分程)。路上には30センチほどの積雪がありますので防寒具着用の上で長靴やスノーシュー等をご用意下さい。

棚田にも雪が積もっており、水鏡は埋まってしまって見る事ができませんでした。

お帰りになられる際、道路でUターンする場合は道幅が狭いのでご注意下さい。