アーカイブ

HOME > 2015年 > 3月

越五の国キャラバン

こんにちは。荒川真美です。

3月26日、27日と都内各所で「越五の国メディアキャラバン」を務めて参りました。

北陸新幹線開業で、新潟県に新しく上越妙高駅。「越五の国」とはそちらを起点とした、周辺五市の連携プロジェクトです。

金沢・富山の行き帰りに新潟にぜひお寄り下さい、それぞれにこんな面白みがあります、と各メディア担当者様に向けてPRをさせて頂きました。

当日ご一緒致しましたのは、、、

上越)さくらキャンペーン特使 廣木真衣さん
妙高)女将の会 香風館女将 加藤春美さん
柏崎)かしわざき観光大使 高橋桃花さん
佐渡)佐渡たらい舟娘 山本佳那さん
佐渡)ゆるキャラ ぶりカツくん

初めての公務でしたが、他の大使の方々とご一緒でしたので、心強く、またそれぞれのプレゼンテーション方法から今後のヒントを頂けました。

今の時代は、始終任せっぱなしではなく、地方である程度形にした物を、発信する拠点として東京のメディアを利用するのが良いのではないか、とはTBSの担当者様からのご提案。

例えば、定点カメラでを設置し、お天気コーナーに映像(地元の名所等)を提供することで、テレビの向こう側の方に、あんなきれいなとこあるんだな、とお知らせできる。

コンサートの場所貸しを行い、アーティスト目当てでいいから人の流れを寄せる。そしていらしたお客様に対して環境の良さや特産品を味わってもらう。

等々、十日町を知らない方々、また十日町を目的としないで訪れた方にもPRする方法はたくさんありますし、メディアをいかに利用するか。とお話して頂きました。

 

2日間で伺ったのは、

テレビ東京(L4YOU)、東京中日スポーツ、報知新聞、TBS、サンケイスポーツ+夕刊フジ、日刊ゲンダイ。

たくさんの方とお会いし、ご挨拶、写真撮影、テレビ撮影など初めての経験は緊張しながらも、とても楽しいものでした。

この2日間で1番印象的だったのは…佐渡のゆるキャラ、ぶりカツくんです。ぶりカツくんの地元を伝えたいという情熱、表情の見えない中で、声と動きでどれだけ伝えるか。

その場ごとに必要な、気遣いや、立ち居振舞いとはなにか、たくさん見せて頂きました。また、ぶりカツくんがいると、たくさんの方が笑顔になりました。

「地域活性は目的じゃなくて結果。ぶりカツくんで、みんなが笑顔になってくれたらいいな。その結果で、地域が盛り上がったらいい」とチラリとおっしゃっていました。

それを見てきいて、私もいつか、着物だけでなく、着ぐるみを着てみたいと思いました。十日町には雪の妖精「ネージュくん」がいて、市役所で無料貸し出しをしています。

初めての公務は、今後がまたとても楽しみだと思えるものになりました。

関係者の皆さま、ありがとうございました。

初投稿「3/21・22お勉強会について」

みなさま、はじめまして。十日町きもの女王2015の渡邊桃子と申します。
一年間、十日町の魅力を全国へお伝えするために精進、尽力してまいります。

さて少し遅くなってしまいましたが、
今回の内容は

①3月21日のお勉強会のこと
②松之山温泉「ちとせ」のこと

この2つについてです。


私達きもの女王はコンテスト後何度かお勉強会があるわけなのですが、3月にも3回お勉強会がございました。
そのうちの2回目3月21日のお勉強会の目玉はなんといっても「十日町小唄」の踊りの練習でした。

「十日町小唄」は全国的な民謡の大流行に乗って、昭和4年に十日町の名産「明石ちぢみ」のコマーシャルソングとして作られた民謡です。
振り付けは女優の水谷八重子さん。
発売当初は「サッテモ節」として発売されておりましたが、戦後編曲をし、昭和35年11月「全国民謡・新民謡ベストテン」の新民謡部門において第一位となり再び注目を浴びるようになりました。
現在でも「佐渡おけさ」と並んで全国的に高い知名度を誇っております。十日町の名産、明石ちぢみと美しい雪の情景を織り交ぜて唄った哀愁漂う大変に素晴らしい唄です。

さて、私達十日町きもの女王は8月開催の十日町おおまつりで大民謡流しに参加させて頂きます。
その時にこの「十日町小唄」を踊るわけですね。

ご指導してくださった先生は十日町市舞踊協会会長の金澤吉子先生でした。

今までなんとなく踊れていた振りでもきちんと体勢を整え、きちんと情景を思い浮かべ踊ってみますと、まったく違う振りのようで、身体と気持ちひとつで変化する踊りの奥深さを痛感いたしました。また足腰がツライ!イタイ!で、同時に踊りの大変さも痛感いたしました。。。ですが良い運動にもなりましたし、とても楽しかったです。
金澤先生、ありがとうございました。

3人は8月にちゃんと美しく「十日町小唄」踊れるのでしょうか?
ぜひ民謡流しにいらしてご一緒に踊りましょうね!


(クリックすると写真が大きく表示されます)


今回のお勉強会は2日連続でしたので、夜は【松之山温泉 ひなの宿 ちとせ】というところへ宿泊させて頂きました。

松之山温泉は、草津・有馬と並び日本三大薬湯だということをご存知ですか?
そんなに素晴らしい温泉が新潟県の、さらに十日町市にあるなんてとても喜ばしいことですね!

そしてこのちとせさん、月並みな言葉ですが、本当に素晴らしい旅館でした。

ちとせさんでお世話になったのが専務の柳一成様です。(柳様は新潟県スキー連盟のアルペン部長もしていらっしゃる凄い方です。)
柳様に十日町・松之山の観光についてご講義頂きましたが、今回はそのうちの「食」について1つご紹介致します。

「越乃紅」(こしのくれない)という豚肉です。
これは雪深い越後妻有で育てられた豚肉「妻有ポーク」の中でも最高峰の豚肉だけを指します。
職人さんが妻有ポークを捌く際に包丁を入れて初めて「一級品だ。これは越乃紅と呼べる!」と分かるそうです。なんと妻有ポークの100頭に1頭くらいの割合でしか出ないということで、大変貴重なお肉なんですね。

実際に私たちもお夕食の時に「越乃紅」を頂戴いたしましたが、とても赤々とした身で分厚く切ってあるのに柔らかく、口の中に入れた瞬間にさっぱりとした旨味たっぷりの脂がふわっと広がりました。一般の豚肉とはまったく異なりました!下、一枚目のお写真が頂いた「越乃紅」です。

柳様、ありがとうございました。

ぜひ、十日町にお越しの際は【松之山温泉 ひなの宿 ちとせ】にお泊りになって、「越乃紅」を召し上がってみて下さいね!

新潟県 松之山温泉 ひなの宿 http://www.chitose.tv/

 

 

 

 

(クリックすると写真が大きく表示されます)

 

さて、次回は3月28日の初出務「JAF mate」の撮影についてご紹介いたします。
お楽しみに!

 

十日町きもの女王2015
渡邊桃子

はじめまして。

はじめまして。

十日町きもの女王2015の荒川真美と申します。まずは簡単に私の自己紹介を。

私は新潟県十日町市で生まれ育ち、高校を卒業後、東京で暮らしております。今回、おかげさまで、大好きな地元、十日町市の観光親善大使の役を頂くことができました。

実は私、今回のコンテストは2度目の挑戦でした。念願の女王のタスキを受けてからまだ1ヶ月と少しですが既に、とても貴重な経験をたくさんしました。桃子ちゃんと菜々子ちゃんを始め、素晴らしい出逢いに恵まれました。

きもの女王コンテストは、応募の門戸が広く開かれています。

十日町が好き、着物が好き、日本が好き、自分を磨きたい、世界を拡げたい…そんな想いのある方はぜひ何度でも挑戦をお勧めします!

このブログでは、きもの女王の活動に関する様々なことをお伝えします。

渡邊桃子、田中菜々子、荒川真美。三者三様、真剣に、時に面白おかしく、活動していきますので、(3人での初めてのお泊まりは、笑いの連続でした。)どうぞ温かくお見守りくださるよう、お願い申し上げます。

3月30日棚田情報

3月30日棚田情報。

午後3時。晴れ。積雪220cm(松代支所)。

朝は曇っていましたが、だんだん晴れて日が照ってきました。雪もどんどん融けています。

 

関東や九州からは桜開花の便りが届いていますが、ここ越後妻有の桜はどうでしょう?

桜と棚田の眺望が人気の儀明の棚田の様子を見に出掛けました。

 

春めいた陽気のお陰で、R253脇の雪壁は大人の足の膝上くらいまで嵩が減っていました。

視界が開けているので、棚田を見下ろしてみると。。。

R253号沿いからの眺め。

この辺りに水鏡に映る2本の桜の木が棚田の畔にあるはず、なのですが。棚田も桜もまだまだ残雪の中。

これには、カメラを片手に車を降りた人も、さすがに撮影は諦めざるを得ませんでした。

 

やはり豪雪地越後妻有の桜は、例年通り4月下旬からが見頃になりそうです。

今年の雪の量だと、もしかして残雪と桜の共演が見られるかもしれません。

3月28日棚田情報

3月28日棚田情報。

午後3時。晴れ。積雪、27日の時点で232cm(松代支所)。

日中、良く晴れて気温も上がり16度。春らしい陽気でした。

棚田についてのお問い合わせが増えてきたので、星峠の様子を見に。

 

集落終わり。除雪はここまでです。

棚田を見るためには、この雪壁をよじ登って行かなくてはなりません。

愛車の車高が160cmと少しなので、まだ雪壁の高さは2mはあるでしょうか。。。

よく見ると、よじ登ったツワモノの足跡がいくつもあります。

雪国生まれ雪国育ちたる者、これくらいの雪は登ろうと思えば登れなくはない、ので登ってみました。

棚田ビュースポットへ続くいくつもの足跡。道のように繋がっていました。

ちなみに、電柱がやけに低く見えるのは、それだけ積雪がまだ残っているからです。

 

かんじきもスノーシューも持ってこなかったため、高い気温も相まってゆるんだ雪に足をとられ膝や腿まで潜って歩行困難。長靴の中も雪だらけ。。。

奥に進むのを諦めて、スポットの大分手前で棚田の様子を撮影。

ビュースポットから外れていてわかりにくいですが、星峠の棚田の現在の様子です。

まだ雪を被っている状態なので、こぶのある雪原?のように見えました。

 

例年だと田んぼに水を引き入れるのは4月の終わり頃。

…温かいとはいえ、棚田の雪消えの時期はもう少し先のようです。

 

布川カフェ~とんぼ玉体験教室~

十日町市松之山東川地内にある

「布川カフェ」は地域おこし協力隊の方が運営している

施設です。

ここでは、地域に住む方々向けに様々な催し物が

行われていますが、今回初めて

「とんぼ玉体験教室」が行われると聞いたので

参加してきました♪

【とんぼ玉 見本】

とんぼ玉とは「色ガラス」でいろいろな模様を

あしらった穴の開いたガラス玉のこと。

着物の帯留めやかんざし飾り、ネックレスや

髪留めなど、様々なアクセサリーに利用できます。

教えてくださる方から基本的な手順を教えて

もらい、さっそく作ってみます♪

色ガラスに火を当てて、ゆっくり熱を加え

柔らかくしていきます。

色ガラスは、その種類により熱を加えると

まったく別の色に変化するのですよねぇ♪

 

熱を加え柔らかくなった色ガラスを

丸く加工するための棒に巻き付け

丸く丸くなるよう、指でクルクルゆったり回します。

細く伸ばした別色のガラスを温め、くっつけ

花びらの形を作ったり、更に熱を加えて

形を流してみたり。

柔らかくなった色ガラスは熱を加えると

どんどん変化してきます。

透明感のあるガラスが美しい~♪

できあがり~な、とんぼ玉 2種類。

他に作ったものは、いったん熱を冷まして

いるので、後日できあがりを確認します。

どんな風に出来ているのか楽しみ~!

 

以外とゆったりした時間の流れを感じながら

作れるこの「とんぼ玉」

お好みの色ガラスが、熱を加えてどんな色

に変化して、別の色のガラスを加えるとどう

加工していけるか。ゆっくり楽しい時間を

過ごせます。

今後も継続して開催される予定のこの教室。

詳しくは布川カフェへ連絡してご確認ください。

十日町市地域おこし協力隊 松之山「布川カフェ」

十日町市松之山東川198-1

電話:025-596-2805

今シーズン最後!~まつだいファミリースキー場~

 明日3月29日(日)で松代ファミリースキー場は今シーズンの営業を終了します。

豪雪地まつだいは積雪もまだまだ充分なので名残惜しくも…今夜で最後のナイター営業。

日中は春を思わせる陽気でしたが、朝晩はまだ冷えます。融けて凍った今夜の雪は、ザラメ状かな?

圧雪車も出動して、ゲレンデのコンディションは上々。

ちびっこから仕事帰りの大人まで、スキーヤー・スノーボーダーが続々と集まってきています。

駐車場にも車が増えつつありました。

本日はこれから、ナイター営業終了の前に(20時半位?)、地元ジュニアの子供たちによるたいまつ滑走が行われます!

 

そして!明日29日の最終営業日は、なんとリフトが無料!お得です!

これは、滑り納めに松代ファミリースキー場に行くしかない!

皆様、お誘い合わせのうえお越しください!

2015.3.22 お勉強会~キナーレ見学~

はじめまして。
十日町きもの女王2015の
田中菜々子と申します。

これから、
十日町のこと、公務のこと、気づいたことを
徒然なるままに
書いていきたいとおもいます。

何卒よろしくお願いいたします。
3月21日22日 勉強会が行われました。

私は、22日お昼からの、

キナーレ見学について

ご紹介致します。

 

【越後妻有里山現代美術館キナーレ】
私、キナーレは2度目です。
こんなに自然豊かな場所に、
大都会顔負けのモダンな建築!
訪れた方は胸がときめくこと間違いなしのスポットです。

内装も、展示物も、
現代的で素敵なんですよ。

 

そして、
学芸員さんもレストランのみなさんもとっても親切です。

芸術のいろはもわからずきょとんとしている私に
ひとつひとつ丁寧にご説明くださいました。

ありがとうございます。
写真をご紹介(^^)!

とても、素敵です。

是非一度お越しください☆

これから、
3人仲良くがんばります!
(^^)

 

越後妻有里山現代美術館キナーレ【 http://smcak.jp/?page_id=53 】

 

まもなく清津峡渓谷トンネルがオープンいたします!

春のような陽気が続き、もうすぐ春の気候になるんだなぁと実感する今日この頃です。

ふきのとうも食卓に顔を出すようになりました。

ところが冬将軍が最後の抵抗を見せてくれ、現在十日町市中里地域は雪が舞っております。

さてさて、1月15日からお休みをいただいていた「清津峡渓谷トンネル」ですが、いよいよ4月1日より営業を再開いたします!

今降っている雪のおかげできれいな雪景色がまだ楽しめるかもしれません。

ちなみに3月24日の様子はこちら↓

雪解け水で轟々と流れる清津川も迫力満点です!

秋の紅葉期では見れない景色が広がってますよ~!

まつだい駅まつりに特急はくたか現る!

3月21日と22日の土曜日曜、まつだいふるさと会館にて、まつだい駅まつりが行われました。

 

この日に合わせて越後まつだい冬の陣の神輿合戦で優勝した「はくたか神輿」が会場に飾られました!新潟日報にも取り上げられて、ミニチュアはくたかは大人気!

お天気にも恵まれ、陽の光を浴びたはくたかが眩しいです。

子供だけでなく大人も精巧な作りのはくたかに夢中。「どうなってるんだ?」「何で出来てるんだ?」

 

毎年恒例の雪割草の展示即売会も盛況でした。

見事市長賞を受賞した雪割草。可憐な花ですが、生命力に溢れた株ですね。。。

花を見定める人たちの、真剣な眼差し。どの株が良い雪割草なのか私には見分けがつきませんが、愛好家の方曰く何か違いがあるらしいです。(そうなんだ。。。)

 

伝統工芸の実演もありました。こちらも人気です。

わら細工に…

押し花の実演。

 

ホックンの握手会ではちびっこ大興奮。「わーい、ホックンだ!かわいい!」「あくしゅ!」

 

餅つき、餅振る舞いでは老若男女問わず大盛り上がりでした。みんな大好きつきたてお餅!

駅員さんもよいしょー!

女性もよいしょー!

餅振る舞いのなが~い列。「ありがとう!」「お餅おいしい!」

 

天候にも恵まれ(あったかい、と言うより暑いくらい!)はくたかを囲み、とても楽しいお祭りでした。

 

 

そして。

大人気のミニチュアはくたか神輿は、しばらくふるさと会館内に置かれているようです。

もしかしたら、まだはくたかが見れるかも!?

晴天のスキーカーニバル!

(画像をクリックすると大きく表示されます)

3月22日(日) 松之山温泉スキー場にて

「スキーカーニバル」と同時開催の「棚田カップアルペンスキー大会」

が行われました♪

何日も前から準備しながら気にしていたのが天気予報です。

毎朝の会話は「22日は雨だって」から「雪かもよ」に変わり

最後は「晴れるかもよ~」なんて言っているうちにやって来た当日。

すごーい晴れ~~(●⌒∇⌒●) わーい

準備していた皆さんが行ってくれた毎晩の「天気祭り」のおかげ?

ぶふっ

晴天のスキーカーニバルそして棚田カップで、松之山温泉スキー場は

人でいっぱいでした♪

司会進行と共に歌で盛り上げてくれたのは、昨年に引き続き出演して

くれた「からっぱこ」の3人と、地元ゆるキャラ達♪

今年のオープニングでは地元小学校で働く桜沢さんがバルーンアート

でまず子供達の心をゲット! 食い入るようにステージ前で桜沢さん

の手元をみる子供達♪

バルーンをゲットした子は、会場内で踊りながら楽しそうでした。

そして、出店者の金太郎ラーメンさんと共にやって来た

コミックダンサーのピンQさん(ぴんくさん)パワフルな

ピンQさんのダンスパフォーマンスが素晴らしい、そして

面白い♪ 出店者の浦田青年会の一員がトロンボーンで

賑やかし。からっぱこの笑顔満載、元気な司会進行と共

に皆さんのパフォーマンスで会場が盛り上がっていきます!

今年のゲーム。最初はちびっこ限定参加の「お菓子をゲットだぜ!」

手を使わずクチで目差すお菓子をもぎ取りゴール!なのですがぁ・・・

ぶふふっ わかるわかるよ 手を使いたくなるもんねぇ。 それでも、

みんながんばってクチでお菓子を取るため必死!

それがとっても可愛いのです♪

次のゲームは「イス取りゲーム」今年は子供の部、大人の部と分けて

行います。

豪華景品が待っています。 みんな必死です(笑)

BGMを聞きながら、ノリの良いダンスを踊りながら、そして曲が止まる

ともの凄い勢いで目差すイスへ!! 笑顔満載のゲームでした。

何日も前から、そして当日も朝早くから会場作りをしてくださった

皆さん。会場へお出での皆さん。熱々美味しい料理の地元出店者

そして棚田カップで頑張った選手、役員の皆様。お疲れ様でした。

今年も楽しくスキーカーニバルが行われました。

ありがとうございました!

3月21日に新きもの女王にブログ研修行います。

こんにちは、きもの女王部会の高橋 樹男です。
実は3月21日に新きもの女王にブログ研修を行います。

ですので、それ以降は新女王の皆さんが、ブログを書き始めると思います。
最初は慣れないので、なかなか上手くいかないかもしれません。

でも次第に慣れてくると思うので、温かい目で見守ってやってください。

黄桜の丘桜まつり

 

 

十日町市も雪消えと共に、春の訪れを感じるこの頃…

4月29日(昭和の日)に開催される「黄桜の丘桜まつり」の準備が着々と進んでおります。

 

 

2月末から始まった短歌募集も続々と作品が届いておりますワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク

全て力作揃い!

十日町市長賞は誰の手に★

(;゚Д゚)シ チャッチャッチャ ヾ(゚Д゚;)チャッチャッチャッ ヾ(;゚Д゚😉シチャッチャッチャッチャッチャ

皆さま、賞品ゲットのチャンスですよ~

短歌作品募集中でございます!

皆さまのご応募、お待ちしておりますヽ(*´ω`)ノ゙ ワッチョーィ♪

 

 

今週末開催のまつだいイベント!

越後まつだい冬の陣が終わりましたが、松代はまだまだイベント盛りだくさんです!

 

3月21・22日の土日はまつだい駅まつり開催!

地元商店の出店やもちつき、ホックン握手会、雪割草の展示即売会などが行われます。

そして、まつだい駅に、冬の陣のみこし合戦で総合優勝した「はくたかみこし」を特別展示。

とても完成度が高いので、はくたかファン、ほくほく線マニアは必見です!

お問い合せは 十日町市松代支所 025-597-2220 まで。

 

もうひとつ、3月21日(土)夕方からはカフェ・ドミトリー山ノ家を中心に

「春迎え かまくら茶もっこの宴」を開催!

茶もっことは、松代地域で昔から行われていた旅人へのお茶振る舞いの習慣です。

松代のかまくらで、お茶や地酒や郷土料理などを楽しみながら、古き良き茶もっこを体験しませんか?

お問い合せは ほくほく茶もっこウォーク運営委員会山ノ家内 025-595-6770 まで。

 

どちらも今週末開催です。ぜひ十日町市松代へお出かけください。

第28回越後まつだい冬の陣、終幕。

3月14日、15日の二日間にわたって「越後まつだい冬の陣」が開催されました。

14日、土曜日。午前中は見えていた太陽が午後には隠れ始め、途中で小雨がぱらつく場面もありましたが、雨や雪の本降りに見舞われることはなく比較的穏やかな天候でした。

城下町の食い倒れ横丁の賑わいの中、元気よくよさこい雪上演舞の披露開始。

演舞の途中で小さなかわいい乱入者現る。笑

彼はこの後、アニメ「妖怪ウォッチ」のテーマ曲よさこいバージョンをご機嫌に踊り切りました。城下町の人々もほんわかして見守りました。

 

夕刻になり、松代幕府出陣式では犬伏、蒲生、蓬平など松代地域それぞれの城主、援軍の世田谷や八王子の城主を従え、

法螺貝の音とともに第27代城主田崎友康公(…の影武者。ご自身は他国へ合戦遠征中、明日ののっとれ!松代城には出場します!とのこと。)が軍配返還のため籠に乗って入場。

殿、一年間お疲れ様でした!明日の雪上合戦でのご活躍を期待しております!

明日の合戦に名乗りを上げた戦士たちの無事と健闘を祈り、冬将軍に打ち勝つために、皆で気合を入れます!

必ずや冬将軍から松代城を奪い返し、春を呼びこむぞー!オォーーー!!!!!

 

夜になり、賽の神行事のひとつぼんぼ様に松代小学校の6年生が松明を持って点火。辺りは幻想的な灯りに照らされました。

雪上みこし活き!生き!合戦では、松苧太鼓の演奏に合わせて大きな丸太の山ぞり神輿やマジンガーZの頭部でできたマジンガー神輿が会場内を練り歩き。

中でも、場内が一番湧き上がったのは、前日の13日にラストランを迎えた特急はくたかをかたどった行けイケみこしチームの「はくたかみこし」でした。

ご覧ください、このクオリティー!はくたかのミニチュア模型かと思いました!

あまりの完成度の高さに、明るいうちに待機していたお神輿を激写してしまったほどです!

写真では確認しにくいですが、何気に担ぎ手の方も北越急行さんの制服コスプレをされていました。笑。細部まで手を抜かない徹底ぶりに脱帽です。

もちろん、雪上みこし合戦の総合優勝は行けイケみこしチームの「はくたかみこし」でした。納得です。

この見事な「はくたかみこし」、製作者のご厚意で3月21日、22日のまつだい駅まつりにも展示されることになりました!

まだご覧になられていない方、ぜひ駅まつりに足を運んでみてください。近くで見てもびっくりする出来栄えです。

 

15日、日曜日。眩しいくらいの快晴です!冬の陣のメインイベント、「のっとれ!松代城」スタートに向けて、全国各地から約500名の兵が松代城下に集結しました!

戦士用のヘルメットとゼッケンが並んでいる様子は壮観。

いよいよ戦士入場!…手前を闊歩するのは、かの有名な暗黒卿ダース・ベイダー…?モンスターハンターの勇者も居るようです。歌舞伎者の皆さんも、毎年コスチュームの完成度がすごいですね。

選手宣誓。実は、のっとれ!松代城では、毎年申込(入金まで含んだ処理)の順番が一番の方に宣誓をお願いしているのです。

今年見事にその権利を獲得したのは、新潟市の男性と一緒にエントリーした鹿児島は屋久島(!)から参加した男性1番2番のお二方でした。

過去、海外からの参加戦士は居たそうですが、国内では最遠方の参加になります。会場内からは屋久島からはせ参じたという宣誓に『おぉっ!』と感嘆の声が。遠路はるばるの援軍、ありがとうございます!

そして、本日も小さなかわいい子が会場を和ませます。赤ちゃんをおぶっての宣誓ですが…さすがにおんぶしたまま走ることは無いですよね?と少々心配になりました。(この後、無事お父さんだけが走っているのを確認。ホッ。)

歌舞伎者紹介では、なんと、先ほどのベイダー卿一味にステージをのっとられる(?)ハプニングも。

うわー!やられたー!(写真撮影中、水鉄砲攻撃をくらってしまいました!冷たい!)

 

花火とともに、いざ、出陣!ドーン!

戦士たちは雪原を飛び出し、数々の難関を越えて山の上の松代城を目指します。

先頭集団は信じられない速さで難関を突破し、あっという間に城下町から山の方へ。

難関に四苦八苦する後続の戦士たちには、会場内からは『がんばれー!』『一緒に助けあってー!』の声援。

3キロほどのコースとはいえ、とても厳しいレースだな…とスタッフとして見ているだけでげっそりする私。戦士の皆さん、そのチャレンジ精神に乾杯です。尊敬。

20分ほどで松代城一番乗りの猛者到着を知らせる花火が山頂から鳴り響きました。今年の松代城主は、果たして…?

戦士軍団が入場を果たすまでは、しばし出陣歌謡祭の宴を楽しみました。今年のゲストは新潟出身の演歌歌手・葉月みなみさんとアニメソングの帝王・水木一郎さん。素敵なステージでした。

 

午後2時半を回り、いよいよ新城主凱旋です!

第28代松代城主、籠に乗って入場。表彰式が始まりました。

総合優勝、第28代松代城主は地元十日町市の村山亮公。

家老(2位)には先代城主の新潟市から馳せ参じた田崎友康公。あっ、家老、かわいらしい赤ちゃんを抱いて登壇していますね。(今回の冬の陣は、ちびっこ登場率が高いなあ。)

 

大歌舞伎者はダース・ベイダーご一行様が射止めていました。

表彰式でもこのパフォーマンス。お見事です。(でも冷たいから、水鉄砲で狙うのは勘弁!笑)

 

以下、第28回のっとれ!松代城の結果はこちらです。

年齢層を見ると、上位入賞者は若者とは限らず、むしろ30代40代の熟練した技を持った走者に勝機があるようです。城主と家老は最早のっとれ!の優勝争いの常連戦士ですね。(田崎さんは第27・25代城主、村山さんは第23・24・18代城主なのです!すごい!)

女性上位者もやはり常連戦士の体得した技が成せる技、なのでしょうか。荒井佳子姫も、女侍大将連覇記録更新中。

若者たちー!もっと頑張って新興勢力になろうよ!松代城、のっとろうぜー!!!!

 

そしてお楽しみ、運力の部の抽選では最後の最後にとんでもないミラクルが起こりました。

酒責めの刑、水責めの刑、まつだい芝峠温泉雲海への宿泊・釜茹での刑など、当たって嬉しい刑罰の抽選会。

皆が狙っていたであろう5人枠、ハワイ遠島の刑の5人目に、なんと松代城主村山亮公が当選したのです!!!!!

『ええーーーっ!!!!!』←会場どよめきの渦

こんなことってあるのでしょうか!?殿!米一石共々、おめでとうございます…!

(写真一番右の甲冑にレイをしているのが城主のお姿)(さすがにちょっとびっくりされているようです。笑)

優勝して見事松代城主になり、米一石、それに加えてハワイ遠島の刑まで手にしてしまうとは。

最早何かを持っているとしか思えない、幸運な今年の城主様でありました。

3/14 雪原がキャンドルの灯りに包まれました。

3月14日土曜日に「第27回雪原カーニバルなかさと~団結」が開催されました!

当日は朝から夕方にかけて徐々に天気が下り坂でしたが、キャンドルが点灯される頃には雪がちらちらと降るだけになっており、大雪だった昨年度のリベンジを無事果たすことができました!

さてさて、雪原カーニバルで点灯されるキャンドルは、作成から設置・点火までどなたでも参加できるイベントです!

上の写真はカップ設置の様子。広大なゲレンデにお客様と地元の人が力を合わせてカップを設置していきます。

ずら~っと並ぶカップ。

いよいよ点火です。

ゲレンデ一面に設置されたカップに次々と灯りが灯ります。

ちなみにカップはこのようになっております。

あっという間にゲレンデは別世界になっておりました。

個人的には麓より傾斜の上からの景色がおすすめです。

パノラマ写真を撮ってみました!画像をクリックすると大きくなります。

点火後まもなく、地元スキークラブによるたいまつ滑降が披露されます。

ゲレンデの灯りの間をゆらゆらと煌めくたいまつと花火が何とも言えない美しさを見せてくれます。

 

さてさて、今回は初の試みである「一坪雪あかりコンテスト」を開催いたしました。

名前通り、一坪の敷地内に雪の灯籠を作り、その素晴らしさを競う物であります。

創意工夫がされた作品が並ぶ中、見事優秀賞に輝いたのはこちらの作品です!

チーム名:みっつぉんしょ

作品名:縄文の灯(じょうもんのともしび)

です!

国宝・縄文土器の雪像で、なんと模様までしっかり彫られています。

灯りも炎を表すように丁寧に作りこまれてありました。

この他にも様々な催し物がありました!

郷土料理等の温かい食事が並ぶ「食ののれん街」

餅つき。この後その餅は副まきとして配られました。

殆ど夜の画像ですが、日中には全長約100mのスノーチュービングや、手作り風船を飛ばす夢風船など、一日中楽しめるイベントでした!

来年度も幻想的な景色が広がる事でしょう。

ぜひお越しください。

 

さよなら!特急「はくたか」

1997年、北越急行ほくほく線の開業とともに運行が開始された特急はくたか。

越後湯沢~金沢・和倉温泉を結び、上越新幹線との接続の良さから、首都圏と北陸を連絡する列車として活躍しました。

明日3月14日からの北陸新幹線開業に伴い、この在来線特急は本日13日をもって廃止となります。

最後の雄姿を見送りたい!!という思いと、今までありがとう!!という感謝をこめて、このラストランをお見送りしました。

市民の皆さまのみならず、遠方から来られてお見送りされる方も多くいらっしゃいました。

 

『日本一の雄姿が地域の自慢 今日でお別れ 18年間ありがとう!』

このメッセージが入った黄色いハンカチをホームで振って、はくたかを見送ります。

 

 

まずは、9時42分着(金沢行)のはくたか4号。

西保育園の園児たちによるかわいいお見送りです。

(この便は手旗でお見送り)

ちびっ子の後ろにそっと立つ「ほっくん」。(北越急行さんのイメージキャラクターです)

あっ見つかっちゃった(^.^)

ここでちびっ子のテンションが1回あがります↑

 

そうこうしていると、到着のアナウンスが。

一斉にカメラを向ける皆さん。

はくたかキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

(・・・到着の瞬間は撮り逃してしまいました<(_ _)>)

乗車のお客様も、ちびっ子たちの歓迎に思わず笑顔。

そのまま徐行で通過をします。このはくたかは赤いあたま。

雪の中で映えるんですよね~。

 

 

そして、11時10分頃通過(和倉温泉行)のはくたか6号を待ちます。

駅にはぞくぞくとお見送りのお客様。

北越急行の渡邉社長からお客様へ、ご挨拶と感謝のお言葉。

 

はくたかがホームへ入ります。一斉に振られる黄色いハンカチ。

この車両は、JR市西日本所有のグレーのあたま。

 

 

次は11時29分着(越後湯沢行)のはくたか7号です。

この便は十日町駅に停車します。

ホームに入ってきました!!

1分間の停車の後、また徐行しながらホームを後にしました。

 

少し寂しくも(/_;) でもどこか清々しい(^.^)

去ってゆくはくたかを見送る皆さんの表情はそんな感じでした。

3月半ばとは言えまだまだ真冬並みの寒い中、本当にありがとうございました!!

 

 

徐々に景色がひらけて日本海が広がる金沢方面、トンネルを抜けると緑豊かな山々が迫る越後湯沢方面。

初めて乗る人、通勤でいつも使う人、旅行、出張、帰省など、人ぞれぞれのいろんなシーンで活躍してきた特急はくたかは、さまざまな思いを乗せて18年間の運行を終えます。

 

本日21時50分頃通過(金沢行)のはくたか26号は、ほんとにほんとのラストランです。

十日町駅では、手旗によるお見送りと、いらしたお客様への振る舞いをいたします。

特急はくたかの最後の雄姿を、ぜひお見送りしてください!(^_^)/~

越後まつだい冬の陣、開催迫る!

雪も落ち着いて来たと思ったら、降ったりやんだり、ここ最近はまた冬将軍が勢力を振るっているようです。

松代城下に春を呼ぶイベント、「越後まつだい冬の陣」はいよいよ明日3月14日から!

まつだい地域の町内では、

高校入口

会場入口の松代高校前交差点にも

松代町内

町内の各お宅前にも、「冬の陣」「のっとれ!松代城」ののぼり旗を掲げて地域ぐるみで気合十分です!

 

晴れ間を見て会場の様子を確認してきました。

重機を使って雪山をつくったり、テントを張ったり。

圧雪機で足場を慣らして整地しています。おや、奥に小さく見えるのは。。。

出陣歌謡祭などが行われる雪上ステージと、のっとれ!松代城の関門のひとつ「騎馬止め破り」の網ですね。この他にもたくさんの難関が着々とつくられていました。

どんな出来栄えかは、当日会場でお確かめください。なかなか、一筋縄ではいかないようです。苦笑

 

コースの様子を見ようと試みましたが、あまりの悪路により松代城に近づくことを断念。

山の下の、城盗り橋は昨日3月12日はこんな様子でした。

こんなところを約500名もの選手が駆け上がります。(大変!)今年は雪量もたっぷりなので、かなり過酷なレースになるのではないかと思います。

出場選手の皆さん、万全の体調で安全第一に臨んでくださいね!

 

3月14日(土)、15日(日)と松代総合体育館グラウンドの会場でお待ちしております!

3月12日棚田情報

3月12日棚田情報

午後4時。雪のち晴れ。積雪294cm(松代支所)

 

ようやく暖かくなりはじめ、春はもうすぐ、と思っていた矢先に寒波が訪れ冬に逆戻り。

ここ数日の寒波の影響で、アスファルトが見えていた道路もまた雪道になりました。

まだまだ、チェーン、スタッドレスタイヤにスコップなど雪国用の車の装備は外せません。

 

3月に入って棚田の様子のお問い合わせが増えてきましたが、

R253に一番近い「松代の棚田」(まつだい棚田マップ④番)もすっぽり雪を被っています。20150312松代の棚田

農舞台からの眺め。

棚田をモチーフにした大地の芸術祭の有名な作品、カバコフ夫妻の「棚田」も冬期はお休み。。。

 

渋海川対岸に渡る橋もこの通り。

20150312松代の棚田・雪道

雪により進入は困難な状態です。

 

市街地に一番近い棚田の様子ですが、今年は例年に比べ雪が多いようです。

集落から距離のある星峠や蒲生の棚田はこれ以上の雪の量だとご承知おきください。

雪山に入る際は、車の装備の他に長靴やかんじき、スノーシューなどの準備が必要です。

 

3/14 雪原カーニバルなかさとが開催されます!

約二万本のキャンドルが会場を灯す冬のイベント「第27回雪原カーニバルなかさと~団結~」が今週末の3月14日に開催されます!

↑公式HPはこちらをクリック

今年も幻想的な世界が広がりますよ~!

 

開催間近という事で、現在中里清津スキー場の旧レストハウス付近では会場作成が行われております。

「食ののれん街」エリア周辺を整地するショベルカー。

ショベルカー2台とブルトーザー1台がモクモクと整地をしています。

このゲレンデ一面にキャンドルが設置されるんですよ~!

キャンドルは作成から設置、点火まで誰でも参加できますのでぜひぜひご参加ください。

 

なお同日はスキー場も営業しておりますので、スキーをしながら屋台でご飯を食べ、またスキーをして夜はキャンドルと花火を楽しむ といった具合に一日中楽しめますよ。

今週は雪の予報になっておりますので雪質にも期待ができます。

ぜひいらしてくださいね。

スキーカーニバル

毎年恒例の松之山温泉スキー場ご利用感謝祭

第32回 スキーカーニバル が開催されます。

3月22日(日) 午前11時~午後3時まで

イベント詳細はこちらをクリック↑

松之山温泉スキー場内 ちびっこ広場が会場です。

同日、スキー場内では こちらも毎年恒例の

棚田カップが行われる予定です。

※出場者募集中です!

さて、今年のミニゲームは

参加対象:小学生以下 の『お菓子をゲットだぜ!』

吊るしてあるお目当てのお菓子を手を使わずにもぎ取り

あとはゴールを目指してダッシュです。

その後行われるのが、今年もやります

『50人イス取りゲーム』

今年は 子どもの部・大人の部 と2グループに分かれて

行われます。

聴こえてくるBGMの音に惑わされず、音楽が止まったら

イスまでダッシュ! 座れるかなぁ~♪

今年の福まきは、2回行われます。

そして、どのゲームもお楽しみな景品でいっぱい。

今回から、ゲーム開始直前に参加募集をしますので、プログラムを

ご覧いただきゲーム参加時間に遅れませんように~!

司会と歌で賑やかしてくれるのは、今年も参加「からっぱこ」の

3人組と地元ゆるキャラ隊です。

その他にも、バルーンアートやちんどん屋さんもやってきて

大騒ぎ~♪

地元有志が出店する熱々で美味しい料理も楽しめますよ。

3月22日は、松之山温泉スキー場へ来てくださいね♪

無題ドキュメント