アーカイブ

HOME > 2012年 > 1月

冬の十日町=雪と格闘!

ニュースなどでご存知の方も多いかと思いますが、ここ数日、十日町市は大雪警報が発令されております。

テレビに映し出されるすんごい量の雪に、かなり引いてる方もいると見た。

一晩で40~50cm積もったりするのが日常になっている、この非日常さ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

朝起きて家の除雪、そして出勤して除雪。

雪って、重いんです。

今日も市街地のアーケードには、雪がもっさり積もっております。

で、今朝(8:30頃)の分庁舎。アーケードの屋根上です。

スノーダンプ(スコップでは間に合わないのでこうゆう道具を使います)を使っての作業。

きれいになりました!

こちらは分庁舎正面玄関。

市街地には、道路脇に「流雪溝」という雪を流す水路が通っています。

除雪時には蓋をあけ、そこへ雪を投入。

十日町のような豪雪地では、道路に「消雪パイプ」というものが通っており、常に雪を解かすよう水が流れているのですが、今年の大雪では間に合わず道路真っ白…。

まっ、今に始まった事ではないので(・へ・) 今日もこれからお仕事に励みます。

そんな雪にも負けず、十日町ではこれから大型冬イベントがぞくぞく控えていますよ~。

●2月17~19日 第63回十日町雪まつり

●3月10日 雪原カーニバルなかさと2012

●3月10~11日 第25回越後まつだい冬の陣

雪が降ってこその冬イベント、雪国の方もそうでない方もぜひお越しください!

※防水の効いた靴(長靴など)と防寒着でご参加ください。カイロや濡れた際の着替えなどもあるといいですよ。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2012年1月31日

松之山温泉の夕食に「温故知新」メニュー登場!

これまで松之山温泉合同会社まんまでは、「棚田鍋」と季節ごとの朝ごはん「まんまの朝まんま」を開発し、加盟旅館にてお客様へ提供してきました。 (過去記事

朝ごはんは旅館でとる最後の食事、今回開発されたのは、旅館に着いて始めて口にする食事、夕食の「前菜」がテーマとのこと!

ご案内を頂きさっそく試食発表会へ行ってきました♪

 

地元新聞各社、TV局の方々もみえられ注目の高さが伺えます。

まんまの代表柳さんより、今回の取り組みを説明頂きました。

これまでの取り組みから共通していることは、地元で古くから食べられている郷土料理をベースにしていること、これを食材や調味料を現代風にアレンジ。

お客様に松之山を食べることからも楽しんでもらいたいとの思いが込められています。

名称はその名も“まんまの前菜「温故知新」”

左下から【湯治豚】。ネーミングがおもしろいですが、これは味付けし真空パックにした妻有ポークを松之山温泉に湯治させたもの(^^) 身が柔らかく旨みが凝縮されててうまうま(*^^)v

65~70℃の源泉に浸けるので低温調理となり、なおかつ、電気やガスなどのエネルギーを使わないため自然環境にやさしい料理です。

右下は【醗酵豆冨】。地元産の豆腐をオリジナル味噌「まんまの味」でからめ、長期熟成させた発酵食品。まったりとチーズみたいな触感で、これは日本酒のアテにぴったり(^_^;)

左上のまんまる団子は、この辺の住民にはお馴染の【あんぼ】です。中身は大根菜でした。

通常サイズのあんぼは一個たべるとおなかいっぱいになるので、一口サイズは重たくなく見た目もかわいいです。

右上は【菜々煮(さいさいに)】。なんと地元産雪下にんじんを雪下にんじんジュースで煮たもの!これは季節ごとに野菜が変わるそうで、にんじんは冬期間限定です。

野菜本来の旨みが濃厚に味わえ、じんわりと沁み渡ります。

 

この4品に限らず今後、季節に応じてさらに開発されるとのこと。そのうち3品からお出ししていくそうです。

そして気になる提供開始時期は3月1日から!合同会社まんま加盟旅館にてお召し上がりいただけます。

この春は、松之山温泉へのご旅行を計画されてみてはいかがでしょう

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2012年1月23日

2012松之山温泉すみ塗り編

薬師堂を降り、すみ塗り広場へ移動すると8mものさいの神がお出ましです。

主催の温泉組合長のあいさつ、神主さんによる無病息災・家業繁盛の祈願、三本締め、お神酒、宝みかんと進行します。

今年の宝みかんもアグレッシブでした。。ビュンビュンと飛んでくる、当たると相当痛いです(^_^;)

このみかん、「宝」と書かれたものを拾うと福袋と交換です。

そして火入れ式。新婚さんたちによってさいの神に火が放たれます。

燃え盛る炎、鳴り響く爆竹、炎が周り、くくっていた縄がはじけ万歳三唱。

さいの神の火が下火になって、温泉組合長の合図の下、いよいよすみ塗りが始まります!

 

 

今日ばかりは無礼講、塗り塗られおまわりさんも真っ黒。塗られるほどにご利益あらたかと言われ、私も派手に塗っていただきました(*^^)v 今年も無病息災・家業繁盛間違いなしです!

参加された皆様、大変お疲れさまでした。来年も大勢の方のご来場をお待ちしております(^^)

 

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2012年1月15日

2012松之山温泉むこ投げ編

今年のむこ投げすみ塗りも楽しくにこやかに、無事執り行われました(^^)

午前中は青空が広がるとてもいい天気でこれはいい塩梅だと思っていたのですが・・・祭りが始まる頃には一転、雪が降り出し・・・なんとも豪雪地・松之山らしい降りっぷりの中での開催となりました(^_^;)

今年の主役3組。湯守処「地炉」にてお祝いの一杯を酌み交わします。

地炉の外では温泉街のおかみさんたちによる甘酒となめこ汁の振る舞い。熱々で手作りの優しい味わいが体を内側から温めてくれました。

ほどよく飲んで(笑)さあ、いよいよ出発です!

投げられる薬師堂までは急な雪道、観客を押し分け登っていきます。

一人目、松之山温泉凌雲閣の島田 怜さんです。

「いーちにーの、さ~ん!!」で一気に放り投げられました!

二人目は、玉城屋旅館の娘さんと結婚された栗田 茂人さん。婿なげの由来通りの、集落(ムラ)の娘を嫁にもらった方です(^v^)

そして最後は一般公募で選ばれた幸運なカップルのお婿さん、笹崎 敏樹さんです。

投げられた瞬間、大きな歓声とともにお嫁さんの元へと雪の中を転がり落ちていきました。

3組の方の末永い幸せを祈り、むこ投げは終了。すみ塗り編へ続きます。

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2012年1月15日

小正月行事 「さいの神」

十日町市の小正月行事といえば、「むこ投げすみ塗り」「バイトウ」のような“越後の奇祭”系とともに、「鳥追い」や「ほんやらどう」、「さいの神」のように全国的に行われている行事も行われます。

で、今日は「さいの神」ご紹介。

1月15日のお昼より、十日町高校のグラウンドで行われました。

まずは諏訪神社の宮司さんによるお祓いから。ちなみに十日町の諏訪神社の宮司さんは女性なのです。

そして町内会や青年会による玉串奉天。

ファイヤ~。

この後、お正月のしめ縄飾りや舞踊協会の扇子、ダルマなどが火の中に入れられました。

さいの神といえば最後はスルメ。 くコ:彡

さっそく無病息災・家内安全を祈りつつ焼きまくります。

結構近づけて焼かないと焼けないんですよね~(^_^;)

近すぎると焦げるし…。

今日はお天気に恵まれた日でした。

親子連れなど約300人が集まり、お神酒や甘酒をいただいたりスルメを焼いたりと、なんとも小正月らしい風景。

こういった地域の伝統行事って、なんだかほのぼのします。

子供のころに参加したとき、炎が立ち上る様子や村の人の賑わい、甘酒やスルメのお楽しみ(←子供なのでご利益とかあんまり考えてない)が、子供心にとても楽しみだったことを思い出します。

皆さまに福がやってきますように~

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2012年1月15日

あさって15日は松之山温泉で「むこ投げすみ塗り」

いよいよ今週末日曜、むこ投げすみ塗りが松之山温泉薬師堂にて行われます。

(去年のむこ投げ写真)

今年は3人の方が投げられます!

地元からは二組、松之山温泉「凌雲閣」専務の島田 怜さん・志乃さんご夫妻、

「玉城屋旅館」の娘さん夫妻の、栗田 茂人さん・加奈さん、

一般公募では、静岡県出身で県内新発田市在住の笹崎 敏樹さん・優子さんご夫妻です。

タイムスケジュールは以下の通り。

13:00 玉城屋旅館担ぎだし

14:00 湯守処「地炉」出発

14:30 むこ投げ

15:00 すみ塗り

※時間は概ねの予定です。

前日14日は、前夜祭で「かまくらナイト」が夜7時から湯守処「地炉」隣の“かまくら”にて行われます。

こちらもご都合つく方は是非♪

(着々と準備が進み忙しい様子の温泉街)

あさっては主役のお三方が記念に残るような素晴らしいお祭りになるよう、新婚さんを祝福し、各々が自らの無病息災・家業繁栄も願いつつ一緒に盛り上がりましょう!

大勢のご来場をお待ちしております。

【お客様にお願い】

●駐車場は、温泉街入り口の温泉駐車場をご利用ください。

温泉街の路上駐車は禁止です。

●会場にはトイレがございません。温泉駐車場の公衆トイレをご利用ください。

●カメラマンの方、場所取りはご遠慮ください。

取っていただいても、たいがいは移動していただくことになります。

 

map_link_img地図へのリンクはこちら

とんとろ丼~♪

ほくほく線まつだい駅近くの農舞台内にある越後まつだいの里山食堂で、昨日から新メニューの「とんとろ丼」がお目見えしたということで、お昼時にちょっと行ってきました!

上が白米バージョン、下が玄米バージョンです。

こちらの丼は、十日町市と友好交流都市である東京・世田谷区のそれぞれの特産物である妻有ポークと大蔵大根を活用しての共同開発メニューだそうです。

お肉はとぉ~っても柔らかく、煮汁の味がしみた大根も絶品でした

付け合せのお野菜も青物独特の臭みのようなものがなく、とってもおしゃれ味

あまりにも美味しくて言葉が出ない・・・状態になりましたので、こんな簡単なコメントで許してください。

平日でも沢山のお客様で、にぎわっている里山食堂。

こんな静かな風景を眺めながらのランチはいかがでしょうか?

「とんとろ丼」は平日(水曜定休)のランチ限定メニューで1,000円で食べられます。

売り切れちゃうこともあるそうなので、早めにお出かけくださいね。

今回もギリギリセーフでした。

皆さまも越後まつだい里山食堂へぜひお出かけください

繭玉飾り 

お正月が終わったと思ったら、もう小正月です。

毎年恒例の繭玉飾りが、今年も十日町駅西口に飾られました!!

今年の繭玉飾りの木は、大きいです! 

じゃーん 

 

いまいちわかりづらいですかね‥‥‥

 

色々なオメデタイ物が飾られていますよ~。

鯛とか米俵とか・・・・

おかめさんに宝船・・・・・そして華やかな☆釣りせんべい☆

とってもきれいです(●^o^●) 駅構内が華やかになっております。

枝の先に付いているのは、色とりどりのお団子。

 

これがまた、かわいい(^u^)です。

この繭玉飾り、かつては小正月の豊作祈願の一つとして、各家庭に飾られていました。

ヤナギやミズキの枝に米の粉で作った団子をさし、さらに縁起が良いとされるモチーフ(鯛や小判、米俵など)を飾りつけます。

養蚕が盛んであった十日町では「繭玉」として飾りますが、地域によっては「餅花」とも呼ばれているそうです。

雪まつりまで、ほくほく線十日町駅でご覧いただけます

 

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2012年1月12日

本日10日は節季市&とおか市

あけましておめでとうございます<(_ _)>本年もよろしくお願い致します。

明けてすでに10日経過しておりますが…

さて新年初のブログは「節季市」でございます。

毎年1月10・15・20・25日に開催されるこの節季市、『チンコロ』 という縁起物が買えるということで、朝から商店街は賑わっております。

9:30現在こんな感じ。 ↓

チンコロは午前中には売る切れるほどの人気商品。

でも早く出向いたおかげで、色とりどりの可愛らしいチンコロにたくさん出会えましたよ~。

チンコロの定番である子犬の隣に今年の干支・辰を発見。

水色のキュートな辰ヽ(^。^)ノ

そして本日10日は、こちらもすでにお馴染みとなった「とおか市」

商店街にもっと賑わいを!ということで、毎月10日に開催されています。

毎回趣向をこらしたイベントを行っている「とおか市」、今回は1月10日=110番の日ってことで、『110番フェア』。

早速子供たちに囲まれ&触られるトッキッキ。

正面トッキッキ。

この後、十日町警察署の方々による寸劇を拝見させて頂きました。

まず最初は、「110番の日」にちなんだお話。

次はクラリネット演奏。

優しくて柔らかなクラリネットが奏でる「崖の上のポニョ」・「アンパンマンのマーチ」・「となりのトトロ」に思わず手拍子。

オレオレ詐欺や不審者への注意を促す寸劇。すべて警察官の方々が演じています。

 ↓ オレオレ詐欺にご注意!!の様子。

あらかじめご家族で合言葉を決めておいて、怪しい電話を撃退しましょう(・へ・)

↓ 小学生に不審者接近中!!

怪しい人の車には絶対乗っちゃダメですよ~(>_<)

いずれも何かあったときは迷わず警察署へ報告を!

ありがとうございました!(^・^)

ここで警察官トリビアを1つ。

警察官の制帽には2種類あるそうです。上の写真で見えるかな~?

縁のある角ばったタイプと、頭にフィットした感じのタイプ。

・角ばった方⇒式典等に出席するときに被る

・フィットした方⇒パトロール等の時に被る(活動帽と呼ばれる)

明日会社で自慢してください。

そんなこんなで本日ゲットいたしましたチンコロ、十日町本町分庁舎2Fの観光協会窓口にしばし飾っておきます。

米俵を持つのはネズミ、鯛には犬、そして手前は縁起物・だるまさん。

今年2012年が良い年となりますように!

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2012年1月10日

無題ドキュメント