アーカイブ

HOME > 2011年 > 2月

雪の里山で雪を楽しむ「雪アートプロジェクト2011」

ここ数日、良いお天気が続いています。真っ白い雪と真っ青な青空。

冬は基本的に曇りor雪が降っているのが雪国・十日町。

なので、こんな好天の日は外へ出て太陽を満喫!

そんな週末26日・27日にかけて、 『雪アートプロジェクト2011』 が開催されました。

場所はまつだい農舞台と、その後ろの城山近辺。

入ってすぐ目を惹いた、雪アート・新潟ユニットによる炎を模したオブジェ。

雪の上でめちゃめちゃ燃えてます。

小沢剛さんによる、かまぼこ型倉庫の形の凧。下にくっついている黄色いのは地球とのこと。

なんでかまぼこ型倉庫?というと、2003年の大地の芸術祭で「かまぼこ型倉庫プロジェクト」という作品で参加された作家さんなのです。

城山へ続く道を上がっていきます。

その途中から見える、こちらも雪アート・新潟ユニットによる雪原に描かれた作品。

開発好明さんの「雪温泉」。

冷たい雪を溶かして沸かして、あったかいお風呂に。意外と熱め。

ただ今開発さんご本人が入浴中。

足湯もあります。私も足湯体験させてもらいました。これが結構あったまる!

さらに上へ行くと鳥たちがいっぱい。木村崇人さんの「冬の風見鳥」です。

妙にリアルです。でもちょっとかわいい。

道の途中には、かまくらに植物を活けたようなこんな作品も。

27日には、農舞台館内の作品「黒板の教室」にて、先ほどの小沢剛さんと現代美術作家の島袋道浩さんによるトーク 『冬のかまぼこ 小沢剛、島袋道浩-雪の中で話す。』 が開催されました。

会場にお2人の姿はなく、「ここだよ~」とマイクからの声のみが響く教室…。

あっ、あれはもしや。

寄ってみます。

左が小沢さん、右が島袋さん。

こんな登場の仕方ありか!と思った瞬間。

この後お2人とも教室に戻り、今までのご自身の作品の紹介や製作プロセス、海外で活動される機会が多いお2人ならではのエピソード、などなど興味深いお話ばかりであっと言う間の2時間弱でした。

雪を使っての様々な作品を、思いっきり体感できた2日間でした。

そして十日町での冬イベントはまだまだあります!

3月5~6日 第25回 かわにし雪まつり

3月12日 雪原カーニバルなかさと2011

3月12~13日 第24回 越後まつだい冬の陣

3月20日 松之山温泉スキー場 スキーカーニバル

3月26~27日 にいがた十日町 こめ米道楽まつり

春直前、でもまだまだ雪が残る十日町では冬イベントが満載です!

ぜひ足をのばしてお出かけください!

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2011年2月26日

「雪まつりのもう一つの華やかなステージ “ミスコンテスト”」

uid000006_2011031109332040390672

雪まつりのフィナーレを飾るのが市の親善大使を選ぶ「ミスコンテスト」です。そのコンテストを裏方で支える部会員にスポットをあててご紹介します。
62回目の雪まつりの中で「ミスコンテスト」は今年30回目という節目の年。1次予選を経て、本選出場者も例年より14人増の30人とし、未だ汗する時期から部会員の活動は始まりました。

部会員は18人の市民ボランティアと事務局(市職員)5人の総勢23人、当日には助っ人として市職員4~5人が加わります。

会場、ステージ、出場者、審査員担当とに分かれて宮沢部会長の下、前日もカーニバルの花火の音を聞きながら夜遅く迄、リハーサル準備です。

審査員の先生方14名、観客席の一般審査員100名に加えて記念大会と言うことで、歴代のミス27名も特別審査員として参加、計141名の厳しい目の中、30代ミス3名が選ばれました。

uid000006_201103110945081d966728

uid000006_201103110945342e1ce279

 会場もアトラクションゲストと合わせ、4部屋、控え室4部屋、当日は会場となったクロス10、1階から4階まで部会員も忙しく動き回りました。

当日、ステージ進行のチーフを務められた若いながらも最古参の小野塚稚晶さんのコメントです。
「部会員となって10年目、このコンテストにかかわる切っ掛けは、コンテスト中盤にあるアトラクションで “渋谷109系ファッションブランドのショー” にモデルとして参加したことです。翌年、誘いを受け右も左も分からないまま出場者担当として着付けのサポートもしました。
3年目からステージにかかわり、5年目から専任となりました。ステージ進行では舞台や出場者の動き、ライト、BGM、会場、全てのシナリオがマッチし、1分1秒刻みで進行させなければいけません。
そんな中で部会員として思うことは、出場者の方々をはじめ、見に来て頂いた大勢の皆様に喜んで頂き、“今年もやって良かった” と思えるように皆で盛り上げて行く事だと思っています。
今年のミスコンテストは例年以上に大勢の来場があり大盛況となりました事を深く感謝いたします。 ***ありがとうございました。」

uid000006_20110311095503572b31d5

***小野塚さんは前列左から2番目

(十日町観光ガイドの会 関田 )

「第62回十日町雪まつり ひろば巡りバス・ガイド体験から」

去る2月18(金)、19(土)、20(日)の3日間、「白い愛の祭典 第62回十日町雪まつり」が開催されました。
盛り沢山のプランの中に「市街地巡回バス」と「ひろば巡りバス」が来客者のサービスのために巡行され、「ひろば巡りバス」の巡行回数は全部で15便<昨年より1台増>、30分間隔、1巡2時間5分、約50kmコース。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

観光ガイドの会では今年も「ひろば巡りバス」に乗って来客者にガイドサービスをいたしました。
バスに乗ってまずは「第62回十日町雪まつりにおいでいただき、心からご歓迎申し上げます…」と歓迎のご挨拶を申し上げ、次いで、雪まつりのこと、十日町の名所、大地の芸術祭の様子、火焔国宝、信濃川の不正取水、民謡の発祥地、女子レスの桜花道場、ご自慢、トピックス、おいしいコシヒカリ、おそば、地酒、お土産などをご紹介しておもてなしをしました。

雪は豊富で、雪を友達として素晴らしいひろばや芸術センスあふれる雪像が出来上がり、お天気にも恵まれ人出も例年になく多く上々、バスの利用者もコミュニティひろば、つまりひろばでは乗り切れないほど超満席であった。
バスの中ではこちらから話しかけるだけでなく、来客者の声、印象も伺うように気配りした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 来客者は、「パンフをもらってもどう廻ったらいいかさっぱりわからん、だからこのバスはいい。雪が見たくて来たので雪の多さにびっくりした。こんなに全域にひろばがあると思わなかった。雪像がすばらしい。水沢の市長賞のところは是非臨時停車してほしい。今晩のカーニバルが見たくて来たのだ。カーニバルは良かった。雪花火は最高、こんな花火初めて見た。200円の乗り放題が気に入った。沿道に沢山の福ゆきだるまが見られるともっと盛り上がりを感じられる。無料サービスは心にぐっとくる。雪景色の写真を撮りたい。雪を楽しんでいる姿がわかった。今晩はベルナティオに泊まるんだ。もう少し待ち時間のないように。etc.…」であった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 そしてさらに、雪国のくらしを写真で紹介したり、クイズをだしたり、下手な十日町小唄を歌ったり、バスの中はとてもいい雰囲気に包まれ楽しい雪まつり交流になったのではないか…。
遠来からお金と時間を費やしてお出で下さり、率直に感想を教えてくださったり、またお帰りになられてリピーターになってくださったり、もうひたすら感謝、感謝の念で一杯である。

バスを降りられる時、「雪まつりを心ゆくまで楽しんでくださり本当にありがとうございました」と深々とお礼申し上げる。市内の方も見えられましたが、もっと利用されてはいかがなものか…とも感じられました。

そして今回の大きな反省点は第2日である26日(日)のバスに便数が3便と少なく、お客様に不便をかけたこともあり、次回からはもう少し便数を増やしてもらいたいものです。

ガイドの会では、今回は全便に乗ることができ、来客者のために少しはお役に立てたのでは…と振り返っておりますが、さらに第63回の雪まつりはおもてなしに心がけて多くの来客者を心からお待ち申し上げたい…と思っております。

(十日町観光ガイドの会 風間 )

いい天気です

朝からよいお天気で、道が凍っていて何度も転びそうになりました。

その氷も午後からは融けて春先のような陽気です。

まつだい方面に行ってきました。

信濃川と空のコントラストがとてもきれいでした。

松代に行く途中も道に雪はなく、走りやすかったです。

農舞台の風変わりな外観も雪に埋もれて半分しか見えません。

とんぼも心なしか寒そうでした。

今年はまつだい「農舞台」ひろばが開設されます。

19日(土)10:00~16:00

20日(日)10:00~16:00

当日は地元サポーターがおもてなしをします。

是非、お立ち寄りください。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2011年2月16日

木が埋まっています

1月中降り続いた雪もやっと落ち着きました。

雪が降っている最中は、運転中も前が真っ白で恐怖を味わい、晴れたら除雪で道がふさがれ、思うように仕事がはかどらず…

今は、除雪もほぼ終わり、道はきれいにアスファルトがでています。

ただ、山間の集落は雪に埋もれて倒壊する家屋も少なくありません。

雪堀は大切ですね。

先日、小白倉集落のかすみ桜の画像をいただきました。

夏はこんな感じなのですが

雪に埋もれて、枝葉も見えない木もありますが、さすがかすみ桜。堂々としています。

ちなみに、小白倉集落も雪に埋もれてこんな感じです。

夏とは全然違いますね。

2月18日から十日町雪まつりがあります。

雪の上を歩くのはスニーカーなどでは危険です。

それに、木の枝や電線から落ちてくる雪にも警戒してください。

皆様の記憶に雪の良い思い出が残る事を願っています。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2011年2月1日

スノーモービルに乗ってきました

2月3日節分の今日は、とてもよく晴れています。

青空に誘われて「吉田クロスカントリー競技場」に行ってきました。

お話を伺いに行くと、親切にもスノーモービルでコースをご案内してくださるとのこと。

いざ出発!

風を切って山坂を越えていくと、十日町を一望できる絶景ポイントが

感動です。このコースを走っているアスリートはこの景色をどんな気持ちで見ているのか気になるところです。

その後、ゆるい上り坂を延々と登り、ジェットコースターさながらのスリルを味わっていると、テンや兎の足跡が至る所に出現。こんなに寒くても動物は元気なんですね。

お昼を過ぎる頃、中学生がぞくぞくと練習にやってきました。

スキーのフォームの美しさや、会話のレベルの高さから毎日の練習量の多さがうかがえました。

吉田クロスカントリー競技場の今後の退会予定は

5日  十日町市小学校親善スキー大会

13日 第40回市民スキー選手権大会

16日 郡市中学校新人スキー大会

26日~3月1日

    第89回全日本スキー選手権大会

27日 吉田地区民スキー大会

3月12日~13日

    カルフカップ第31回十日町クロスカントリースキー大会

です。楽しみですね。

最後にスキーヤーを悩ます坂をお見せしてお別れです。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2011年2月3日

無題ドキュメント