アーカイブ

HOME > 2010年 > 10月

深坂峠~大厳寺の紅葉情報③

大厳寺高原、見頃です!!

先日、26日の晩から27日朝方にかけ雪が積もりました。名残が道路端に・・・

林道野々海-天水越線は、今が一番いい頃。 紅葉ロードです♪♪

 

 

林道は(本来は)降雪時から冬期間通行止めになります。なのでこの撮影地は、自己責任での通行となります。

進んでいくと結構雪が残っています。深坂峠まで行くのは危険と思い、途中でUターンして帰ってきました。

下の3枚の写真は深坂峠手前で。1枚目の写真から、左・真ん中・右の大パノラマ。紅葉と雪、キレイでした~

週末は台風の影響で雨の予報なので、こちらの紅葉は終わってしまいそうです(>_<)

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年10月29日

深坂峠~大厳寺の紅葉情報②(松之山)

深坂峠の紅葉は終盤になってきました。

深坂峠までの林道からの景色。遠くの方は靄がかかり見難くなってしまいました。

こちらはもう少ししたら眼下に見下ろす紅葉の絨毯を楽しめそう。

大厳寺から深坂峠までの道路は、森の中を切り開くように道が通り、標高が高くなると山の絶壁沿いを通ります。

木々の間を走る通り沿いには小川が流れており、ところどころミニダムのようになっています。

大厳寺・不動池周辺の紅葉は進んできましたが、池の水が少なくて今年は残念な様子になっています(>_<)

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年10月22日

清津川の水が戻ってきました!

 上信越高原国立公園清津峡を流れる清津川に水が戻り、本来の川の流れとなっています。

東京電力湯沢発電所の取水施設点検作業に伴い、10月19日から10月26日までの間、清津川からの取水が停止されています。

本来の清津川に戻ったことで清津峡の景観も輝きを見せています。

また、聞こえなかった川のせせらぎ音も心地よく聞こえています。

 

 

10月20日 12:50 清津峡渓谷トンネル内第2見晴らし所より、上流、下流を見る。

 

風景写真家にとっては、絶好のチャンスです。

10月26日までですので、急ぎましょう!

map_link_img地図へのリンクはこちら

個人的、松之山スイーツ&紅葉巡りツアー

松之山温泉街では、7月からライスボウル&スイーツ巡り開催しています。(7月の記事はコチラ

とある休日、友人を連れて食べに行ってきました!

全部は一気に食べられないので今回は、和泉屋の「白雪姫」と、ひなの宿 千歳の「お野菜たちのマクロビパフェ」ふくずみの「シンデレラアイス」を頂きました~

全てマクロビのスイーツなので、白砂糖は使われず天然の甘味を使用しており、カロリーは3種類たべても350kcal! これはショートケーキ1個分くらいの数値のようです。

写真を撮ろうとデジカメを持参したのですが、ピンボケしてたり、がっついて食べてしまい、「あ、写真撮るの忘れた・・・」というありさまでしたので、下の写真は7月の試食発表会の時のもの(^_^;)

和泉屋の「白雪姫」は、お肌にいいハト麦と豆乳、そしてリンゴジュースのスムージー風。自然な甘さで本当においしくて、後引くお味でした(^^) 美白効果あり!な材料で作られてるので名前が「白雪姫」なのです☆

ひなの宿 千歳の「お野菜たちのマクロビパフェ」は、下に玄米フレーク、そして名産品の雪下人参が葛餅にされ、玄米甘酒でのばした山芋のクリームとレンズ豆の水あめグラッセをかけたもの。これもおいしい~♪♪ フレークのサクサク感、葛餅のもっちり感、レンズ豆のコリっとした歯ごたえ、色々な食感を楽しめます。そしてパフェでボリュームがあっても、低カロりー!

ふくずみの「シンデレラアイス」は、地元のかぼちゃを使ったアイス。その名の通り、シンデレラのカボチャの馬車からのネーミングですね。これも天然原料、てんさい糖や甘酒、ちょっとゴマの香ばしい風味がしたのはきな粉で甘味付けされてて、とてもヘルシーです。ほろほろとお口の中で溶けていきました。温泉上がりにはピッタリでしょう!

どちらのスイーツも地の食材を使いすごく工夫されてて、他では味わえないものばかり

このスイーツの他に、お昼を柳屋さんで(^_^;)

 

友人はライスボウル(県内産豚肉の焼肉丼、この煮玉子おいしそうでしょう~)、私は今年の春~夏前に開発されたという米粉を使った手打ち麺がずっと気になってて、タンメンにしました。もちっとしてふつうの麺とは違う感じ。でも、もちもちしすぎず硬すぎも柔らかすぎもせず絶妙な食感でした。ご主人の長年の経験がなせる技なのでしょう。ごちそうさまでした。

このあと、紅葉を見に深坂峠から野々海池まで行って帰りました。ドライバーを務めてたので写真はなしで(^_^;)

松之山温泉のライスボウル&スイーツは、飲食店(ライスボウル)5軒と旅館スイーツ6軒で11月21日まで開催してます。(スイーツは土日祝日のみ) そして食と湯巡りでスタンプラリーに参加すると、もれなく「松之山温泉ミスト(80g)」がもらえます!

今回は温泉に入らなかったのですが、週末に温泉と食と紅葉の日帰りツアー、いかがでしょうか

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年10月17日

松之山温泉まんまのおいしい朝ごはんプロジェクト&棚田鍋

松之山温泉合同会社まんま加盟旅館では、おいしい朝ごはんプロジェクトとして、地元で採れる魚沼コシヒカリ棚田米に合うご飯のおともを開発しています。

「地元のお米はおいしい」、十日町市やこのあたり周辺に住む人は当たり前に思っていることを、宿泊される方にもっと伝えよう、そしてよりおいしく召し上がっていただこうとの思いから始まりました。

四季毎に地元の食材を使った朝食の付け合わせを、共通メニューとして各旅館で提供しよう!という試みです。

地元で古くから食べられてきたものを現代風にアレンジし、今年の1月から

冬バージョンの十日町市川西産“自然薯”と大根おろしの「とろろ朝まんまに始まって、

春は地元の山菜をフキ味噌のようにした「山菜朝まんま」

夏は地場産夏野菜を細かく刻み味付けした「やたら朝まんま」を提供してきました。

今回は秋バージョン「きのこ朝まんま」の試食発表会に行ってきました!

旬のキノコ<松之山産なめこや天然きのこをメインに十日町産のエノキやシメジなど>をオリジナル味噌「まんまの味(み)」で味付けした一品。これに松之山産なめこたっぷりの味噌汁もあわせて。

春から冬の4種類とも、レシピはベースに基づきながらも、中身や味は旅館ごとにアレンジしてあります。

「まんまの味(み)」とは、松之山に古くから伝わる発酵食品<味噌・しょうゆの実・酒粕・塩の子>を合わせた調味料で、秋のきのこ朝まんまと春の山菜朝まんまで使われます。

春にお客様にお土産で買っていきたいとのご要望をいただき、現在商品化に向けて鋭意開発中とのことです♪

今日は、4軒の旅館の朝まんまが試食できました。・・・ご飯が進みました(笑) 試食でおなかいっぱい(爆)

そして一昨年から、まんま加盟旅館ではオリジナル料理「棚田鍋を夕食時に提供していますが、今日は各旅館でさらに試行を重ねバージョンアップした棚田鍋の試食もいただけました。

 

 

松之山温泉周辺に広がる棚田を含めた里山の風-。

このイメージを基に、地元の棚田で採れたお米を最大限に活用した料理を開発しようと、お米を重湯仕立てにした特性スープと、雪をイメージした大根おろしを入れることを共通にして作られています。

具材は各旅館オリジナルなので、参加旅館6軒分、6種類の棚田鍋があります。(今日は4軒のみ)

季節によって、旅館によっても異なる「棚田鍋」と「朝まんま」。

新しい、そして楽しい試みが続いています。そしてこれからも続きます。

日本三大薬湯の松之山温泉へ、温泉はもとよりお料理も楽しみにお越しになってみませんか

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年10月15日

「にじいろジーン」のロケが行われました

10月10日と12日に「にじいろジーン」の撮影が行われました。

場所は十日町市下条のミズワ商会さん。

コーナー名は「日本全国ビューティ計画」。

お嫁さんとお姑さんが揃って変身。そして、二人の仲をより深めてもらおう という内容です。

お嫁さんの撮影シーン

お姑さんの撮影シーン

10日は、はるな愛さんも来てとても賑やかな撮影になりました。

12日は東京で大変身!

後は、「にじいろジーン」でご覧ください。

放送日は10月30日(土) 午前8時30分~10時放送

番組名は「にじいろジーン」 関西テレビ(フジテレビ)系列

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年10月10日

明日からコスモスまつり 現在満開!

秋の当間高原、コスモスまっさかりです!

今日はちょっと天気が悪いのですが、でもこんなに鮮やかに咲いています

お庭にコスモスを植えていらっしゃるところも多くお見かけします。秋になると、風にゆられている光景をよく目にします。

ちょこっとコスモスうんちくを。

コスモスはキク科のお花。でも和名は「秋桜」。←花弁が桜に似ているからとのこと。

花言葉は「乙女の真心・愛情」。

そして原産はメキシコ。なので乾燥に強くて丈夫です。

今週末10/16(土)・10/17(日)は 「コスモスまつり」 です。

アメリカンミニチュアホース乗馬会(お子様のみ)・ワンワン運動会inベルナティオ・あてまスタンプラリー・秋の味覚即売会などなど、ご家族で楽しめるイベントが盛りだくさんです。

満開のコスモスが揺れる当間高原へ、ぜひお越しください!!

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年10月15日

翠の湯と安吾の森・翠の散歩道

日中は心地よい気候ですね。スポーツするに気持ちいい季節です。

というわけで、気軽に歩ける遊歩道のご紹介です!

松之山の兎口~湯峠~湯山を結ぶこの道は、今の県道80号線(松之山~湯本区間)が出来る前に使われていた旧道を整備した森の中の道です。

 松之山の村山家に叔母と姉が嫁いだ縁で度々訪れていた作家の坂口安吾が、このあたりを散歩していたといわれることと、そして兎口には露天風呂「翠の湯」があるので、”安吾の森 翠の散歩道”と名付けられました。

ブナ林の木立の中を歩く箇所もあり、爽やかな心地に。

途中、きのこを発見しましたw

歩いた後は、野趣あふれる「翠の湯」で汗を流してみてはいかがでしょう。

女性風呂では見上げるとこんな感じ。ブナ林に抱かれてます。

紅葉になったらまたキレイでしょうね~。まだ色づいてませんが、おそらく11月中旬頃になると思われます。

 

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年10月14日

森の精霊たち

秋に現れた森の精霊たち・・・

思わず顔を描いちゃいました。

おもしろキノコ劇場

「ぼくたちはあまんだれだよ~! ワイワイガヤガヤ・・・」

 

 

 

 

それぞれに吹き出しをつけて、セリフを入れてみましょう。

楽しい作品募集中です!

 

map_link_img地図へのリンクはこちら

深坂峠~大厳寺の紅葉情報①(松之山)

10月に入っても暖かい日が続き、冷え込むことがなく紅葉も遅れていますが、深坂峠で紅葉始まりました!例年より一週間ほど遅れ気味でしょうか。

こちらの紅葉は、今週末~来週あたりが見頃になりそうです。

林道野々海ー天水越線からの景色。

大厳寺(だいごんじ)高原は、ほんの少し色づき始めたばかり。

<おまけ>野々海(ののみ)池です。こちらは長野県栄村になりますが、深坂峠から少し先に行くとあります。

野々海池近くの湿原、こちらは紅葉がキレイでした。

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年10月13日

信州からのお届け物 その正体は!?

先日、長野県観光協会より十日町市観光協会宛にお届け物がありました。

信州DCのパンフレットかな?」と思いつつ開けてみると・・・

りんご!!

しかも 『未知を歩こう。信州』 と入っていますよーーー。

さりげなく信州DCパンフレットを横に置いて撮影。

うまいこと入るもんですね~。ひたすら感心+お心遣いに感謝です。

このりんごたち、本町分庁舎内に飾っています。お立ち寄りの際はぜひご覧ください!

信州DC(デスティネーションキャンペーン)は、2010年10月1日~12月31日まで開催されます。(長野県全域、新潟県十日町市・津南町・妙高市、岐阜県中津川市)

十日町市では、秋を楽しむさまざまなイベントやツアーなどを開催します。

美味しいものも楽しいことも、まるごと体感できる企画が盛りだくさんです!

詳細はこちら

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年10月12日

秋色の清津峡

清津峡の谷は紅葉とまではいかないですが、周辺には色々なキノコも出始めて、すっかり秋色です。

 

清津峡入口の河原は、よい休憩場所です。

右は川べりに咲く「ノコン菊」

砂の上にはイタチの足跡がたくさんありました。

稲刈りが終わった田んぼを眺める。

魚沼コシヒカリの新米が店頭に並びました。

 

秋の味覚「あまんだれ」 十日町市中里地区では、ナラタケを

あまんだれと言います。

 

 ホコリタケ           饅頭のようなおもしろいキノコ

                           顔を書きたくなりますね!

 

色づいたオオヤマボクチ 葉は蕎麦のつなぎに使われます。

右は、ユキザサの実。赤く熟れて美味しそう。

 

エゾユズリハの実       マムシの子どもがいました!

 

map_link_img地図へのリンクはこちら

マクロビリセット&バランシングツアー in 十日町 《秋》

豊かな自然と安心・安全な新鮮野菜が、十日町にはばっちり揃っています。

そんな十日町で10/3~4にかけて開催された 『マクロビリセット&バランシングツアー in 十日町 《秋》 』

今年9月から「十日町市観光大使」に任命された中美恵先生を講師としてお迎えしてのマクロビツアー。(十日町市とマクロビオティック、中先生についてはこちら

マクロビオティックに基づいたお料理を食べたり、無農薬の田んぼでお米を収穫したり、温泉にゆっくりつかったり、体にも心にも気持ちいいことをたくさんやってしまいます。

春・夏・秋・冬の4回開催で、今回は《秋》編です。

1日目は、「あんぼ」作り体験(あんぼ=米粉で作った皮の中にあんこなどを入れたもの)や、松之山温泉街でのマクロビスイーツめぐりなどでした。

2日目は、秋の田んぼで「稲刈り」作業。今回はこの稲刈り作業に同行させてもらいました。

見事に黄金色!の田んぼ。稲穂がふさふさしてます。

こうやってみんなで並んで刈っていきます。

刈り取った稲は束にして、藁でくるんと結びます。

こうやって束にすることを、こちらでは「まるける」と言います。

今回のツアーには、ご家族で参加された方もいらっしゃいました。

子どもたちも一生懸命稲刈り。

手で稲を刈るのは大変。田んぼ1枚と言っても、結構広い。

かなり腰痛いです…。

稲刈りの後は「まつだい農舞台」にてランチ、そして「芝峠温泉 雲海」で温泉に入ります。

作業の後はくたくたになるけど、だからご飯もおいしいし、温泉につかるととっても心地いいです。

春から始まり、そろそろ定着した感もある 『マクロビリセット&バランシングツアー』。

十日町はもうすっかり「マクロビの里」です

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年10月3日

はざかけをしていました。

十日町の川治地域で雪ふる里村という自然農法をしている村に行ってきました。

雪ふる里村は12年ほど前から活動を開始していて、今では田んぼや畑、直売所、案内所などがありました。

それに、今は古民家の移転作業中でした。

中も見せていただいたのですが、すごい梁でした。さすが古民家!

今は、はざかけもありました。

9月の終わりには都会の方々と一緒に稲刈りを手刈りで行い、はざかけをしたそうです。

今週末には昔ながらのやり方で脱穀などをするそうです。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年10月6日

無題ドキュメント