アーカイブ

HOME > 2010年 > 8月

撮影が始まりました

旧六箇小学校で映画の撮影を行いました。

毎回、撮影の細かさ、情熱などひしひしと感じます。

今のカメラは高性能なのでとても小さくなっているそうです。

学校全体を使った撮影でした。

ここは屋上です。

今週いっぱい十日町市内で撮影が行われます。

撮影班にお会いした際はご協力お願いいたします。

ちなみに高性能マイクはどんな小さな音でも拾ってしまうので静かにしていただくとありがたいです。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年8月30日

ブナ林は楽しい♪

清津峡登山道のブナ林を歩いていると、おもしろいものにたくさん出会えます。

 

 小さなセミの抜け殻       大きなセミの抜け殻

 キセルガイの仲間

 ブナの大木の根元に生えていたトンビマイタケ

 

直径40cmほどのトンビマイタケが6個も生えていました。

マルバイチゴの実 「おいしそう~」

道端にいたアズマヒキガエル

 登山道から見える魚止(よどめ)の滝

 

map_link_img地図へのリンクはこちら

七ツ釜の撮影に行ってきました

先日、プロカメラマンに指導をしていただきながら七ツ釜を撮影してきました。

今は水量が少なかったのですがきれいでした。

何気ない風景ですが何を撮りたいかを決め、デジカメのAutoを使わず撮ると、とても素敵な写真が撮れるんだなと思いました。

重地大池の写真です。

 

リゾートビューふるさと

リゾートビューふるさとは、今年10月から開催される信州デスティネーションキャンペーンに合わせてJRが開発した新型のハイブリッドリゾートトレインです。

そのリゾートビューふるさとの試乗会が、8月21日(土)に行われ、私も試乗させてもらいました。

かっこいいですね~。しかし、このリゾートトレインかっこいいだけじゃないんです。

 

リゾートトレインなので、窓も大きく、座席と座席の間もゆったりしています。また、車内にはモニターが設置してあり、運転席からの眺めが映しだされるようになっています。そして、ハイブリッドなので何といっても音が静かなのが素晴らしい。隣の人との会話にも全く支障がないので、この列車なら楽しい旅になりそうです。

リゾートビューふるさとは、10月から大糸線で運行されるそうです。いつか飯山線で走る日もくるかもしれません。

女性映画監督来日!

先週、ロケハンをしましたが、その後、監督がエキストラの方に会いに十日町にやってきました。

十日町の素晴らしさにいたく感銘を受けてらっしゃいました。

監督自らロケ現場を回り、イメージを膨らませていました。

今回は英語が飛び交う中、皆さんのテンションが上がっていくのがわかってとてもわくわくしました。

第24回真夏の雪まつり

お盆の真っただ中、毎年8月14日に松之山・大厳寺高原(だいごんじこうげん)にて開催される真夏の雪まつり。今年も無事行われました。

朝方に雨が降り、初めはお客さんの出が鈍かったのですが、始まってからは降ることなく徐々に大勢のお客様にお越しいただきました。

毎回、当日申し込みするミニゲームは大変な人気。受付開始時刻から人が集まります。

 

オープニングは、越後まつのやま華耀舞のよさこいでスタート。

そして1位~3位まで賞品があるミニゲーム、パン食い競争や雪上綱引き大会、ラムネ早飲み大会に色水入れリレー。単純なゲームですが、小さなお子さんからおばあちゃん、そして若者も熱中し白熱の戦いが繰り広げられました(^^) 声援も飛び交いみんな真剣☆  

 

みなさんに楽しんで頂けたようでよかったです。

そして写真はないですが大ビンゴ大会。こちら賞品盛り沢山で行ってます。

お子さん限定、岩魚のつかみ捕りも人気の種目。あいにく、この時だけ雨が降ってしまいましたが、みなさんそんなのおかまいなく池の中でのイワナ捕りに夢中でした。

今回ご参加いただきましたお客様、大変有難うございました。

毎年、帰省される方、地元の方等、大勢の方にお越し頂いてますこの真夏の雪まつり、来年も行いますのでどうぞ夏の思い出にお出かけ下さい。

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年8月14日

ロケハンに行ってきました!

8月16日 某有名海外フィルムスクールのロケハンを十日町で行いました。

内容は日本を舞台にした短編ロードムービーです。

日本に住む外国人労働者が古くからの友人を探しに、日本を旅する話です。旅の間に彼女は見知らぬ場所や人々との出会いを通じ、彼女自身も気付かなかったことを発見していきます。

ロケ地として海外にはないゴルフ練習場、駅やスーパーマーケット、集落、廃校などを回ってきました。

撮影時には女性監督のクララさんがやってきます。

エキストラとして何名かスカウトさせていただいたのですが、快くお受け下さりありがとうございました。

こちらの古民家はもう一つのロケハンでご希望があった、某有名時代劇映画の撮影に使いたいそうです。

こちらは有名な俳優さんがたくさん来る予定なので今からウキウキです。

 

初ガイド

現在、十日町市では「大地の祭り2010」が開催中です。十日町観光ガイドの会でも期間中(8月中)の土日に十日町駅西口の案内所と「越後妻有のりおり号」に乗車しての観光ガイドを行っています。

私も14日と15日に実際にバスガイドをしてきました。普段、電話での観光案内などはしていますが、お客様を前にしてガイドする機会はなかなかありません。一応、事前に予習したとおりに十日町市の概要や妻有焼陶芸センター、清津峡、大地の芸術祭の話などしてみるのですが、途中で次の言葉が出てこなかったり、何を言っているのかわからなくなったり…。バスに乗られた皆さん、お聞き苦しい点があったことをこの場を借りてお詫びいたします

やはり上手にガイドするには、長年の経験が必要なんだと実感いたしました。

8月に運行している「越後妻有のりおり号」(十日町・川西コースの1便と3便、十日町・中里コースの1便)には、十日町ガイドの会のガイドが付きますので、この機会に是非ご利用ください。

素敵なお手紙いただきました

先日、笹小舎の店主さん宛てに届いたお手紙を紹介しますね。

なんと、60年以上前に清津峡を訪れた事があるそうです。

当時はまだ遊歩道も整備されておらず、シバ(草の事でしょうか??)でできた道を崖にへばりつくようにして歩いたそうです! ひえ~~、今では考えられないですね

先生と一緒にとあったので、小学生か中学生くらいの頃でしょうか? 断崖絶壁で足元にはゴーゴーと川が流れていて、怖くて声も出せなかったそうです。 すごい体験ですね。。。

今回は笹小舎さんで、できたてのおやきなどを堪能したそうです。

また、街の騒音を忘れ名曲の響きを楽しんだ。。。とありました。

川の流れが名曲に聞こえるなんて

こんな楽しみ方もあるのですね ♪♪

あらためて教えていただきました

お手紙→kiyotsukyo/22_8_6.pdf

map_link_img地図へのリンクはこちら

回り灯籠の夕べ

今年もお盆の夜に、手作りの「回り灯籠」がともります。

8月7日(土)~15日(日)日没~21:00まで

清津峡湯元温泉街にて (雨天はお休みです)

地元の人はもちろん、お客様にも静かな夜を楽しんでもらおうと、温泉街の方たちが一つ一つ作り設置します。

田舎の夜は真っ暗。。。

だからこそ、こんな素敵な夕涼みはいかがですか?

静かに回る灯籠たちの、やさしい灯りで癒されます。

    ナスとトマトもお出迎え

 

  湯処「よ~へり」玄関前

map_link_img地図へのリンクはこちら

ロックフェス

先週末、お隣の湯沢町の苗場で「フジロックフェスティバル」が開催されました。

 

 

毎年恒例のビッグイベントということで、会場内はたくさんの人でした。ステージを結ぶ道には、様々な装飾(大地の芸術祭みたいですね)がされていて歩いているだけで楽しくなります。また、川で水遊びしている人もいたりと、とてもピースフルな雰囲気です。

飲食店が並ぶひろばには、十日町にあるお店も出店していました。良く見ると某人気アニメキャラが買い物してます

ということで、すっかり夏の定番となったロックフェスですが、十日町市では全国的にも珍しい真冬それも雪の中で開催されているロックフェスがあるのをご存じでしょうか?

その名も豪雪JAM。2008年から始まったこのイベントは、地元をもっと盛り上げたいという若者が中心になって開催されています。例年、2月第3金土日に開催される「十日町雪まつり」のメインイベントが行われる城ヶ丘ピュアランドを会場に、雪まつり最終日の日曜日に開催されています。

一度真冬のロックフェスを体験してみてはいかがでしょう。過去の様子などは、ホームページで見ることができます。

豪雪JAMホームページ

 

無題ドキュメント