アーカイブ

HOME > 2010年 > 7月

松之山・山の上の能楽堂、準備中!

さて、来週8月3日火曜、いよいよ真夏の笑い祭典が開催されます。

テレビや映画でも活躍の野村萬斎氏、そして人間国宝・野村万作氏の狂言を、ココ十日町市松之山で見ることができるのです!

会場では着々と準備が進められています。

能楽堂は普段、木の板で囲われてるのですが、この公演のために開けられます。

資材等が置かれていますが、当日はキレイになったこの舞台で円熟の至芸が演じられるのです

準備に勤しむ地域の方々。建設業者に地域協議会、商工会、温泉組合、市役所職員等々、様々な方の協力の元、会場設営がされています。

沿道には灯籠も建てられてます。当日夕刻になると明かりが灯され、お客様を山の上へと誘います。

松之山中学校の入口で受付(チケット確認)をし、山の上の能楽堂まで歩いて5~10分の距離です。足の悪い方、お年寄りの方は送迎も行います。

チケット(前売り入場券)はまだまだございますので、ご都合よろしければ是非お越しになって見て下さい

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年7月30日

森の学校 キョロロ

カミングアウトしますとキョロロは今日が初めて

とても素敵な内装にびっくり

こちらの扉をくぐると数百匹のカブトムシやクワガタに出会えます。

つい興奮してしまい、長居をしてしまいました。

そのほか夏休みの工作にうってつけ!先生が糸のこなどの使い方を親切に教えてくれるので安心の工作体験もありました。

今、虫たちのばかし術という特別展示もやっていました。

ちょうちょのブースは圧巻でした。きれいに色がでなくて残念です。

キョロロには160段の階段があり、その上の展望台には素晴らしい景色が広がっています。

景色はご自分の足で登ってお確かめ下さい。

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年7月29日

棚田2

せっかくなので留守原の棚田も見てきました。

山の上の田んぼなので雲海が広がる日は雲の上の棚田になるのでしょうか?

見てみたいものです。

草刈もきれいにされていていつまでも見ていたい光景でした。

大厳寺高原

大厳寺にはキャンプ場や牧場(牛がいました!)釣りのできる池など親子連れにはたまらない遊びの宝庫です。

池の向こうに見える白い塊は雪です。今はシートの下ですが、8月14日の真夏の雪まつりでは、その雪の上でたくさんの催し物が行われます。

皆様のお越しをお待ちしております。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年7月29日

松之山温泉のライスボールはご存知ですか?

 松之山スイーツ巡り2010というのをご存じですか。

松之山温泉旅館6軒のオリジナルマクロビスイーツを土日に限り食べることが出来るんですよ!

今回は平日だったのでライスボールを食べてきました。

ボリュームもスタミナも満点

ぜひ皆様も、温泉とライスボール、マクロビスイーツをご堪能下さい。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年7月29日

松代城跡公園キャンプ場

駅から車で10分程度の高台にある松代城跡公園キャンプ場。

今はあじさいが咲いていました。

途中には芸術作品も多く、ゆっくり歩いて回りたくなるところです。

このまま道沿いに登っていくと冬の陣で有名な松代城跡があるんですよ

キャンプ場なのでキャンプもできますよ。

夏休みにご利用下さい。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年7月29日

伊沢和紙工房 欅(けやき)

「コウゾ」という木の皮を原料とした和紙の工房です。

木の皮の加工の仕方で白い紙やうっすらと茶色がかった紙を作ることができます。

この日も体験する方がいるとのことで、お忙しい中取材をさせていただきました。

大変ご迷惑をおかけしました。

さまざまなお話をお伺いしたにも関わらず、こんな説明になってしまってすみません。

皆様はぜひ楽しい和紙作りにお出かけください。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年7月29日

岩瀬ほたるの里

わが家のカメラでは撮影の難しいホタル。

そんなホタルたちがたくさん見られるポイントがここ!

夜にはたくさんのホタルが飛び交います。

残念ながらホタルは6月下旬から7月上旬に飛び交いますので、今は夜もひっそりとしています。

来年のホタルの時期には是非岩瀬ホタルの里へお越しください。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年7月29日

小白倉集落のかすみ桜

十日町市観光協会作製の観光名刺にも登場するかすみ桜。

とても素晴らしい枝ぶりですね。

雪深い小白倉集落のさくらとは思えない迫力です。

日本の美しい村景観コンテスト農林大臣賞をいただいた小白倉集落。

いつ見てもまとまりのある集落だなぁと思います。

写真家さんやスケッチに訪れる方が多数いるんですよ。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年7月29日

川西モトクロス場に行ってきました!

あいにくの雨でしたが、モトクロス場に行ってきました。

大ジャンプ・テーブルトップ・30度傾斜等起伏に富んだコースです。

大会はさぞ盛り上がることでしょう

今度はバイクが走っているときに行ってみたいです。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年7月29日

“ゆるキャラ”がHARD OFF ECOスタジアムに集合!

梅雨明けしてから、ず~~っと暑いですね。どこに行っても暑いです。

そんな天気の中、マツダ オールスターゲーム2010』が7月24日に開催されました。

場所は新潟市にあるHARD OFF ECOスタジアム

新潟でオールスターゲーム開催!と聞いて、野球ファンの方はさらにヒートアップされたと思います。実際現地へ赴いた方もいらっしゃるのでは?

このスタジアム周辺で「野球縁日inエコスタ」というイベントも開催されました。

お祭り感満載なこのイベント、ここに設置された市町村PRブースに、県内の“ゆるキャラ”たちが集合しました。

(ものすごい暑いのに)みんなほんとにゆるいです。

我が十日町市からはネージュ

ネージュは雪の妖精。暑さに溶けてしまわないかハラハラしましたが、意外と平気です。

余裕でこんなポーズ。

他の市からはこんなゆるいメンバーがやって来ました。

・長岡市⇒なっちゃん

・長岡市栃尾⇒あぶらげんしん

・上越市⇒けんけんず

・新潟県⇒トッキッキ、レルヒさん

どれだけゆるいかはこちらをチェック

ゆるキャラ全員溶けそうな暑さの中、ネージュくんは子供たち中心に大人気!

 

けんけんずの1人(匹?)と。やはりこちらも子供たちに人気。

奥はけんけんずの1人。けんけんずは3人1組なのですが、結構別行動しています。

手前のレルヒさんが遠い目をしています…。

この野球縁日、多くの人で賑わいました。

 

この猛暑の中、ブースに足を止めて十日町に興味を持ってくださる方もいて、とても意義のあるPRだったと思います。

ゆるキャラたち、おつかれさまでした!!

スタジアムを見つめ、名残惜しそうなネージュ。(暑さでぼんやりしているわけではありません)

越後妻有のりおりパス2

7月25日(日)、十日町観光ガイドの会の研修会がありました。前回の研修会に続き、今回も越後妻有のりおりパスを利用して、市内の観光スポットを回ってきました。

今回は、この日回った十日町・中里コース(Cコース)を例に、越後妻有のりおりパスを使った観光案内をしたいと思います。

まず、十日町駅西口11時30分発のバスで、妻有焼陶芸センターに向かいます。

 

廃校を利用して作られた「妻有焼陶芸センター」では、手軽なものから本格的なものまで様々な陶芸体験メニューが揃っているほか、簡単な食事もできます。もちろん、妻有焼を買うこともできます。

次は、12時55分のバスに乗って清津峡を目指します。越後妻有のりおりパスでは、あえて少し遠回りして大沢峠から南魚沼市を経由して清津峡に向かいます。これは、車窓からの景色も一緒に楽しんでもらおうという趣旨で、八海山や巻機山などの雄大な景色や秋には紅葉を眺めることができます。

 

日本三大渓谷の一つ清津峡では、トンネルの途中に設けられた展望台から渓谷美を眺めることができます。また、トンネルの中には、大地の芸術祭作品の「清津峡トンネル美術館」もあります。この時期の清津峡は、トンネルの中のひんやりした空気と清津川の流れが一服の清涼剤です。

続いて、14時45分のバスで、大地の芸術祭作品「蔓蔓(まんまん)」に向かいます。途中、西田尻にある「空の粒子」にも停車しますので、時間があれば併せて見学しましょう。

 

昨年開催された第4回大地の芸術祭に出品されたこの作品。空家の中に雪椿が飾られているのですが、この雪椿なんと枝や花すべてが陶器で作られています。大変壊れやすいのでくれぐれも触らないようお願いします。

次のバスが来るまで少し時間があるので、当間高原リゾート・ベルナティオまで歩きます。15分程の道のりですので、涼しい日には歩くのもおススメです。

ベルナティオのフォーラムセンターで一休みして、16時20分のバスで十日町駅に向かいます。途中、「再構築」に15分停車しますので、この時間を利用して作品見学です。

 

2006年に開催された第3回大地の芸術祭の作品の一つの「再構築」は、テレビや雑誌などでも紹介される人気作品です。建物の外側だけでなく内側にも鏡が貼り付けられており、周りの景色を映しこむ幻想的な作品です。

16時40分のバスに乗り、17時ちょうどに十日町駅に到着。

越後妻有のりおりパスは、11月21日(日)までの土日祝日に運行しています。今回のCコースの他に、うぶすなの家や光の館を見学できるAコース、星峠の棚田や美人林を周るBコース、さらにほくほく線の十日町駅とまつだい駅間が乗り降り自由で1日1,000円(2日券は1,800円)です。是非十日町観光にご利用ください。

詳しくは、こちら

川遊び

清津川にも川遊びの季節がやってきました。

セミの鳴き声を聞きながら、カヌーやラフティング。

カジカと戯れてみませんか。

清らかな清流を見ていると、心もリフレッシュします。

 

カヌーやラフティングを楽しんでいます。

泳いだり、水遊びを楽しんでいます。

※川遊びでの注意事項

 雷や夕立が来たら川からすぐ避難する!

 また、川上から冷たい風が吹いてきたら、上流で大雨が降って  いるという予兆です。早めに避難しましょう。

 

map_link_img地図へのリンクはこちら

快晴の魚沼スカイライン

草は生い茂り、道は細い。

夏の魚沼スカイラインへ行ってきました。

入り口には大きな看板もあり、間違う心配はないです。

十日町側の景色です。

護国観音ではとても気持ちのいい風が吹いていました。

南魚沼市側の景色です。

どうぞドライブの参考にしてください。

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年7月23日

7月23日のあじさい公園です

とても暑い日が続きますがこの週末のお出かけ先はお決まりでしょうか。

今日のあじさい公園の開花状況です。

夏の日差しを浴びてお花も草もとても元気が良かったです。

もうそろそろ見ごろも終わりになりそうです。

お早めにお越しください。

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年7月23日

夏本番!

長く続いた梅雨もようやく終わり、じりじりとお日様が照りつける夏本番ですね! 

こんな時期は、川遊びなどいかがですか?

清津川の冷たい水に手足をひたしてみては??

岩で囲まれたところなら安全です。

 

渓谷トンネル入口手前に、階段があります。

※雨などで増水することがありますので、くれぐれもご注意ください。

 

map_link_img地図へのリンクはこちら

十日町雪まつり!?

梅雨も明け暑い日が続きますが、タイトルを見て「なぜこの時期に十日町雪まつり」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

毎年2月の第3金土日に開催される「十日町雪まつり」ですが、準備はすでに始まっています。昨日は、第1回目のカーニバル部会が開催され、雪まつりのメインイベントの雪上カーニバルの企画について話し合われました。

十日町雪まつりは、行政や地元の経済団体などが実行委員会を組織して実施しています。雪上カーニバルも織物組合、建設業協会、商工会議所の各青年部のメンバーが中心になって企画しています。第1回目の昨日は、カーニバル会場までの沿道の演出などについて話し合われました。

こういった企画が、次回の十日町雪まつりにどのように反映されていくか楽しみです。

「第62回十日町雪まつり」は、平成23年2月18日(金)~20日(日)開催です。

七ツ釜まつり

7月18日(日)七ツ釜まつりが行われました。

毎年この日は快晴で、夏が来たな~と実感させられます。

 

滝つぼから水を汲んできて、祭壇にお供えする「水取神事」

お払いをし、今年の五穀豊穣を願います。

 

「もちつき大会」 地域おこし協力隊の2人も慣れない手つきでおもちをついてくれました。

子供たちもがんばってくれました。

田代神楽保存会による神楽の舞い

皆さん、毎晩遅くまで練習してきました。

婦人会による神楽踊り

鮮やかな着物が映えますね~。

今年も暑い一日でしたが、子供からご年輩の方までたくさんの方に来ていただきました。ありがとうございました。

 

 

map_link_img地図へのリンクはこちら

無題ドキュメント