アーカイブ

HOME > author : wp_tokamachi

山野草がきれいでした

瀬戸渓谷と清津峡渓谷に行ってきました。

今回はせとぐちさんがホッとひと駅に加盟してくださいました。

隣の蔵は芸術作品ですし、気さくなお父さんとお話をしているととてもほのぼのとするので、ぜひ足を延ばしてみてください。

清津峡のバス停から渓谷までの道には山野草が所狭しと咲き誇っています。

7月すぎにはヒメサユリも咲くそうですよ。

ゆっくりと渓谷まで山野草を眺めながら歩くのもいいですね。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年6月22日

清田山キャンプ場に行ってきました。

中里地域にある清田山キャンプ場までドライブに行ってきました。

距離はそんなに遠くないのにドライブって感じでした。

国道353を塩沢方面に進むとJAのガソリンスタンドが見えてきます。

そこを右折して橋を渡ってすぐ左折します。

しばらく進むと左折する道がでてきます。

ここからは山道になります。

登れば登るほど道が狭くなります。

でも、一本道なのでそのまま登ってください。

ここは下の道を右折してください。

細い道を道なりに登っていくと清田山キャンプ場に到着です。

今は芍薬がとてもきれいでした。

これからはあじさいが咲くそうです。

テニスコートやバンガロー、散策コース、オートキャンプ場と飽きることなく遊べそうです。

管理人さんとのお話は時間を忘れそうでした。また、お邪魔します。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年6月22日

6月22日のあじさい公園です

雨が降ったり晴れたり、なかなかいい写真が撮れなくて残念です。

よく、あじさい公園の入り口を聞かれるので写真を撮ってきました。

六日町方面から来た時の入り口。

ここを左折。

22日のあじさいの様子。

あじさいの見ごろはもう少し先のようです。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年6月22日

結いの里の菜の花を観てきました

菜の花のお問い合わせが多数ございましたので、結いの里にお邪魔してきました。

先週の金曜日でしたのでとてもよい天気。

少し汗ばむくらいでした。

その後、中里の清津峡、松之山の美人林などを回ってきました。

中里の清津峡小出温泉街のお土産屋さんです。お母さん自慢のソフトクリームは絶品でした。

今週あたりお店の裏の藤が咲くとのこと。楽しみですね。

美人林入口に無人市がありました。山菜の季節なのでウドなどが販売されていました。

お値段もとてもお手頃でした。

 

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年5月21日

雪原カーニバルなかさと2010写真コンテスト

3月13日におこなわれた「雪原カーニバルなかさと2010」の写真コンテストの結果です。

応募総数は、49点でした。たくさんのご応募、ありがとうございました。

★最優秀賞 「キャンドルに心をこめて」    蝶名林 稔 様 (三条市)

 

★優秀賞  「想いは未来へ」       小林 敏行 様 (新潟市)

★優秀賞   「思い出の夜」         富井 保光 様  (長野県)

★優秀賞   「仲良しさん」           大竹 俊夫 様  (見附市)

★入 選  「スノーキャンドル」                原  正樹 様  (柏崎市)

★入 選   「ぼくもできたよ」          小坂 幸平 様  (十日町市)

★入 選   「幻想スノーキャンドル」      植木  元 様  (柏崎市)

★入 選          「ぼくらのキャンドル」   広川 信俊 様  (長岡市)

★入 選          「メモリー花火」      原  綾子 様  (柏崎市)

なお、中里地内各施設で写真展をおこないますので、ぜひご覧ください。

      6月10日~7月29日まで  ミオンなかさと

      7月30日~8月31日まで  ゆくら妻有

      9月 1日~          ラピーヌ雪街道

 

map_link_img地図へのリンクはこちら

上海万博動画サイト「夢帰所夢」の撮影が行われました

5月8日から10日の3日間、松之山や十日町で上海万博の動画サイト「夢帰所夢」の撮影が行なわれました。タイトルの意味は「夢見る場所は場所も夢見る」です。

主演はなんと!モーニング娘。のジュンジュンさん

さすが上海万博の動画サイトですね。ジュンジュンさんは日本語も中国語も堪能なのでびっくりしました。

10日は十日町市願入のうぶすなの家での撮影でした。

動画サイトは中国のパソコンの容量に合わせて写真のスライドと漫画を組み合わせた構成になっているとのことです。楽しみですね。

十日町は第二部です。7月1日から万博最終日まで放映されます。

動画サイトは「夢帰所夢」で検索していただくと観ることができます。

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年5月10日

明日は「坂口安吾まつり in 松之山」

坂口安吾は、代表作に「堕落論」「白痴」などがある新潟出身の戦後を代表する作家ですが、松之山は旧家村山家に叔母と姉が嫁いだという縁があります。

村山家を博物館にした「大棟山美術博物館」で安吾まつりを開催します。

大棟山美術博物館へは杉並木の参道があり、晴れた日はとても心地良いです。奥に見える門は、”大棟山”と書かれた立派な山門。

建物内には安吾が実際に使用した部屋があり、遺品や作品が展示されています。

明日はこちらで、安吾作品の朗読会や安吾の長男・綱男氏によるトークスライドショー、琵琶による「黒谷村」の弾き語りが催されます。

新緑の中、安吾の作品世界に触れることが出来ます。

 

map_link_img地図へのリンクはこちら

黄桜の丘公園

ただ今、ソメイヨシノが満開です!

 

黄桜はようやく咲き始めたところです。

ソメイヨシノより少し細い木が黄桜です。

満開になると、薄黄色のトンネルができます。

お天気の良い日は、お弁当をもってくつろいでみては?

map_link_img地図へのリンクはこちら

「へぎそば」を取材にやってきました。

本日、JRびゅう旅行商品の担当者さんが、十日町の名物「へぎそば」を取材にやってまいりました。

今回は、JR商品「旅市」という旅行商品に4月から販売いたします「へぎそば・生そば食べ歩き周遊チケット」を取り扱っていただけることで、蕎麦店の方からお話を聞いたり、そばのつなぎである布海苔(ふのり)などを取材していました。

 

 

そば処 田麦そば 』さんでは、お話を伺いながら蕎麦打ちの実演までしていただきました。

 お蕎麦も美味しそうですね~

 500円券1枚でこのお蕎麦が食べることができます♪♪

 

蕎麦&だいにんぐ にし乃』 さんは天ぷらまでついていて、食べがいがありそうですね。ぜひ、私も行ってみたいと思います☆

  こちらは『にし乃』さんの蕎麦です 500円で天ぷらまで!

「へぎそば・生そば食べ歩きチケット」は蕎麦の他にも、お得な市街地の観光スポット割引サービスが付いており、蕎麦だけでなく二度おいしいチケットとなっております。

チケットは、4月から9月末まで下記販売所等で販売されます。

 販売所:十日町駅西口案内所(ほっくほく何でも案内所)、参加蕎麦店6店舗、JRびゅうの       窓口、十日町市観光協会

 

ぜひ、みなさまこの機会にお買い求めください♪

今回取材した写真や記事は、JRびゅう「旅市 夏版」で使用されますので、そちらもご覧ください☆

 

明日はスキーカーニバル☆

明日21日、いよいよ松之山温泉スキー場にてスキーカーニバルが開催されます。

第27回目となるこの冬のイベント。松之山温泉スキー場ができた当初から開催され、スキーシーズンを締めくくる感謝祭として今日まで続いてきてます。

会場ではステージが作られ、下準備が整いました。

歴史あるこのスキーカーニバル、今回はお客様に一緒に参加して盛り上げて頂くミニゲームの他に、福まきや搗きたてお餅の無料サービス、数々のパフォーマンスショーもありという盛沢山な内容☆

地元十日町市の方々によるロックバンドやよさこい、ヒューマンビートボックス、矢沢永吉のものまねショー。。。熱い暑いステージにしたいと思いますので、ご声援をお願いします!

そして・・・、十日町市出身のプロミュージシャン「Best Partner」(ベストパートナー)のお二人がいらっしゃり、ミニライブを行って下さいます♪こちらも大勢の皆さんと盛り上がりたいと思いますので、明日はどうぞ松之山温泉スキー場へ遊びに来て下さいね

また当日は、レンタルスキーが半額になるというサービスもあります(^^)

同時開催で、「第27回松之山温泉アルペンスキー大会ヘッドカップ」も行われます。間近でレースを観戦するのも面白いものですよ。こちらも選手の皆さんに熱いご声援をよろしくお願いします!

 

そして、本日もスキー場では「第18回松之山温泉NST・サロモンカップ ジュニアGSL大会」が開催されていました。

この模様は来週27日(土曜日)、NST総合テレビにて午前10:20~50分に放送されます。放送エリアの方は、小学生による緊迫のレースをどうぞご覧になってみて下さい。

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年3月20日

雪原カーニバルなかさと2010

3月13日(土)なかさと清津スキー場にて、「雪原カーニバルなかさと2010」が開催されました!

天候はあいにくの雨模様でしたが、雨を吹き飛ばすほど熱い一日となりました。

  

雪上サッカー大会では、10チームが白熱した戦いを繰り広げました!

 

雪上ドッチビー大会では、大人も子供も一緒に盛り上がりました。

ふわふわした「フライングディスク」はなかなか思う所に飛んで行かず

爆笑の渦が巻き起こっていました!

今年初めて設置された「SNOW足湯」でホットひと休み。 

長年の夢だった足湯を、北越融雪㈱さんのご協力により実現する事ができました。

十日町市芋川にある「ゆくら妻有」の温泉を、ここまで運びました。

お湯はこの寒さの中でも全く冷めることはなく、常に43℃~45℃をキープしていました。

大勢の方から、「来年も入りに来たい!」とありがたい声をいただきました。

 

そして… メインのキャンドル点灯です。。。

空の色が深まっていくにつれ、キャンドルの灯りがきらめいてきます。

 

何回見ても感動しますね

この感動をぜひ、まわりの方やご家族、大切な人やおともだちにお伝えください。

そして、来年は一緒に来てくださいね!

また、写真コンテストの作品も随時upしていきますのでお楽しみに~♪♪♪

ご協力いただきました皆様、ご来場の皆様に、心より感謝申し上げます。

 

 

map_link_img地図へのリンクはこちら

越後まつだい冬の陣 準備が進んでいます。

第23回 越後まつだい冬の陣の開催に向け、会場制作が進んでいます。

今年は会場には、まだ2m近い雪が残っています。「のっとれ!松代城」のコースも思いのままに「障害物(難所)」が作れます。参加する皆さんは、心して挑んでください。

松代幕府より、お願いが 3つ あります。

;会場周辺の駐車場が今年は特に少なくなっています。「ほくほく線」など、公共交通機関を利用して、お越しください。なお、松代高校駐車場は駐車禁止です。(13日、インフルエンザ関連追試。14日、合格発表

;出陣歌謡際に「ジェロ・カレン」さんが出陣しますが、携帯電話を含めた、カメラ撮影・ビデオ撮影及び録音を全て禁止します。最悪、公演の中止も有ります。硬くお守り下さい。

;公共交通機関でのお出かけをお願いしていますが、お車でお越しの皆さんは「飲酒運転」は絶対にしないで下さい。また、会場は公共グラウンドです。「タバコのポイ捨て」はしなで下さい。携帯灰皿等を持参の上、喫煙下さい。

  雪上ステージ

 のっとれ!障害(騎馬止め)作成

 のっとれ!ゴール「松代城」 すっぽりと雪の中

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年3月8日

松之山温泉スキー場スキークロスコース

バンクーバーオリンピックが盛りあがっていますが、今回から採用された新種目のフリースタイルスキー男子スキークロスに、日本からは滝沢宏臣選手が出場されていました。

(スキークロスとは、「雪上の障害物競争とも言われ、4~6人の選手が同時にスタート、バンクやウェーブ、ジャンプなどをクリアーし、最初にゴールしたものが勝ちという、見ている側にとっても非常にわかりやすい競技内容である。 レース中の選手同士のせめぎ合いや駆け引きなどが魅力である。」(ウィキペディアより))

オリンピック代表選手の父親がなんと十日町市出身とのこと!

地元では滝沢選手を応援していましたが、残念ながら一回戦敗退で引退を表明されました。ですが、地元に縁のある選手がオリンピックに出場するというのはなんとも嬉しい出来事でした。

そしてそのオリンピックスキークロス競技の中継中松之山温泉スキー場の名が放送されたのです!

テレビ中継を見ていた方からの又聞きなのですが、どうやら国内でスキークロスの大会を行っているスキー場名を挙げたようだとのこと。オリンピック中継で松之山温泉スキー場の名を聞くことができるとは・・・!と、テンションあがる一時だった、とのことでした。

本日の松之山温泉スキー場です。春の陽気でポカポカと暖かな日が続いています。

快晴のスキー場、気持ちよさげです。

先週末、こちらではフリースタイルスキー体験キャンプ(モーグル・スキークロス)が行われました。スキークロスコースが残っていますのでご紹介いたします。モデルもおらず写真だと分かりづらいかと思いますが(^_^;)

松之山温泉スキー場に作られた、ジャンプ台やウェーブコースの一部です。

松之山温泉スキー場では3月下旬に、スキークロス大会が続けて行われます。

これから人気が高まるであろうこの競技、白熱のレースを間近に見られるチャンスです。

また、大会以外はご自由にお滑りいただけますのでコースを試されたい方、ぜひお越しになってみてください。

スキー場第2リフト乗り場付近では、なんとニホンカモシカが住みついた?らしいとの情報がスキー場ブログに掲載されていました。

松之山温泉スキー場ブログ

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年2月24日

『めんそ~れ』中里へ!

沖縄県の久米島から、14名の小学生がやって来ました!

今年で38回目となる、沖縄県の旧仲里村(現在は合併して久米島町)と、新潟県の旧中里村で行っている『なかさと交流』です。

『めんそ~れ』とは、「いらっしゃい」 「ようこそ」という意味です。

昨日は、夕方5:30に十日町駅に到着する予定が、飛行機の遅れのため着いたのが夜9:30!

みなさんお疲れかと思いきや。。。 さすが子供たち、みんな元気いっぱいでした。

今日は、田沢小学校で歓迎会と交流会です。

校舎の周りにはたくさんのかわいい雪像と雪だるまさんたちがお出迎え。

天気も快晴で良かったですね!

  「みんなで一生懸命作りました! 上手にできたででしょ?」

 

これから、5年生と一緒に笹だんご作りや縄ないに挑戦します。

夜はそれぞれの受け入れ家庭に宿泊です。どんなごちそうがでるかな?

「初めまして。。。よろしくね!」  ちょっと緊張ぎみでご対面。

明日は、なかさと清津スキー場でスノーボードを楽しみ、夜は雪祭りに行ったり温泉に行ったり

と。。。雪国十日町を満喫する予定です。

そして、7月には中里の子供たちが久米島を訪問します。楽しみですね!

 

大白倉のバイトウ(奇祭)

2月14日(日)大白倉集落において、この集落の伝統小正月行事である「大白倉のバイトウ」が開催されました。本来であれば1月14日に開催予定でしたが、大雪のため1ヶ月遅れての開催となりました。

バイトウとは、雪原にケヤキやワラで小屋を作り、その中で村中の人たちが祝宴をし、最後に五穀豊穣を祈り、その小屋に火をつけ、燃え方でその年の作柄を占うというものです。

高齢化が進み、集落の人たちだけでは開催することが難しくなっていますが、

この伝統行事を守り続けようと年々ボランティアも増え、今年は前日からの作

業も含め延べ40人の方が参加し、大きな小屋を作り上げました。

夕方、ぞくぞくと人が集まり・・・

無病息災、家内安全、五穀豊穣など願い、祝宴が賑やかに行われました。

いよいよクライマックス!

この燃え方でこの年の作柄を占います。

さて、今年はどんな年になるのでしょうか・・。

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年2月14日

奇祭むこ投げすみ塗り2010

今年の松之山の奇祭、むこ投げすみ塗りは1月15日無事終了しました。

大雪に見舞われ、お客様はあまりいらっしゃらないかも・・・と思っていましたが、なんのその、大勢の方にご来場いただきました(^^)

 

今年の新婚さんお二組

お祝いでお酒を酌み交わし、ほろ酔い加減で出発です。

この斜面・・・!!担ぎ手は大変!後ろから押して押して、わっしょいわっしょいと威勢をつけ薬師堂まで登ります。

 

ニュース等でこの場面をご覧になった方も多いのではないでしょうか。

私は場所的に良くなく、あまり良い写真を撮れなかったので小さめに載せます(^_^;)

会場にいる皆さんで新婚カップルの夫婦円満を祈り、お婿さんは雪の中へ投げられました。

新雪なので、深く沈みすぎて窒息の心配もありましたが、それほど沈むことなく、無事お嫁さんのもとへ転がり落ちていきました。

そしてむこ投げが終わった後、すみ塗り広場へ移動(ほんの十数mくらい)。

広場には立派な賽の神が準備されてます。

火入れの前に無病息災・商売繁盛の祈願、年男・年女の厄払い等神事を行い、お神酒が振舞われ、宝みかんが投げられます。

飛び交うみかん(^^) 

「福」と書かれたみかんを取ると、福袋と引き換えられます。

 

そして新婚さんお二組により賽の神に火が入れられます。

勢いよく燃え盛る炎。全体が炎に包まれると、縄が爆ぜ上部が開きます。そして、温泉組合の合図を待ってすみ塗り開始となります。

柔らかそうな藁灰を手に取り、雪と混ぜ、塗りあいましょう(^^)

塗られるほどになぜだか楽しくなって笑顔になっていくこのすみ塗り(^^)

例えるなら、プロ野球で優勝したチームのビールかけのような盛り上がり!?

地元の人はもちろん、観光客も、取材のリポーターも、警察官も黒くなり、みんなが笑顔(^^)

終了後は、あったか~い温泉に浸かり、身も心もぽかぽかになれます。

今年ご参加くださったみなさま、雪の降る寒い日でしたが、ありがとうございました!お疲れさまでした。

 来年は土曜日の開催です。この楽しい伝統行事を体感してみませんか

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年1月15日

ミオンなかさと 400万人達成!

1月10(日)「ミオンなかさと」が、平成8年開業以来400万人目のお客様をお迎えしました。

私も、ミオンなかさとの温泉は大好きでよく利用させていただいています。

なんともいえないあたたかい香りが、疲れをとってくれます。

また、毎月26日(お風呂の日)には湯船が素敵に変身します!

ぜひお越し下さい。

 

map_link_img地図へのリンクはこちら

今週15日はむこ投げすみ塗りです

今週金曜日は、松之山温泉にて むこ投げすみ塗り が開催されます。いよいよあと三日に迫ってききました!

開催地の松之山温泉街の通りは、一軒一軒の旅館や民家に幟旗が掲げられ、雰囲気が高まってきてます…。

 

↓の写真、右の建物がお祝い会場になる「湯守処 地炉」です。ここで、投げられるお婿さん(新郎)や主催の温泉組合の皆さんが一杯呑み交わし(お婿さんは酔いで恐怖を和らげ(笑)、午後2時、薬師堂へ向けて出発します。

地炉から薬師堂まで100mくらい、雪の坂道を担ぎ手4名はお婿さんを担ぎ上っていくのです。。

↓奥にかすかに見える屋根が薬師堂です。当日は、道路から境内まで雪が踏み固められ道ができますが、現在はこんな状態。積雪は2m弱くらいあります。。お婿さんは投げられても平気なくらい積もりましたのでご安心を

毎年むこ投げは、地元選出の一組、応募で一組の計2組のお婿さん(新郎)が投げられます。今年は、全国各地から17組もの応募をいただきました!ありがとうございました!!松之山温泉組合による抽選の結果、決まったのは以下の新婚さんです。

一組目、地元カップルは、新婦さんが松之山温泉旅館の出身で、現在東京都大田区在住の久保田さんご夫妻。

二組目、応募され抽選により決定されたのは、埼玉県熊谷市在住の福島さんご夫妻です。

 今回たまたまなのですが、応募の福島さんご夫妻も新婦さんは十日町市(旧川西町)出身の方ということで、むこ投げの由来である「ムラ(集落)の娘をよそ者にとられた若い衆の腹いせが形を変えたもの」というのに当てはまります。

「むこ投げ」で新婚さんを祝福した後は、無病息災・商売繁盛を願う「すみ塗り」が薬師堂すぐ近くの広場にて行われますみんなで墨(どんど焼きの藁灰と雪をまぜたもの)を塗りあい、黒く塗られた顔を互いに見て笑っちゃうという楽しい小正月行事です。

 ←こちらは昨年の様子。

越後の奇祭と言われるこの伝統行事、大勢で楽しみたいと思います。皆さんのご参加をお待ちしております!

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年1月12日

雪下ろし&除雪作業

今年は、暖冬予想に反して結構降雪があります。豪雪の年に比べればまだまだですが。感覚的には、2月にたくさん降るのが、いつもよりひと月早く今の時期に降ってるような感じ。

もうこのくらいで十分なので、止んでもらいたいところです。

今日は十日町市役所松之山支所では、今シーズン1回目の屋根の雪下ろし(松之山では、家を雪から掘り出すという意味で、雪掘りともいいます)作業が行われました。

上がってるのは、支所職員と臨時作業員のみなさん。お疲れ様です!

屋根から落とされた雪が駐車場に溜まり、雪山ができあがります。

そこへ除雪車登場!

雪山をくずし、雪捨て場へ押していきます。

柱のすぐそばにある雪も、うまく障害物を除けきれいに除雪していきます。見慣れてるはずなのですが、間近で見るとやはり迫力があり、巧みな操作にじっと見入ってしまいました。豪雪地の除雪運転手さんは、技術が高いのです。

道路は、積雪があると、除雪車が出動し道をきれいにしてくれます。一晩中降る時などは、朝の通勤通学時間に間に合わせるように、早朝(夜中といったほうがいいような時間滞)から出ますので、おかげさまで不便なく出勤できます。

市街地や住宅が密集してるところは、道路に消雪パイプが通り、地下水が出て雪を溶かしてくれます。

十日町市へ車での旅行等を予定されてる方、あまり心配なさらずお越しください。

ただ、雪の降り方により除雪が間に合わないところや、道路わきに雪が積まれ雪壁となり見通しの悪い個所があります。ゆっくりと安全運転をお心掛けください。

 

松之山温泉スキー場新春餅つき大会!

新年明けましておめでとうございます。

年末年始と豪雪地らしい降り方となり、毎日何十cmと積もりました。。おかげでスキー場は恵みの雪となりました・・・!

2010年初の投稿は、松之山温泉スキー場にて1月2日に行われた「新春餅つき大会」の様子を報告致します。

手前のお漬物は、毎年餅つき大会をお手伝いいただいてる近所のおばあちゃんが漬けたもの。いろんな種類があるのです!どれもおいしくてあっとゆう間になくなっちゃう人気の品々。

普段はなかなか見られない杵と臼で搗く餅つきに、子どもたちは興味津々。

一臼目は主催者が搗き、二臼目からは希望する子どもたちに参加してもらいます。

重い杵を振り上げ、一生懸命に搗いてくれました!

搗きたてのお餅は格別ですね~

同所では、3月21日開催の「スキーカーニバル」にても餅つきを行います。

 

本年も、四季折々に様々な楽しみのある十日町市への来市をお待ちしております。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2010年1月2日