アーカイブ

HOME > author : tokamachi

十日町産魚沼コシヒカリ 「米屋五郎兵衛」


十日町生まれ、魚沼コシヒカリ。
「米屋五郎兵衛」誕生

◆その名の由来は―――

そのむかし、ある男がいた。
村山五郎兵衛。
村人の協力を得ながら野原を耕し、用水路を引き、十日町を日本有数の米どころへと導いた一人。
彼の意志を受け継ぎ、十日町から日本一のお米を届けたい。
そうした思いから、米屋五郎兵衛は誕生しました。

◆十日町だからこそのおいしさ―――

地域の約半分を山林・原野が占め、ブナ林や棚田など美しい景色が広がる。
一方、毎年の積雪が3メートルを超える県内有数の豪雪地帯。この雪のおかげで水資源に恵まれ。米どころとしての評価を得ています。

◆米屋五郎兵衛がおいしくなる理由―――

それは、米づくりに適した環境だけでなく、作り手の努力が実を結んだから。
農家の皆さんは常に勉強を重ね、試行錯誤を繰り返しながら一粒一粒を丁寧に育てています。

食べてみる、価値がある。
 十日町生まれ、魚沼コシヒカリ「米屋五郎兵衛」

秋の天気はかわりやすいのです

相変わらず、なかなか晴れ間が続きません。
天気予報では、今日の晴れ間を逃すと・・・しばらく雨の予報。
午前中、午後からと松之山地内アチコチを撮影しにいきましたが
今日はどこへ行っても、はせ掛けした稲をおろし脱穀する人の
姿が多く見受けられました。

お日様と秋の風でせっかく乾いた稲を、また雨で濡らしたくないですもんねぇ。

9月29日に稲刈りをした、まつのやま学園の中学生たちが今度は、はせ掛けしていた
稲を脱穀すると聞きおじゃましてきました。

先生お二方と一緒に7名の生徒が参加。
作業方法を教えてくださる地域の方の話を聞きながら作業がはじまりました。

 

良く乾いた稲は軽く、はせから外しどんどん脱穀されます。

ここで収穫したお米は、10月末に行われる産業祭や様々な機会に販売されます。

 

-----

紅葉の色づき具合を確認するため、大厳寺高原とその奥の信越トレイル松之山口へ
行ってきました。

大厳寺高原は、いい色になってきましたねぇ。
秋が深まっても赤い色に変化する葉がすくないのか、例年全体に黄色く色づきます。

信越トレイル松之山口も良い色合いになってきました。
すでに天水越のブナ林に入った方がいるのか駐車場には1台の車が止まっていました。

朝8時。寒いです! 朝から晴れるという予報を信じでかけましたが
・・・少し時間が早すぎた^^;
空は雲で覆われ、風が吹きます。と~~っても寒かったです。おいでに際には
必ず寒さ除けの上着などお忘れなく!

イベント満載!松之山の秋

10月14日(土)の朝8時ころから9時頃の間、松之山温泉街にて
「ラ・フェスタ・ミッレ・ミリア2017 in 松之山温泉」が行われました。

La Festa Mille Miglia 2017(公式サイト)

越後湯沢を出発し、国道353号線を通り約110台ほどのクラシックカー
が温泉街中央に設置されたスタンプポイントをめざしやって来ました♪

スタンプポイントには、温泉街の女将さん達や、名物キャラの眞ちゃん
そして、松之山温泉のキャラクター「ゆとっと」などのスタッフたちが
参加者の皆さんをお待ちしていましたよ♪

スタンプポイント通過後には「PC競技」と呼ばれる、決められた区間を
決められたタイムで走るという競技が行われました。
1台ずつタイムを測定するので、やってきた車はいったん停車します。
そんなわけで、温泉街にはクラシックカーの大渋滞ができました。

車が停車している時間があったので、会話が弾みます♪
ドライバーの方とおかみさんとの間で「方向指示器が変わっている」
そんな会話が交わされたようで、停車中に方向指示器が車から
ポコッと飛び出て、驚く女将さん(笑) クラシックカーすご~い!

いやぁ、壮観です!!

クラシックカーは、今の車と違い長時間エンジンをアイドリング(っていうのかな?)
させておくことが難しいのだそうで、どの車も停車中に時々エンジンを
ふかしたり、エンジンを停車させ渋滞解消されるのを待つ状態でした。

お宿をご利用されたお客様の中には、この様子をカメラに
おさめようと、浴衣のままあちこちで撮影されている様子もあり
車好きの方も、そうでない方も楽しく過ごせた朝のひと時です(*^-^*)

------

松之山地内各所が秋色に色付き始め、秋ならではのイベントが開催されます。

10月28日(土) まつのやま学園フェスタ

10月29日(日) 松之山産業祭 チラシ(表)チラシ(裏)
(同時開催:松之山美術展 10/27.28(土日))

11月3.4日(金祝・土) そば処ほほえみ「新そばまつり」

11月11日(土) ひのき屋ライブ in まつのやま
(お問合せ:松之山公民館/電話 025-596-2265)

11月11.12日(土日) おふくろ館「新そばまつり」
(そば打ち体験もできます/要予約)

などなど。

すでに色づき始めた「大厳寺高原」
ほんのり色がつきはじめている松之山地内の紅葉。
そして例年11月初旬から中旬にオレンジ色になる美人林。

秋の景色と共に、文化や食なども楽しめる松之山地内。
ひとしきり遊んだあとは、温泉でゆったり身体をあたため、休めて
秋を満喫してください♪

星と森の詩美術館の秋

天気がいいので、秋を探しにお出かけに行ってみました。星と森の詩美術館。みなさん、行ったことありますか?
入口までのブナの林を歩くと、コトン、コトン、って聞こえるんです。あ、どんぐりだ!帽子もかぶってる。かわいい~!! 

林の中のあかちゃんブナの隣にはきのこも出てましたよ(でも多分食べられない。。。)


美術館の中の喫茶室からは、ほら、こんなにむこうのほうまで見渡せるんです。ちょっと素敵でしょ。

これから季節もどんどん深まっていきます。十日町の秋を楽しみに、あなたも出かけてみませんか?
星と森の詩美術館では、冬季閉館前の最後の企画展開最中です。
詳しくはこちらをご覧ください。

「第4回信越県境地域づくり交流会」を開催します

※画像をクリックするとチラシデータがダウンロードできます(A4・2面/PDF)

 長野県と新潟県の境界をはさむ国内有数の豪雪地帯は、中山間地域や地方都市ならではの共通課題を数多く抱えていますが、魅力的な地域資源や意欲的な地域づくりの取組みも数多く存在します。この地域が将来にわたり豊かであり続けるためには、歴史的にもつながりの深かった近隣市町村の人々がお互いに関心を持ち、境界を越えて交流・連携することが大切と考えています。

 そこで、信越県境に近い各地域において地域づくりに取り組む方々からお集まりいただき、学びと交流を深める会を平成27年度から開催しています。

 この会をきっかけとして、このエリア一帯に存在する地域資源や取組みの素晴らしさを再発見できたり、今後の活動へのモチベーションにつながったり、あるいは情報交換や切磋琢磨できる関係が生まれ、未来の地域づくりのパートナーが生まれるきっかけになれば幸いです。皆さまのご参加をお待ちしております。

【日時】
 平成29年12月9日(土曜日) 午前10時~午後7時
【会場】
 町家交流館高田小町(上越市本町6丁目3番4号)・高田世界館(上越市本町6丁目4番21号)
 ※えちごトキめき鉄道「高田駅」より徒歩約10分。 会場の駐車場は台数に限りがありますので、公共交通機関もしくは近隣の有料駐車場をご利用ください。
【参加費】
 無料(弁当代、懇親会費は実費)
【定員】
 100人(先着順)

※申込み・イベント詳細はこちらをご確認ください。

10/29 ツールド妻有 2017「秋」

ツールド妻有とは

TOUR DE TSUMARI(ツールド妻有)は、新潟県妻有(十日町市・津南町)地方で、3 年に一度開催される現代アートの祭典「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」において、建築家伊藤嘉朗氏が、2006 年に企画・発案されたサイクリングイベントです。
伊藤嘉朗氏は、美しい里山の風景やアート作品、建築作品などを楽しみながら自転車で巡るアートツアーとして、移動そのものを作品のテーマにしました。
2006 年以降、伊藤嘉朗氏を中心に、地元の大勢の皆さんのご協力のもと、毎年開催されており、2009 年と 2012 年、2015 年は「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の開催年であり、芸術祭の公式イベントとして開催されました。

この秋、“ツール妻有2017「秋」” 開催!

諸事情により中止しましたツールド妻有 2017 ですが、この度縮小版として「秋」を開催することとなりました。
秋の越後妻有は、獲れたての新米・新そばだけでなく、各種きのこや野菜、果物など旬の味覚にあふれています。
また、夏とは違う里山の美しい紅葉をぜひともご堪能ください。

【開催日時】2017 年 10 月 29 日(日)午前 8 時スタート
【受付・集合場所】新潟県十日町市 ミオンなかさと(新潟県十日町市宮中己 4197)
【走行距離】70 km コース
【募集人数】70 km コース 300 人
【募集期間】2017 年 10 月 6 日(金)〜 10 月 20 日(金)まで
      ※ 定員に達し次第募集を締め切ります。

※参加申し込み・詳細情報は公式ホームページをご確認ください。

11/21-26 ミュシャが愛したプラハ美術展

第1回アートフェスティバル ~ミュシャが愛したプラハ美術展~
 

「ミュシャが愛したプラハ美術展」では、本年度東京新国立美術館において
動員数70万人を超えた芸術家 アルフォンス・ミュシャ を中心に、
プラハを代表する画家約30名、100点の作品をあてま高原リゾート ベルナティオ 館内にて
展示販売いたします。
また、それにあわせチェコ料理をホテル自慢のシェフが作り、
「チェコ・プラハ」を新潟県十日町市で感じていただく初のイベントです。

  

イベント詳細

 日程   展示会 : 2017 年 11 月 21 日(火) ~ 11 月 26 日(日)
  晩餐会 : 2017 年 11 月 25 日(土)
 時間   展示会 : 8 時 00 分 ~ 19 時 00 分
  晩餐会 : 18 時 00 分 ~
 会場   あてま高原リゾート ベルナティオ : 別館ロビー・クオーレ
 主催   あてま高原リゾート ベルナティオ
 後援   ・十日町市教育委員会
  ・(一般社団法人)十日町市観光協会
 企画・運営     画廊 アートエミュウ
  お問い合わせ:TEL.043-241-0736

 

展示作品イメージ

同時開催

晩餐会 チェコワインとプラハの夕べ
ベルナティオ総料理長が奏でるプラハ料理と旬の食材のフルコース、
ソムリエの選ぶチェコワインの調べ、それらに花を添える生演奏クラシックコンサートの
アンサンブルをお楽しみください。

■日時 : 2017年11月25日(土) 18時00分~
■料金 : お一人様 13,000円(税込 14,040円)
■定員 : 60名
■会場 : ホテル別館3階 フィオリア
■ご予約 : ベルナティオ予約デスク TEL.025-758-4141

チェコ料理フェア
期間中、レストランにてホテル自慢のシェフが作るチェコ料理をご提供いたします。
プラハ美術を楽しんだ後は、チェコ料理で芸術の街プラハに思いを寄せてみませんか?

■日程 : 2017年11月11日(土) ~ 11月25日(土)
■会場 : レストラン「アイリス」※ランチ・ディナー営業
■ご予約 : ベルナティオ予約デスク TEL.025-758-4141

≫≫公式ページはこちら

スポーツの秋です(松之山)

10月7日(土)今朝降った雨もやみ、くもり空でしたが
外でスポーツをするにはちょうど良い天候の中
「第23回 まつのやま湯鳥(ゆとり)駅伝」が松之山体育館と
グラウンド、そしてその周辺に整備されているクロスカントリーコースを
会場に行われています。

9時20分から行われた「湯鳥駅伝」には小中学生と高校・一般の部、そして
各地域ごとに選抜された選手がチームを作り出場し、各区間を走ります。

グラウンドからスタートした選手たちは、自然いっぱいのクロスカントリーコースを
走り、またグラウンドへ戻ってきます。

コースのあちこちに地域の方が応援に来てくれて声援を送ります。
大声援が上がると、嬉しそうに走る選手、少し照れながら走る選手などいて
微笑ましい場面の多いこの大会♪

駅伝の選手たちがゴールすると、次は第45回 健康マラソンが同時開催されます。
午前11時半に行われる予定の閉会式まで、松之山グラウンドやクロスカントリーコースは
大きな声援と共に選手の元気な走りが見られそうです。

9/29 松之山紅葉情報

9月29日(金)朝7時の気温が8度。とても寒い朝でした。

里の木々が少し色付き始めているので、大急ぎで大厳寺高原の
紅葉色付き加減を確認に行ってきました。

大厳寺高原の奥、大厳寺牧場内の木の全体がキレイに色付き始め
秋の深まりを感じます。

大厳寺高原にある不動池奥に目をやると、今週初めに来た時よりも
色付いているように見えますねぇ。 朝晩が寒くなるとドンドン色づきが進みます。
今後もできるだけ頻繁に確認して、見ごろ時期を確認します^^

 

松之山地内では稲刈りがどんどん進んでいます。
刈り終えた稲穂を「ハザ掛け」し自然乾燥をしている景色をあちこちで
見かけるようになりました。
もうじき、美味しい棚田米が食べれる時期になります♪

9/25 松之山紅葉情報

秋晴れの日が続きます。
各地で稲刈りが進み、風には稲穂の香りが混ざり
秋を感じる日々です。

松之山地内 大厳寺高原へ行ってきました。
少しねずみ色の雲が空にありましたが、その後どんどん
青空の範囲が広がっていった朝。


不動池では早朝からSUPの練習をする人の姿がありました。
池の周辺で栽培されているソバの花が満開を過ぎ、そろそろ
収穫の頃が近づいているようですが、まだ美しく咲く花もありました^^


森の奥の方から少しずつ秋の色づきが始まっているようです。
これから朝晩の気温がさらに下がると、この色づきが進み今年も
素晴らしい紅葉が楽しめるでしょう♪

今年も開催クラシックラリー!!

ラフェスタミッレミリア2017 が今年も松之山温泉街へやってきます!

昨年行われたのが「20回記念大会」。今年は「20周年記念大会」
なのだそうです^^

今年のパンフレットが届きました~!
松之山温泉街の画像が大きく掲載されています♪
湯けむりが良い感じ。

開催まで日まで、あと1ヶ月。

お目当ての選手や車を想像しながら、できたてパンフレットをじっくりご覧ください。

尚、今年はチェックポイント通過後、温泉街の中でタイムトライアルがあります。
定められた場所を定められた時間に通るという競技で、そのタイムの誤差で
順位が決まるものです。

お楽しみに!!

ラフェスタミッレミリア2017<公式ページ>

 La Festa Mille Miglia 2017 in 松之山
 10月14日(土) 朝8:00~9:00 松之山温泉街チェックポイント

 14日は、越後湯沢~松之山温泉街~上越方面へ移動します

11/11- 国宝火焔型土器体験ツアー

縄文女子大集合!

女性限定のモニターツアーのお知らせです。
「国宝 火焔型土器」出土地である、新潟県十日町市。
豊かな縄文文化が栄えていたであろうこの地域で、大自然と縄文文化を体験してみませんか?
女性限定 先着20名!!
お早めにお申し込みください。


日程 2017年11月11日(土)、12日(日)
料金 1泊2日(3食付き)7,000円
※モニター価格のお得なツアーです
出発・解散 十日町駅西口
行程 十日町駅 西口 13:00集合 ==⇒ 十日町市博物館 ==⇒ あてま森と水辺の教室ポポラ==⇒
あてま高原リゾート ベルナティオ(宿泊)==⇒ 中条笹山縄文ひろば ==⇒ 道の駅クロステン
==⇒ 十日町駅 西口 14:05解散
体験 【あてま森と水辺の教室ポポラ】
① 縄文人が暮らした里山散策(ブナ林)
② 水辺のホールで、縄文トーク&プチ縄文体験
【中条笹山縄文ひろば】
火焔型土器チョコづくり
申込〆切 10月27日(金)※定員に達し次第、締め切らせていただきます。


申し込み方法

下記「問い合わせフォーム」からお申込みいただけます。
 ① お問い合わせ内容を【ツアー申込み】にチェック!
 ② 必要事項をすべて入力 ※必須項目以外も必ずご入力ください。
 ③ ご質問・ご相談内容欄に、下記の内容をご記入ください。
  ・当日連絡のつくお電話番号(携帯電話)
  ・お友達と参加の場合、その方のお名前
  ・その他、そばアレルギーなどの特記事項
  ※ツアー申込みは原則、参加者おひとり様ごとにお願いいたします。

棚田見学の皆様へお願い

8月26日のNIKKEIプラス1の何でもランキング「コメ作りが生んだ棚田10選 里山の絶景を見に行こう 」で、十日町市松代地域の「星峠の棚田」が第1位に選ばれました。
お陰様で観光協会への問い合わせも増えており、特に稲刈りが何時頃かという質問を多く頂きます。稲刈りは天候によるところもあるので正確に何時からとは言えないのですが、星峠も含め当地域の棚田では9月15日頃から始まる所が多いようです。
そこで、これから棚田見学を考えている方へ観光協会からいくつかお願いがあります。

①稲刈り時期はコンバインなどの通行が増えます。集落内や棚田周辺の道路は農耕車優先です。道幅の狭い所への駐車など農耕車の通行の妨げとなるような行為は止めてください。また集落内は道幅が狭く、カーブが多いので徐行運転でお願いします。
②農地(田んぼ、畔、畑)には入らないでください。見学の際は農作業の支障にならないようお願いします。
③ゴミは必ず持ち帰るようお願いします。

棚田の景観はそこで米作りをする農家の方によって守られています。この美しい景色を残していくため、是非ともマナーを守って見学いただきますようお願いします。

きもの初心者にやさしい!「きものレッスン&カフェ」 

全3回のレッスンで着付をマスターしてみんなでカフェにでかけよう!という
「きものレッスン&カフェ」。
きもの初心者には(もちろんそうでない方も)なんだか魅力的な企画なのです(‘ω’)
その第1回が、十日町市の(株)桐屋さんで開催されました。
豪華な『辻が花』のきものが並ぶ大広間にてレッスン開始!

こちらの桐屋さん、お着物はもちろん建物内の佇まいも中庭も素敵(*’▽’)
館内のシチュエーションはまさに「千と千尋の神隠し」!

また、中庭の望む広間では着物や小物の販売のほか、タペストリーの絵付け体験
もされています(※要予約)。

このレッスン、第2回は南魚沼市の(株)やまだ織さんが会場となります。
現在募集は締め切りましたが、こういった試みによって着物がもっと身近に
楽しめるようになるといいですね☆(=゚ω゚)ノ

きものレッスン&カフェ 2017

~自分できものを着たいあなたへ~

「自分で着付けができるようになりたい。」
「普段着のようにきものを着て街に出かけたい。」
そんなあなたの望みを叶えるため、秋までに着付けをマスターできる3回のレッスンと、自分できものを着ておしゃれなカフェに出かけるイベントを開催します!

きものレッスン(全3回)
■8/20(日)13:30~15:00  ㈱桐屋 翠山工房(十日町市)
■9/3(日)  13:30~15:00  ㈱やまだ織 本社(南魚沼市塩沢)
■10/8(日)13:30~15:00  長命寺(十日町市松代)

きものカフェ
■10/29(日)10:30~12:00 OHGIYA CAFE(南魚沼市塩沢 牧之通り)

【お問合せ・お申込み】
㈱やまだ織 TEL 025-782-1121/FAX 025-782-1120
 

絶景探偵

少々お知らせするのが遅くなってしまいましたが

福島中央テレビが制作する「絶景探偵」という短編ドラマを十日町市内で
撮影し5月27日に福島県内にて放映されたそうです。
※尚、この作品は映像作品としてアジア圏にも提供される予定とのこと

下記URLで観ることができますので、お時間ある時に観てくださいね。
十日町市内の観光地各所が出てきます^^
(このドラマは3分32秒の短編です)

福島中央テレビ制作「絶景探偵 第13話 相棒と霧の水田」

車いらず!? ☆アート作品盛りだくさん☆

—— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇——

この記事は武蔵野大学の学生さんが、インターンシップとして
取材・ブログ記事の作成に取り組んだものです。
大学生の目線から見た十日町の魅力をぜひご覧ください。

—— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇——

まつだい駅から徒歩圏内で行ける城山作品群!

農舞台を越え、松代城跡公園に向かう山道。
車がない観光客の皆様にもたくさんの作品を見てもらえるように
大地の芸術祭のアート作品が点在しています(●^o^●)

その作品をちょこっと紹介♪♪

作品名:リバース・シティ
パスカル・マルティン・タイユー作

この鉛筆一本一本には国名が書いてあります!
色とりどりで可愛いですね☆

作品名:WDスパイラル・パートⅢマジック・シアター
ハーマン・マイヤー・ノイシュタット作

実際にこの中にも入れて、お子様には喜ばれそうですね!

作品名:〇△□の塔と赤とんぼ
田中新太郎作

14Mもある大きな塔に鮮やかな赤とんぼがいるのが特徴です!
あいにくの曇りなのが残念でした(T_T)

作品名:フィヒテ
トビアス・レーベルガー作

森の中の異空間スペース!!!!
アーティストがドイツ人の方なので、ここの本棚にはドイツ人の作家さんが書いた本が多く置いてあり、実際に読むことも出来ます!
マイナスイオンを浴びながら、鳥のさえずりを聞きながら読む本は最高だと思います♪

この作品群には、1時間コースと2時間コースがあります!(徒歩)
山道なので、坂道が多いですが、自然がたくさんあり、上から眺める
景色はとても綺麗なので、ゆっくり見るのがおススメです(≧▽≦)
※車でも行けます!!

★作品群を見終わって、休憩をとりたいお客様に朗報です!★

実は、山の麓にある農舞台には「越後まつだい里山食堂」というレストランがあるんです!


こちらも、アーティストさんが作った一つの作品となります。

この食堂のテーブルは全て鏡になっています。
天井にある写真がテーブルに映るんですね\(◎o◎)/!

食事をしながら、外にある作品群を眺めることが出来ます。

このように、まつだいの駅周辺には作品が盛りだくさん!!
是非、足を運んでみてください!!!(*^_^*)

『森の学校 キョロロ。』ヘ(ё)ヘ

—— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇——

この記事は武蔵野大学の学生さんが、インターンシップとして
取材・ブログ記事の作成に取り組んだものです。
大学生の目線から見た十日町の魅力をぜひご覧ください。

—— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇——

ここ、『森の学校 キョロロ。』は十日町市の松之山の自然を体いっぱいに感じられる科学館です。
館名はここ松之山に生息するアカショウビンという鳥の鳴き声から取ったとか。運が良ければ、入り口付近でも聞こえるそうですよ!
特徴的な錆びた外装は厚い雪に耐え忍んだために成り果てた雄姿。格好いいですね!

入口でお出迎えしてくれるカメとか   

きょろっとした眼が可愛いヘビとか    

仏頂面のカエルや
魚もいますよ!(*´ω`*)

多種多様な蝶の標本で埋め尽くされた部屋は圧巻です!

展望台の様子もちらり。160上る覚悟がある人は是非実際の景色をご覧ください!

ワークショップなどの体験イベントもありますよ!思い出に一品、夏休みの自由研究にもどうぞ♪

興味がわいた人、自然や生き物が好きな人は是非『森の学校 キョロロ。』へお越しくださいませ。

夏日です!

7月18日、新潟県内に大雨警報が出る中、松之山地内では
少し雨が降り落ちる蒸し暑い日でした。
この日の午後から留守原の棚田で地域の方々が協力して
草刈が行われました。

そして、昨日は夏日! とても暑い日でしたが空がきれいなので
草刈が終わった直後の留守原の棚田と、緑がキレイな大厳寺高原
へ行ってきました♪

セミが鳴いて、車と一緒にオニヤンマが並走してきます。
夏が来た~~~~(●⌒∇⌒●) わーい

 

大厳寺高原へ向かう道の先には田んぼや畑もあり
地域のお年寄りが電動三輪車、電動四輪車に乗って
ゆっくり山道を登っている時があります。

お車でおいでの際は、ゆっくり速度でおいでくださいね。

蓮、咲始めました!

前回ご紹介した「二ツ屋集落」と「宝泉寺」の二千年蓮。
どちらもいよいよ咲始めを迎えました!

まずは二ツ屋集落の蓮から…




一部の蓮田は見ごろと言ってもいいのではないでしょうか?
みずみずしい緑に蓮のピンクが映えます。
まだ大小様々な蕾があるのでしばらくは楽しめそうです。

続いて宝泉寺の蓮です。

こちらも咲き始めていますが、今にも開きそうな蕾が沢山あります!
数日中に見ごろといった感じでしょうか。

蓮は早朝に咲き、午前中の内にしぼんでしまう花だそうです。
そして散るのも早いとの事。
ご見学はお早めに~。

ロマンあふれる二千年蓮!

二千年前の蓮を復活させた「二千年蓮」
十日町市内では「二ツ屋」という集落内にある蓮田と、「宝泉寺」というお寺内の池でこの蓮を見ることができます。
さーて、例年ですとそろそろ見ごろを迎えておりますが今年はいかがでしょうか…?
二ツ屋集落内蓮田

宝泉寺


ん~…蕾は多くなってきましたがまだ小さいですね~
宝泉寺の方が若干大きいように見えます。
でも中には咲き始めている物もありましたので、もう少しすると一斉に開花が始まりそうですね!おそらく今週末辺りになるでしょうか?
楽しみです~

なお、二ツ屋集落の蓮田につきましては、現在道路改良工事のため迂回路を通らないと行くことができません。
その迂回路はとても狭い山道でございます。迷わないよう看板はたくさん設置されていますが、軽自動車でも譲り合わないと通れない部分もありますので、くれぐれもご注意ください。
↓道路の様子

ひんやり涼しい!おすすめスポット「美人林」✿

—— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇——

この記事は武蔵野大学の学生さんが、インターンシップとして
取材・ブログ記事の作成に取り組んだものです。
 大学生の目線から見た十日町の魅力をぜひご覧ください。

—— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇——

「美人林」とは...

一面に生えそろっているブナの木が美しく、見事なことから「美人林」と呼ばれるようになりました。 年間10万人が訪れるブナ林で、「日本三大ブナ林」の一つに数えられています。
今日の美人林は朝方に雨が降っていたので、地面に水が流れているところもありました。

 

足元が不安定な中進んで行くと...
 ため池にブナの木が映り込んでいてきれいでした(*^_^*)

雨のおかげでしっとりと濡れたブナの木もいいですね♪

葉が青々としていて鮮やかでした~

美人林には野鳥が多く生息していて、所々で鳴き声を聴くことができました。
残念ながら見つけることはできませんでしたが、沢山の鳴き声は聞こえてきました。
美人林の中はひんやりとしていて過ごしやすかったです!!

周辺の気温より2℃低いそうです。夏には嬉しいですね♪

美人林の中にいるだけでリフレッシュできました(^o^)

これからの季節にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

美人林の詳細情報はこちらをクリック☆

 

 

あじさい公園最新情報♪

本日も、行って参りました!あじさい公園(´ω`*)

今日は久しぶりの快晴!大勢の方々がお車でお越しになっていましたよ(*‘∀‘)!

じゃーん!|ω・)

もうほぼ満開と言って良いのではないでしょうか(*‘ω‘ *)♪

今週末から来週にかけてとっても見頃だと思います♪

お時間ありましたら是非寄ってみてくださいね(●´ω`●)!

あじさい公園と二千年蓮の様子

梅雨に入ってジメジメ~っとした日が続いております。今日もどんより曇り空~(@_@;)
そんな時期だからこそ美しく見える「あじさい」。
そのあじさいが1万4千株もある「あじさい公園」はいよいよ見ごろを迎えそうです!(*´∀`*)


かなりの数の花が色づいてきましたよ~!(*´ω`*)
最盛期になるのは来週になるでしょうか?楽しみですね!

さてさて、続いて同時期に人気な「二ツ屋二千年蓮」をご紹介~
この蓮は二千年前の蓮を復活させたロマンあふれる蓮です。
さてその様子は~?o(^o^)o

あれ…?
例年このころになると蕾が多くなっているはずなんですが…( ̄□ ̄;)
蕾は1~2個しかありません。今年はちょっと遅いようですね(^_^;)

なお、今年は二千年蓮につながる道路の改良工事をおこなっており、迂回路を通らないと行くことができません。
迂回路には↓のような案内看板が用意されています。

この迂回路はとても狭い山道を進む形となりますので、お越しの際は十分ご注意いただけますようお願い申し上げます。m(_ _)m