アーカイブ

HOME > author : tokamachi

世界へ繋がるちょっと優しいプロジェクト

観光協会にいると海外のいろいろな国の方々と接する機会があります。
どこかで十日町の自然景観、雪、芸術祭、、、のことを
知っていただいて、来ていただけて、嬉しい限りです。(^-^)♪♪
私たちのこの小さな町も世界の国々とつながっているってステキなことです。

そして本日は、十日町と世界をつなげていくちょっと優しい
プロジェクトのご紹介です。

3月はお子さんのいらっしゃるご家庭では卒業の季節ですね。
日本では学校に行くのは当たり前ですけど、世界にはそれがまだまだ難しいという国もあります。
そういう国の子供たちに、ちょっとだけ手を差し伸べてあげることができたら。。。
そんなプロジェクトを十日町市内のホテルが行っています。
それが「ベルナティオ ランドセルプロジェクト」です。
小学校を卒業されるお子様のランドセルをお譲りいただけたら、
ホテルのほうでそこに文房具を詰めてアフガニスタンの子供たちにプレゼントする
というものだそうです。

ホテルを訪問したところ、ロビーは送られてきたランドセルで飾られていました。

このランドセルたちが、海を越えて、遠くの国の子供たちの手に渡っていくんです。
そして「勉強をしたい、学校に行きたい」という子供たちの希望を
かなえる第一歩と、きっとなっていきます。
このランドセルを背負っていた子供たち、これから背負っていく子供たち、
そのキラキラした姿がこのロビーに飾られたランドセルに透けて見えるようです。

また新たにこの町と世界をつなぐ糸の一本一本になっていってくれることでしょう。(^-^)

プロジェクトの詳細はこちらのベルナティオのHPからどうぞご覧ください。(^-^)/

【審査結果発表】2019きものの街のキルトコンテスト

◆「2019 きものの街のキルトコンテスト」審査結果を発表します。
審査結果一覧は こちら(PDFダウンロード・A4)

【和布部門】  
■ 金 賞
 
中村勝子(神奈川県愛甲郡)
「愛しい」
 
■ 銀 賞

川野律子(兵庫県宝塚市)
「時を超えて、つなぐ想い。 Vol.2」
■ 銅 賞

宇都とし子(鹿児島県南さつま市)
「万華鏡の想い出」 
■ 入 選
宮川静枝(長野県須坂市)   「花鏡の間」
福田ひろ子(宮崎県宮崎市)  「時は流れて・・・・・再生!」
安室雅代(東京都杉並区)   「市松模様にサンプラーキルト」
野口八重子(埼玉県さいたま市)「和布の集い」
糸山久美子(福岡県福岡市)  「花雀」

 
【フリー部門】

   ■ 金 賞 

白石理枝(愛媛県伊予郡)
「Artichoke」
 ■ スポンサー賞 

野口八重子(埼玉県さいたま市)
「100の山に咲く花図鑑」

  ■ 入 選
上野知佳子(和歌山県有田郡)    「Ariki Street」
中嶋栄子(京都府相楽郡)      「花・華」
伊藤妙子(岐阜県大垣市)          「満天の星」
富永聡美(神奈川県相模原市)    「アルガンツリー?」
上川啓子(福岡県宗像市)      「私に乾杯!!」 

 

■ 十日町市観光協会長賞
和布部門  山本千恵(長野県須坂市)「輪になって踊ろう」

■ 十日町市商店街連合会長賞
フリー部門  菅原厚子(神奈川県横浜市)「飛ぶ鳥大空へ」

■ カールベンクス賞
和布部門  坂上政子(富山県富山市)「星の棚田」

 

■ 佳 作
和布部門   福田ひろ子(宮崎県宮崎市)「まぁるくなぁれ!Ⅲ」 
       佐藤好子(神奈川県平塚市)「里山の春」
       有賀萬里子(東京都世田谷区)「あさがお」
       石見咲子(大阪府大阪市 )「里」 
       吉澤静子(埼玉県入間市 )「里の春」 
フリー部門  井上順子(埼玉県深谷市 )「還暦 初心にかえるサンプラーキルト」
       越川優子(千葉県千葉市)「アフリカンカラーイメージ」
       キルトリーダーズ埼玉(埼玉県さいたま市)「フレンドシップキルト「レッド&ホワイト」」
       駒村智子(長野県須坂市)「夜に舞う」
       筧恭子(東京都世田谷区)「華曼荼羅」

 

 

■2019きものの街のキルトコンテスト■
【募集部門】
 和布、フリー
【審査員】(敬称略)(◎印:審査員長)
 ◎岡本 洋子    (公財)日本手芸普及協会 評議員
  堀田 正     新潟県美術家連盟 参事
  福田 浩子    縦糸と横糸(福田浩子パッチワーク教室)代表
  田村 恭子    十日町服飾専門学校 顧問

きものレンタル

きものの里をきもので歩こう!

 

「母親のきものがあるけど、着ることができなくて・・・」
「きものを着てみたいけど、持っていないから・・・」

 

 

「きものの里」十日町では、毎年5月3日に「十日町きものまつり」が開催されています。
 今年はきもの姿で参加してみませんか?

【募集チラシ】※クリックしていただくと大きくなります。


 

【予約状況】2019.3.20現在
 ・レンタル男性165㎝:受付終了しました。
 ・レンタル男性180㎝:受付終了しました。

【日時】   平成31年5月3日(祝)
  受付:8:30~(先着順)/着替え:16:00~(予定)
【料金】   ・きものご持参の方:3,000円(着付料)
  ・レンタルの方:5,000円(きもの、帯、草履、着付料)
  ※料金は当日お支払いいただきます。
       ※ヘアメイクは含まれておりません。
【ご用意頂くもの】

 ・きものご持参の方:一式
 ・レンタルの方:
 [女性] 白足袋、裾よけ、肌襦袢、補正用タオル(2~3枚)、腰紐(3本)、伊達締め、
      コーリンベルト(2本)、帯枕、帯板
      ※上記お持ちでない場合:着付け小物一式1,500円
    [男性] 足袋(紺又は黒)、下着(Vネックシャツ、ステテコ)、補正用タオル(2~3枚)、腰紐2本

【申込み・問合せ】  十日町きものまつり実行委員会((一社)十日町市観光協会内)
 TEL 025-757-3345 / FAX 025-757-5150
 ■きもの、有料オプションは数に限りがありますので、お早めにお申込みください(先着順)。

雪割草愛好家の皆さんへ!

全国的にこの冬は暖かかったですね。
雪国十日町市でも今年はもう春の予感がしています。
さてこうなると、きっと園芸家の皆さん、庭好きの皆さん、気持もそわそわ園芸店に足を運び始める
のではないでしょうか。
この時期特に山野草愛好家の皆さんに特に人気なのは「雪割草」ですね。
雪割草は新潟県に多く自生し、新潟県の草花と指定されています。
十日町市内のホームセンターでもそろそろポット苗の販売が始まっていました。

ところで皆さんは、この十日町市でも珍しい雪割草を見ることができるのを知っていますか?
それが、来週末3月23日(土)/24日(日)に行われる「まつだい駅まつり」での展示即売会なのです。

こちらの写真は昨年の様子です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほくほく線まつだい駅に降りたら、まず、観光案内所によってください!!
各日先着300名様のガラポン抽選会やってみましょう!!(^o^)/
雪割草のポット苗が当たるかもしれませんよ(^_-)-☆

地元の人たちや、おなじ趣味を持つ人たちとのちょっとした会話を楽しみながら
お気に入りの一鉢をさがしてはいかがですか?

詳しくはこちら⇒http://www.tokamachishikankou.jp/event/30986/?instance_id=557

農業×婚活 『農コン』

新潟県十日町市の農業従事男性と♡移住したい都会女子の出会いイベント『農コン』

米どころ魚沼で田植え&旬野菜アスパラガス収穫を体験する1泊2日の婚活ツアーイベントを開催します!

 

十日町で過ごす、1泊2日の旅

【旅行期日】2019年5月18日(土)~5月19日(日)
【募集条件】女性:20歳~40歳くらいの独身女性
     男性:20歳~40歳くらいの独身農業従事男性
(但し、十日町市在住に限る)
【募集人数】独身の男女 各10名(計20名)
 ※参加男性には事前セミナーを行いますので、お申込み後にご連絡させていただきます。
【旅行代金】女性:10,000円(税込)
      男性:17,000円(税込)

(宿泊費、食事代[夕食1、朝食1、昼食2]、保険料、移動費含む)
※バス乗車場所までの交通費は別途自己負担となります。
定員/27名(最少催行 14名)
◆宿泊:あてま高原リゾートベルナティオ(TEL 025-758-4141)

【日程】
1日目 田植え体験 → BBQパーティー(先輩移住女子のトークもあり!) → ファーストカップリング 【宿泊、BBQ会場:あてま高原リゾート ベルナティオ】
2日目 アスパラ収穫体験 → 清津峡渓谷トンネル見学 → 昼食・懇談会 → ラストカップリング

※参加者にはスケジュール等の詳細を個別にご案内します。

 

【お申込み】

申込み〆切:2019年4月25日(木)
※ご予約の前に必ずご旅行条件書をご確認ください。

ツアー申込みフォームはこちら

TOPICS

チラシデータダウンロード

PRパンフレット

■松代・松之山温泉観光案内所より■

松代小学校3年生が総合的学習のテーマを
「松代おすすめスポットPR大作戦」として1年間取り組んだ成果を
パンフレットにして松代・松之山温泉観光案内所へ届けてくれました♪

『松代のおすすめスポット』という手作りのパンフレットです。

2~3人のチームに分かれ、原稿を考え、学習したばかりのローマ字を使いながら
パソコンで作った手作りのパンフレット。
届けられた封筒の中には担任の先生から愛情のこもったお手紙と2人の生徒から直筆のお手紙も添えられていました。

このパンフレットは、道の駅まつだい ふるさと会館内にある 松代・松之山温泉観光案内所の窓口カウンターにありますので、ぜひお手に取り内容を見て観光に役立てていただけると嬉しいです^^

3月3日 棚田情報

晴れの日が続き、気温も上昇しています。
今年は春が少し早くきているかもしれません。

2019年3月3日(日)朝9時頃 晴天 気温:とても寒い

この日は地元で言う「凍み渡りができる」雪の状態でした。
これは、水分の多い雪が低い気温で凍り、雪面を大人でも歩ける状態です。

【星峠の棚田】
峠集落から田んぼへ向かう道は、一部除雪がされていますが、棚田が見える
場所まではまだ雪の上を歩く必要があります。
※駐車場はまだ除雪されていません。

海外から多くの観光客がおいででした。
まだ雪面が凍っているので、雪の上を楽々歩いて行けます。
多くの人が歩いた場所は固く踏み固められていますが、その脇は
雪面が凍っていても雪は柔らかく足が雪にハマリ、危険です。
(地元ではこれを『足がドブル』と言います)

雪面が固く凍っていないときは、スノーシューなどを履いて行くことを
おすすめします。
 
棚田は雪解けが進み、畔周辺の土が見える箇所が多くなっています。

【儀明の棚田】
国道253号線沿いの棚田です。
道路脇、路肩にはまだ多くの積雪が残りますが、儀明の棚田が観られる路肩だけ
多くの方が来ていたのでしょうか、雪が消えていました。

田んぼの一部が雪解けしています。
桜の木には多くの蕾がついているように見えました。

【蒲生の棚田】
棚田脇で催し物があり、雪の階段ができていました。
雪どけが進んでいて、畔付近に土が見えて来ています。

うぶすなの家 ひなまつり 2019


1924年築、越後中門造りの茅葺き民家を「やきもの」で再生した「うぶすなの家」は、 3月21日(木)~2019年3月24日(日)の4日間、毎春恒例のひなまつりの開催のため、特別オープンします。
各地域から集められた400体のひな人形の展示と、春の味「ひなまつり定食」をお楽しみ下さい。
お食事ご利用のお客様は、十日町駅からの無料送迎をご利用いただけます。 他喫茶もご用意しておりますので、ぜひ館内でゆっくりとお過ごしください。

<開催概要>  
【開催期間】 2019年3月21日(木)~2019年3月24日(日)
【時  間】 10:00~15:00(ひなまつり定食のご注文は11:00~14:00まで)
【会  場】 うぶすなの家(十日町市東下組3110)
【入 館 料】 大人 500円 小中学生 250円
【お 食 事】 ひなまつり定食 大人2,000円 小中学生1,500円(入館料込)
【送迎時間】 [行き]十日町駅西口発うぶすなの家行き12:30
[帰り]うぶすなの家発十日町駅西口行き15:00

※お食事は数量限定となります。ご予約も受け付けておりますので、ご利用下さい。お食事と送迎のご予約・お問い合わせは下記よりお願いいたします。 

NPO法人越後妻有里山協働機構(担当羽鳥) TEL:025-761-7767

ひなまつり御膳と送迎のお申込みは こちらのフォームからも行えます。

~職人探訪~十日町きものGOTTAKU

知れば もっと 好きになる…

「~職人探訪~十日町きものGOTTAKU」を2019年5月16日(木)、17日(金)、18日(土)、19日(日)の4日間で開催します。
みなさんのお越しを十日町でお待ちしております。

きもの職人の技術を間近で見られる4日間

普段は関係者だけしか見ることができないきもの工場を、期間限定で見学できる全国唯一の貴重なイベントです。

新潟県十日町市は、織り、染め、加工、メンテナンスなどのきもの工場が揃う「きものの総合産地」。
目の前で繰り広げられる匠の技の数々を存分にご堪能ください。

開催期間 2019年5月16日(木)~19日(日)
交通アクセス 【東京からお越しの場合】
車:関越自動車道利用(六日町IC下車)で約3時間
電車:上越新幹線~ほくほく線で約2時間
料 金 見学無料
問い合わせ先 【平日】新潟県十日町地域振興局 企画振興部 TEL 025-757-5517
【土日祝日】十日町市総合観光案内所 TEL 025-750-1277
ホームページ https://www.kimono-gottaku.jp/

工場見学予約申込みはこちら

雪が降るけど、雪が降るから。。。

第70回十日町雪まつりが、十日町らしく雪の舞う中開催されました。
ご来場いただいた皆様、遠くから応援して下さった皆様、ありがとうございました。
<(_ _)>
こういう大きな冬のイベントに注目がされますが、毎日白く降り積もる雪は十日町の食文化にも大きな影響を与えています。

たとえば、日本酒。

たくさんの雪解け水は、川を豊かにし、土を豊かにし、田んぼを潤し、おいしいお米を実らせてくれます。
その豊富で清らかな水と美味しいお米が、十日町の日本酒になります。
一年で一番寒い時期に酒蔵さんは一生懸命仕込みをしています。
大吟醸などのお酒になればなるほど、寒い時期にゆっくり時間をかけて発酵させる
ためです。


そして、こちら「タクシーでめぐる十日町『へぎそばと地元酒蔵めぐり』」では
お手軽にリーズナブルな価格で十日町の地酒を、十日町名物へぎ蕎麦と一緒に楽しめちゃいます!

雪解けを待ち、3月からの催行です。
こちらからスケジュールをちょっとのぞいてみて下さいね(^_^)/

この寒い時期にゆ~~~っくりおいしくなって
春になったら、あなたをお待ちしております(^_-)-☆

 

 

また、ゆったりと電車の旅をしながら新潟の地酒を楽しめるのが、JR東日本イベント列車「越乃Shu*Kura」です。
忙しい日常を離れ、ゆったりした時間とのどかな車窓の風景が流れます。
こちらを利用していただくと、十日町駅で、ぶらっと数時間途中下車できます。

イベント列車でちょっとほろ酔い気分になった後、十日町で『へぎそばと地元酒蔵めぐり』ってのもおつなもんです。
十日町の食文化、味わってみてはいかがですか(^_-)-☆

 

寒い朝

■松代・松之山温泉観光案内所より■

寒い朝です。
朝8時のまつだい駅前外気温はマイナス7度でした。
駐車場が凍っています^^;

ここへ来るまでの道路も凍結していました。今日は晴れて今夜も寒くなる予報です。
朝晩の車の運転、徒歩も滑らないように気を付けてくださいね。

さて、晴れましたよ~!
今日から十日町市は雪まつりがはじまります。
あったかくしてお出かけくださいませ(^o^)/

 

【日帰り】タクシーでめぐる十日町

十日町を気軽に観光!

十日町を存分に“味わう・楽しむ”ツアーをご用意しました。
名物「ふのりそば」の昼食、米どころ十日町の地元酒蔵見学をお楽しみください。

十日町駅西口発着 日帰りツアー
【旅行代金】大人・小中学生 3,500円/幼児(食事なし)1,500円
※交通費、昼食代、ガイド料、保険料、消費税込
定員/16名(最少催行 2名)
【集合】十日町駅西口/12:40集合・出発(事前予約制)

 へぎそばと地元酒蔵めぐり
 出発日 

3月15日(金)、16日(土)、22日(金)、23日(土)
4月5日(金)、6日(土)
5月1日(水)、2日(木)、17日(金)、18日(土)、31日(金)
6月1日(土)、28日(金)、29日(土)
7月12日(金)、13日(土)、26日(金)、27日(土)
8月2日(金)、3日(土)、23日(金)、24日(土)、30日(金)、31日(土)
9月13日(金)、14日(土)、27日(金)、28日(土)

行 程 

12:40 十日町駅西口発 — 小嶋屋和亭(昼食)—  地元酒蔵見学 魚沼酒蔵or松乃井酒造 — 14:40 十日町駅西口着

 

【お申込み】

申込み〆切:各催行日の3日前まで
下記申込書に必要事項をご記入のうえ、十日町市観光協会(FAX 025-757-5150)までFAXもしくは申込みフォームよりお申し込みください。
※予約状況は下記申込サイトをご確認いただくか、お電話にてお問い合わせください。
申込書ダウンロード PDF・A4 / Word・A4

 

ツアー申込みはこちら

 

【お問い合わせ】

一般社団法人 十日町市観光協会
TEL:025-757-3345/FAX:025-757-5150

 

冬の朝景色<松之山・松代>

■松代・松之山温泉観光案内所より■

雪国の冬は長くて、雪の降る日が多いため雲が空を覆い暗い日が多くなります。
そんな日が続くと「晴れ」の待ち遠しく、楽しみな日になるのですねぇ~♪
今日はそんな「晴れ」の予報が表示された朝です。
いつもより早起きして出かけました^^

松之山支所そばにある「千枚田」 朝7時半頃の様子です。
じっと景色を見続けると、日の出の様子や空の雲が晴れていく様子が面白い。

 

松之山支所裏口は、こんな様子。

 

積雪2メートルを超えた松之山地内の道路脇には、こんな雪壁ができていました。
今日は晴れていく予報なので、屋根の雪下ろしをする家庭が多いかもしれませんね。

 

そして、松之山地内の道路と歩道の間に雪壁(前方に少しだけ車の屋根が見えます)
こんな大量の雪ですが、道路除雪は万全。ストレスなく運転できる素晴らしさ♪

 

こちらは道の駅まつだいの駐車場。
外気温マイナス5度の朝。細かな雪が木の枝にはりつき、とても美しい雪化粧。

 

駐車場の足元は多くの車が出入りするため雪が凍り、ちょっとでこぼこしています。
お昼頃には気温が上がる予報なので、この氷も溶けるでしょう。

冬の寒い朝は、美しい景色に出会える時間です。
「寒くて出かけるのが嫌だ~」じゃなくて
「何か面白いものが見れるかも♪」と思い出かけてみましょう^^

 

キナーレ「雪あそび博覧会」始まりました!

19日(土)より、キナーレの冬の企画展「雪あそび博覧会」が始まりました♪
実はこの冬のキナーレの企画展、ワタクシ毎年楽しみにしてます!

冬の雪国で起こる、“子どもの遊び場問題”
外は雪、意を決して遊びに出れば、いくらでも遊んでいることができます。(((uдu*)ゥンゥン
でも、毎日スキーに雪あそびなんかさせてたら、疲れちゃう~(親が(^▽^;)笑)
我が家も例外ではなく、休日になると飛び出すあの言葉…「何して遊べばいい~の~??」
そんな時、おすすめなのがキナーレの冬の企画展。
毎年、子どもも大人も楽しめる、ユーモアあふれる企画を展開してくれるんですよ。

まず、入ると目に入るのがこれ。
深澤孝史「こたつカーサーキット」

こたつ??カー??サーキット??
謎なネーミング

このキナーレという施設、中心が池(冬は雪で埋まっていますが)となっており周りが回廊になっています。
この回廊に「こたつカーサーキット」があります。
気温2度の中にあるこのこたつ。
足をいれても全く暖かくはないのですが(笑)
こたつの中に自転車が仕込まれており、自力でこぐことで温められるという代物!
これがけっこーキツイ‼冬の良い運動になりますよ~
(※2月14日(木)~18日(月)「こたつカーサーキット」は体験できません。)

 

そして、美術館に入るなり子どもたちの目を輝かせたのがこちら。
船井美佐「Super Nova―星の夜 雪の朝 世界は反転する」

キラキラの滑り台~!!
なかなか滑り心地もよいらしく、永遠と遊び続ける子どもたち・・・

この滑り台、大人ももちろん滑ることができるようで、ゆったりと幅広の作りになっていました。
子どもに戻ったつもりで、思いっきり滑っちゃってください!v(≧∇≦)v

そうそう、受付で渡されたのがこの「スタンプラリー」

館内の作品ごとにかわいい動物のスタンプが設置されており、集めることができます~
こちらも大喜びで、無事すべてのスタンプを集めました!

そして、夏のトリエンナーレでも大人気だった
YORIKO「越後妻有コラボ甘味屋台」

カラフルでかわいらしい屋台にお菓子やチンコロが並びます。
ちんころとは??
※お菓子の販売は2月16日(土)、17(日)のみです。

こちらではチンコロづくりのワークショップも行われていました!

みなさん、オリジナルのチンコロをつくっています。
定員に達すると当日受付はできないので、希望の方は事前予約がおススメです!
(はい、予約せずに行ったら参加できませんでした~(´;ω;`))
次回、3月2(土)、3日(日)のご予約はこちらから~

期間限定のキナーレ「雪あそび博覧会」
大人気の常設展と合わせて、みなさんもご覧になってみてくださいね!
【料金】
一般800円、小中学生400円※常設展入館料を含む
※2019冬共通チケット提示で2019年1月19日(土)~3月24日(日)入場可

平成最後の十日町雪まつりを前に

雪が多く降るようになると十日町の様子がテレビニュースに映されることが多くなります。
大変だな~と思われることでしょう。でも、雪が降ってこそ!の十日町のイベントがあります。
そう、今年も雪まつりがやってきます。
今年は平成最後、そして70回目の大きな節目の回となります。
そこで、過去のカーニバルステージの様子を振り返ってお伝えします!
十日町駅東口JR構内に飾ってあるのは、十日町市在住で全日本写真連盟等会員の写真家による「歴代雪上カーニバルベストセレクション」です。


生写真の美しさが光りますね♪

そして西口観光協会入口には、パネルになったカーニバルステージのフィナーレの様子。

   

この雪のステージの大きさがわかっていただけたでしょうか。

雪と雪に反射する花火の美しさが忘れがたい瞬間にしてくれること間違いなしです!
あと一か月後に迫った第70回十日町雪まつり、どうぞその目で見に来てください!!

きらきらタイム

■松代・松之山温泉観光案内所より■

松代・松之山地域はこのところ大雪でした。
十日町方面から松代地域へ向かい、峠の薬師トンネルを超えると・・・
積雪量と共に降雪量が違う~!

今日は大雪を感じさせる降雪日が続いた後の青空!晴天の朝です♪
(●⌒∇⌒●) わーい
ただ、寒い~~! 車のフロントパネルに表示された外気温は
「マイナス7度」寒すぎて笑いが出ます。
足元は凍っている場所が多く安全運転で移動した朝です。

松之山地域へ行く途中の道路脇外気温表示は「マイナス9度」
久しぶりに見た数字にニヤニヤしながら運転を続け、松之山中心地にある
「千枚田」を撮影。

松之山 千枚田

積雪は2メートル近くになりましたが、まだ少し田んぼの段々を見ることができました。

次に、冬期間美人林へ行くために通る三桶地区と観音寺地区

松之山 三桶
松之山 観音寺

太陽の陽があたり、道路や川などからモヤがたちのぼります。(撮れてないけれど)
陽の光のありがたさを感じる寒い朝です。

朝7時頃、陽がのぼりはじめ朝9時頃から陽の光であたたかくなってきました。
雪面がきらきら光る「きらきらタイム」がやってきました~♪
どこもかしこもきらきら光りキレイ! 寒いけど、この時を見たくて外に居たい。

雪面

 

良い天気になってきたので、冬期間もお問い合わせの多い松代地域の棚田周辺へ。

国道253号線沿いの儀明の棚田は、路肩にたっぷりと積雪があり、棚田を見る事は
出来ない状況です。 ※道路左側が儀明の棚田がある場所です。

松代 儀明の棚田付近

 

次に蒲生の棚田へ。
駐車場除雪はされていますが、こちらも素晴らしい積雪。
それでも、この雪壁を登り棚田を観に行った方の足跡が残っています。素晴らしい!

松代 蒲生の棚田駐車場
松代 蒲生の棚田 足跡

 

お問い合わせの中に、大型バスでおいでになるというものもありましたが
棚田駐車場までの道中、杉の枝に雪が積もり低い位置まで枝が下りていました。
車両の屋根にあたるおそれもありそうです。

松代 蒲生

 

道路はとても美しく除雪されていますが、場所によっては轍(わだち)ができ
それに合わせて運転しないとハンドルを取られてしまう場合もあります。
雪道では速度を上げすぎず安全運転してくださいね。そして、時間には十分余裕を見て移動してください。

 

冬の「きらきらタイム」 ぜひご覧くださいませ♪

十日町の冬の風物詩!節季市にいってきました

1月10日、今日の十日町はとても寒い~((゚Д゚ll))ガタガタ
それもそのはず!
天気予報を見ると・・・

マイナス7度‼ (≧◇≦)エーーー!

ここまで冷え込むと路面はつるっつる!
積雪のないところでも、凍って滑るところがありますので、みなさん気を付けてくださいね。

さて、毎年1月10日は十日町の冬の風物詩「節季市」の初市の日♪
早速リサーチにしゅっぱーーーーつ≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ

気温こそ低いものの、青空が広がる節季市日和!
澄んだ空気が気持ちのいい朝です。

この節季市、なんといっても大人気なのが「チンコロ」♪

チンコロは、しんこ(米の粉)を原料にして作った細工物で、犬や猫などをはじめ干支の動物などいろいろな種類がつくられています。
毎年節季市で販売され、大変人気があるので午前中で売り切れてしまうことも多いのです。

すでに9時前には、チンコロを買い求めるこ~んな長い列ができていました!

皆さん今年のお気に入りの“子”をGETすべく、寒い中朝から並んでいましたよ~

地元の小学生も、授業の一環で節季市に来ていました。
お気に入りのチンコロを選ぶ目は真剣!
「干支のイノシシにしようかな~」
「この子の顔、とってもかわいいよ!」

自分で選んだチンコロを、購入します。
お家で大事に飾ってね~ヾ(=^▽^=)ノ

この節季市、もともとは冬期間の副業として、農家の人々が竹やわらなどで作った生活用品や民芸品を持ち寄り開かれる市として、江戸時代から始まったと言われる歴史ある市なんです。
今でも昔ながらの竹細工を売るお店も出店しています。

その他にも、さむーい日にうれしいホッカホカの焼き芋や縁起物のだるまさん、きものの街らしい繭でできたかわいいだるまや動物たち♡

このチンコロは、普通のチンコロではなく“割れないチンコロ”

普通チンコロは、しんこでできていることもあり日が経つとヒビが入り割れてしまうのですが、(ひびが入るほど縁起が良いともいわれています!)この割れないチンコロはかわいらしい姿がずーっと楽しめると、最近人気が出ています。

今年の節季市は、15日(火)、20日(日)、25日(金)にもありますので、ぜひお気に入りのチンコロさんを探しにお出かけくださいね♪

「節季市(チンコロ市)」

Snow Country Fest 2019 フォトコンテストを開催します!

あなたの写真が切手になる!!

十日町市の「Snow Country Fest 2019 in 十日町」の各イベントを題材にした作品を募集します。入選作品は、郵便局が発行する「フレーム切手」に採用させていただきます。

テーマ

「Snow Country Fest 2019 in 十日町」の各イベント風景

募集期間

2019年2月1日(金)~2019年4月10日(水)

応募資格

どなたでも応募できます。(何点でも可)

応募方法

●LL(2L・キャビネ)サイズ以上でプリントした写真を事務局に郵送。
●十日町市・小千谷市・魚沼市・南魚沼市・津南町・湯沢町の郵便局窓口へ持参
※応募作品の返却は致しません。

詳細は下記チラシをご覧ください。(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)


TOPICS

Snow Country Fest 2019 in 十日町

十日町市では、1月から3月までに市内で開催される冬のイベントを「Snow Country Fest in 十日町」と総称しています。寒い冬や雪を資源とした十日町市ならではのイベントをぜひお楽しみ下さい。

●第40回記念 十日町新雪マラソン大会
と き:平成31年1月2日(水)

節季市(せっきいち)(チンコロ市)
と き:平成31年1月10日(木)・15日(火)・20日(日)・25日(金)

むこ投げ・すみ塗り(奇祭)
と き:平成31年1月15日(火)

大白倉バイトウ(奇祭)
と き:平成31年1月14日(月)

越後妻有 雪花火
と き:平成31年3月2日(土)

第33回 かわにし雪まつり
と き:平成31年3月2日(土)~3日(日)

第31回 雪原カーニバルなかさと
と き:平成31年3月9日(土)

第32回 のっとれ!松代城 越後まつだい冬の陣
と き:平成31年3月9日(土)~10日(日)

第36回 松之山温泉スキー場スキーカーニバル
と き:平成31年3月17日(日)

〈越後湯沢駅⇄松之山温泉〉雪国豪雪ライナー運行開始!

越後湯沢駅⇄松之山温泉を往復する豪雪ライナーが12/29(土)より開通します。 日本でも有数の豪雪地帯、松之山温泉へお越しの際は、ぜひご利用ください。

料金

お一人様 片道1,000円

運行期間

2018年12月29日(土)~2019年3月10日(日)

運休日

2019年1月7日(月)、17日(木)、18日(金)、21日(月)、28日(月)
2019年2月4日(月)、12日(火)、18日(月)、25日(月)、3月4日(月)

所要時間

約70分

※乗車の1時間前まで予約可能です。予約締切時間は下記の通りです。
1便は9:10、2便は11:20、3便は12:45、4便は14:20までとなります。

予約サイトはこちら

松之山温泉スキー場 オープン延期のご連絡

<松之山温泉スキー場オープン延期のお知らせ>
12月22日(土)のオープンを予定しておりましたが、安全に滑走できる積雪が少ないため、オープンを延期致します。
滑走可能になり次第オープン致します。

尚、「レストハウス雪椿」は、12月22日・23日・24日の3連休は営業致します。
(営業時間 午前11時~午後3時)

また、リフトは動きませんが、スノーアクティビティのレンタルは開始します。
是非遊びに来てください!

松之山温泉スキー場ホームページ

1/19-3/24 キナーレ「雪あそび博覧会」


雪を反射して、イマジネーションと現実が入り混じる楽園。
漕げばぽかぽか温かくなる「こたつカー」や、かわいい「チンコロ」、会期後半には芸術祭の人気作品が雪の下から現れる!

参加作家=船井美佐、深澤孝史、YORIKO/協力=原広司+アトリエ・ファイ建築研究所

作品紹介

特別公開「Palimpsest:空の池」

冬期間は雪の下に隠れるレアンドロ・エルリッヒの人気作品を、雪の造作とともに期間限定で公開します。
公開日:2月23日(土)~3月24日(日)
※天候等の理由によって公開スケジュールは変更する場合がございます

船井美佐「Super Nova―星の夜 雪の朝 世界は反転する」

船井は、見る者自身が絵画の中に入り込む空間をつくります。星の形をした<supernova>は、2017年に制作された滑り台型の絵画作品で、乗って遊ぶことができます。よじ登って滑り落ちる動きは、子供のような原始に立ち返る機会を作ります。それらは死と再生を象徴しており、新しく世界が生まれ変わる体験をあなたに与えます。

深澤孝史「こたつカーサーキット」

実はこたつの中に自転車が入っている、動くこたつ。電気を使わなくても温かくなれるかも。
※2月14日(木)~18日(月)は体験できません。

YORIKO「越後妻有コラボ甘味屋台」

夏の芸術祭で大人気の屋台が、十日町の冬の風物詩「チンコロ」とコラボします。子どもたちとつくった「チンコロ」を展示します。
※お菓子の販売は2月16日(土)、17(日)のみです。

TOPICS

イベント

コラボ甘味屋台 冬のチンコロづくりワークショップ&冬のお菓子販売 YORIKOさんと一緒に十日町の縁起菓子「チンコロ」を作りましょう!1個はお持ち帰り、ほかは甘味屋台に展示します。

チンコロづくりワークショップ 2019年1月19(土)、20(日)、3月2(土)、3日(日)/各日13:30~16:00
料金 入館料+100円
参加方法 こちらのお申込みフォームよりご予約ください。
※希望者数の場合はご予約の方を優先させていただくことがあります
お菓子販売 2019年2月16日(土)、17日(日)10:00~売り切れまで

開催概要

日時 2019年1月19日(土)〜2019年3月24日(日)10:00〜17:00※水曜休館
場所 越後妻有里山現代美術館[キナーレ](十日町市本町6)
所在地 〒948-0003 新潟県十日町市本町6の1丁目 71-2
電話番号
025-761-7767
料金 一般800円、小中学生400円
※常設展入館料を含む
※2019冬共通チケット提示で2019年1月19日(土)~3月24日(日)入場可
公式ページ 越後妻有里山現代美術館[キナーレ]「雪あそび博覧会」

【雪景色】まつだい

■松代・松之山温泉観光案内所より■

十日町方面から国道253号線でまつだいへ向かう途中。
薬師トンネルを出てすぐの場所「犬伏」で青空が見えてきました。
それまで水墨画のような雪景色を見ていた中に見えてきた青空が
とても美しく、通勤経路からちょびっと寄り道して、いつもとは違う
角度からその景色を撮った朝です。

まつだい駅に到着したのが朝8時ちょっと過ぎ。
駐車場の除雪は終わっています。
少し小高い丘になっている場所には「特急はくたか」の列車を型取った石碑があります。雪囲いされた石碑周辺や駅裏に見える施設 農舞台にも雪が積もっていて、冬がきたんだなと実感した朝です。

降り始めの雪はとても水分が多く重い雪です。少しの雪でもタイヤ、ハンドルを持っていかれることがありますので、運転には十分お気を付くださいね。

また、天気予報では明日の午前中晴れるようですが、気温もかなり冷え込む予報です。雪が降り始めた頃の棚田を撮影希望でお問い合わせが多く来ています。
星峠周辺は除雪車が入りません。また道路が凍結しやすく大変危険ですので状況を確認し無理をしませんように、よろしくお願い致します。

 

ほくほく線のパン列車

■十日町市総合案内所より■

ついにキターーーーー(ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォン!!
来るか来るかと構えた雪が降ってきました。
雪景色が好きなわたしとしては、嬉しい♪
だがしかし、雪道運転はかなりのドキドキものです。
皆さまもご注意下さい!!

↑こちらはまつだいの様子ですが、町の十日町も本日は似た状況です。
こんなに雪降っておりますが、本日は、、、

”ナナシのマルシェ ほくほく列車の市” の日です♪

北越急行さんのほくほく線がパン屋さんに大変身!!
車内のパンを買いたいお客様がホームで行列w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!
車内も大混雑です~大人気ですね♪
あわよくば買おうと思ったパンは買えず・・・(;д;)

こちらの列車はほくほく線沿線を走って行きます。

十日町では駅コンコースにナナシノマルシェの雑貨屋さんや、
飲食ブース、パンブースもあり、こちらも賑わいました。

出店者さんは寒くて長い時間はなかなか大変でしたね・・・
ご苦労さまです!!心躍るお店ばかりで、仕事を忘れそうでした。笑

今回は十日町駅西口の入口付近で移動販売車も参加です♪
コーヒー屋さんにたこやき屋さん、シチューやピザにベーグルも!!
どれもそそられる内容でした♡

そしてわたしたちのいる観光案内所の休憩スペースには
”COFFEE MANIA”のコーヒー屋さんが♪
コーヒーのいい匂いとパンの美味しそうなこと★

今回も大盛況でした!!
次回は春またやってくるそうです♪
パンを買いたい方は朝一がおすすめですよ!!

次回も楽しみだな♪
今度はわたしもパンをゲットしたいと思います。

2018.12.9

 

晩秋の晴れた日の朝は・・・

先週に引き続き、今週末もまた寒気が十日町にやってきそうです。そろそろ気持ちも冬支度の季節ですね~。

この季節になると紅葉も終わり、色鮮やかな自然の風景を見つけるのは難しくなりますが、
それでも十日町にはその寒さが作り出す風景があります。
晴れた日の朝は信濃川から立ち上る水蒸気が雲となって街を流れていく様子がよく見られるのです。

十日町駅から徒歩20分程度歩いて、市街地を一望できる高台に鎮座する諏訪神社に行ってみましょう。

朝日を浴びて厳かです。

街の上にずっと長く雲が流れているのが見えます。
この下に信濃川が流れているのです。
太陽が昇って空気が暖められるにつれ、少しづつ朝霧が立ち上り、
やがてこうして雲になります。

もしお車があれば、対岸の川西エリアへ出かけて朝霧の市街地とその奥に魚沼の山々も見ることもできますよ。

十日町で、手に届く範囲にある生の自然の造り出す風景を探してみてはいかがでしょう (^_^)/

【松之山】浦田 新そばまつり

気温高めの 雨模様の朝

午前10時から 松之山地区 浦田にある「そば処 ほほえみ」で
新そばまつりがおこなわれるので、さっそく行ってきました♪

そば処 ほほえみ の十割そば

店舗前の駐車場脇では、地域の方々がテントを設営し地元の野菜や特産品を
販売しています。
テント内にいるおとうさんたちとの掛け合いが楽しい場です♪

地元産の立派なレンコン
鮮度の良い美味しそうな品が並びます
テント内から気さくに声が掛かります

お店の名前は「そば処 ほほえみ」ですが、集会場としても利用しているので入口には
「湯之島集会所」と看板が掲げてあります。

そば処ほほえみ 入口

浦田地域で収穫されたそば粉を使った十割そばと地元野菜を使った
揚げたて天ぷらが美味しい♪ 
そばが来る前にお茶と小鉢が出てきます。 
天ぷらは エビ、レンコン、春菊、ヤーコン、ズッキーニ、菊の花 など
個性的な素材が楽しめました。

新そばの天ざるそばセット

 

この新そばまつりは、今日明日(11月10,11日)10:00~15:00に
行われています。
ぜひおいでください♪

 

無題ドキュメント