アーカイブ

HOME > author : tokamachi

冬の朝景色<松之山・松代>

■松代・松之山温泉観光案内所より■

雪国の冬は長くて、雪の降る日が多いため雲が空を覆い暗い日が多くなります。
そんな日が続くと「晴れ」の待ち遠しく、楽しみな日になるのですねぇ~♪
今日はそんな「晴れ」の予報が表示された朝です。
いつもより早起きして出かけました^^

松之山支所そばにある「千枚田」 朝7時半頃の様子です。
じっと景色を見続けると、日の出の様子や空の雲が晴れていく様子が面白い。

 

松之山支所裏口は、こんな様子。

 

積雪2メートルを超えた松之山地内の道路脇には、こんな雪壁ができていました。
今日は晴れていく予報なので、屋根の雪下ろしをする家庭が多いかもしれませんね。

 

そして、松之山地内の道路と歩道の間に雪壁(前方に少しだけ車の屋根が見えます)
こんな大量の雪ですが、道路除雪は万全。ストレスなく運転できる素晴らしさ♪

 

こちらは道の駅まつだいの駐車場。
外気温マイナス5度の朝。細かな雪が木の枝にはりつき、とても美しい雪化粧。

 

駐車場の足元は多くの車が出入りするため雪が凍り、ちょっとでこぼこしています。
お昼頃には気温が上がる予報なので、この氷も溶けるでしょう。

冬の寒い朝は、美しい景色に出会える時間です。
「寒くて出かけるのが嫌だ~」じゃなくて
「何か面白いものが見れるかも♪」と思い出かけてみましょう^^

 

キナーレ「雪あそび博覧会」始まりました!

19日(土)より、キナーレの冬の企画展「雪あそび博覧会」が始まりました♪
実はこの冬のキナーレの企画展、ワタクシ毎年楽しみにしてます!

冬の雪国で起こる、“子どもの遊び場問題”
外は雪、意を決して遊びに出れば、いくらでも遊んでいることができます。(((uдu*)ゥンゥン
でも、毎日スキーに雪あそびなんかさせてたら、疲れちゃう~(親が(^▽^;)笑)
我が家も例外ではなく、休日になると飛び出すあの言葉…「何して遊べばいい~の~??」
そんな時、おすすめなのがキナーレの冬の企画展。
毎年、子どもも大人も楽しめる、ユーモアあふれる企画を展開してくれるんですよ。

まず、入ると目に入るのがこれ。
深澤孝史「こたつカーサーキット」

こたつ??カー??サーキット??
謎なネーミング

このキナーレという施設、中心が池(冬は雪で埋まっていますが)となっており周りが回廊になっています。
この回廊に「こたつカーサーキット」があります。
気温2度の中にあるこのこたつ。
足をいれても全く暖かくはないのですが(笑)
こたつの中に自転車が仕込まれており、自力でこぐことで温められるという代物!
これがけっこーキツイ‼冬の良い運動になりますよ~
(※2月14日(木)~18日(月)「こたつカーサーキット」は体験できません。)

 

そして、美術館に入るなり子どもたちの目を輝かせたのがこちら。
船井美佐「Super Nova―星の夜 雪の朝 世界は反転する」

キラキラの滑り台~!!
なかなか滑り心地もよいらしく、永遠と遊び続ける子どもたち・・・

この滑り台、大人ももちろん滑ることができるようで、ゆったりと幅広の作りになっていました。
子どもに戻ったつもりで、思いっきり滑っちゃってください!v(≧∇≦)v

そうそう、受付で渡されたのがこの「スタンプラリー」

館内の作品ごとにかわいい動物のスタンプが設置されており、集めることができます~
こちらも大喜びで、無事すべてのスタンプを集めました!

そして、夏のトリエンナーレでも大人気だった
YORIKO「越後妻有コラボ甘味屋台」

カラフルでかわいらしい屋台にお菓子やチンコロが並びます。
ちんころとは??
※お菓子の販売は2月16日(土)、17(日)のみです。

こちらではチンコロづくりのワークショップも行われていました!

みなさん、オリジナルのチンコロをつくっています。
定員に達すると当日受付はできないので、希望の方は事前予約がおススメです!
(はい、予約せずに行ったら参加できませんでした~(´;ω;`))
次回、3月2(土)、3日(日)のご予約はこちらから~

期間限定のキナーレ「雪あそび博覧会」
大人気の常設展と合わせて、みなさんもご覧になってみてくださいね!
【料金】
一般800円、小中学生400円※常設展入館料を含む
※2019冬共通チケット提示で2019年1月19日(土)~3月24日(日)入場可

平成最後の十日町雪まつりを前に

雪が多く降るようになると十日町の様子がテレビニュースに映されることが多くなります。
大変だな~と思われることでしょう。でも、雪が降ってこそ!の十日町のイベントがあります。
そう、今年も雪まつりがやってきます。
今年は平成最後、そして70回目の大きな節目の回となります。
そこで、過去のカーニバルステージの様子を振り返ってお伝えします!
十日町駅東口JR構内に飾ってあるのは、十日町市在住で全日本写真連盟等会員の写真家による「歴代雪上カーニバルベストセレクション」です。


生写真の美しさが光りますね♪

そして西口観光協会入口には、パネルになったカーニバルステージのフィナーレの様子。

   

この雪のステージの大きさがわかっていただけたでしょうか。

雪と雪に反射する花火の美しさが忘れがたい瞬間にしてくれること間違いなしです!
あと一か月後に迫った第70回十日町雪まつり、どうぞその目で見に来てください!!

2/23 縄文と雪洞火ボタル祭を楽しむ 日帰りバスツアー


■縄文初心者の方も楽しめる、専門員による「縄文講座」(約20分)つき
■ミニチュア土器・土偶または勾玉づくりのワークショップつき
■ご昼食は地元の山の幸をふんだんに使った、「山古志弁当」をご用意
■幻想的な雪灯りを見ながら、うまいもの屋台の食べ歩き。雪花火も打ち上げます!

【旅行期日】2019年2月23日(土)
【旅行代金】お一人様 4,000円(おとな・こども同額)
定員/各コース20名(最少催行 10名)※定員になり次第締め切らせていただきます

申込〆切:2019年2月15日(金)

その他詳細や申込方法は下記チラシをご確認ください。(画像クリックでPDFダウンロード)

きらきらタイム

■松代・松之山温泉観光案内所より■

松代・松之山地域はこのところ大雪でした。
十日町方面から松代地域へ向かい、峠の薬師トンネルを超えると・・・
積雪量と共に降雪量が違う~!

今日は大雪を感じさせる降雪日が続いた後の青空!晴天の朝です♪
(●⌒∇⌒●) わーい
ただ、寒い~~! 車のフロントパネルに表示された外気温は
「マイナス7度」寒すぎて笑いが出ます。
足元は凍っている場所が多く安全運転で移動した朝です。

松之山地域へ行く途中の道路脇外気温表示は「マイナス9度」
久しぶりに見た数字にニヤニヤしながら運転を続け、松之山中心地にある
「千枚田」を撮影。

松之山 千枚田

積雪は2メートル近くになりましたが、まだ少し田んぼの段々を見ることができました。

次に、冬期間美人林へ行くために通る三桶地区と観音寺地区

松之山 三桶
松之山 観音寺

太陽の陽があたり、道路や川などからモヤがたちのぼります。(撮れてないけれど)
陽の光のありがたさを感じる寒い朝です。

朝7時頃、陽がのぼりはじめ朝9時頃から陽の光であたたかくなってきました。
雪面がきらきら光る「きらきらタイム」がやってきました~♪
どこもかしこもきらきら光りキレイ! 寒いけど、この時を見たくて外に居たい。

雪面

 

良い天気になってきたので、冬期間もお問い合わせの多い松代地域の棚田周辺へ。

国道253号線沿いの儀明の棚田は、路肩にたっぷりと積雪があり、棚田を見る事は
出来ない状況です。 ※道路左側が儀明の棚田がある場所です。

松代 儀明の棚田付近

 

次に蒲生の棚田へ。
駐車場除雪はされていますが、こちらも素晴らしい積雪。
それでも、この雪壁を登り棚田を観に行った方の足跡が残っています。素晴らしい!

松代 蒲生の棚田駐車場
松代 蒲生の棚田 足跡

 

お問い合わせの中に、大型バスでおいでになるというものもありましたが
棚田駐車場までの道中、杉の枝に雪が積もり低い位置まで枝が下りていました。
車両の屋根にあたるおそれもありそうです。

松代 蒲生

 

道路はとても美しく除雪されていますが、場所によっては轍(わだち)ができ
それに合わせて運転しないとハンドルを取られてしまう場合もあります。
雪道では速度を上げすぎず安全運転してくださいね。そして、時間には十分余裕を見て移動してください。

 

冬の「きらきらタイム」 ぜひご覧くださいませ♪

十日町の冬の風物詩!節季市にいってきました

1月10日、今日の十日町はとても寒い~((゚Д゚ll))ガタガタ
それもそのはず!
天気予報を見ると・・・

マイナス7度‼ (≧◇≦)エーーー!

ここまで冷え込むと路面はつるっつる!
積雪のないところでも、凍って滑るところがありますので、みなさん気を付けてくださいね。

さて、毎年1月10日は十日町の冬の風物詩「節季市」の初市の日♪
早速リサーチにしゅっぱーーーーつ≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ

気温こそ低いものの、青空が広がる節季市日和!
澄んだ空気が気持ちのいい朝です。

この節季市、なんといっても大人気なのが「チンコロ」♪

チンコロは、しんこ(米の粉)を原料にして作った細工物で、犬や猫などをはじめ干支の動物などいろいろな種類がつくられています。
毎年節季市で販売され、大変人気があるので午前中で売り切れてしまうことも多いのです。

すでに9時前には、チンコロを買い求めるこ~んな長い列ができていました!

皆さん今年のお気に入りの“子”をGETすべく、寒い中朝から並んでいましたよ~

地元の小学生も、授業の一環で節季市に来ていました。
お気に入りのチンコロを選ぶ目は真剣!
「干支のイノシシにしようかな~」
「この子の顔、とってもかわいいよ!」

自分で選んだチンコロを、購入します。
お家で大事に飾ってね~ヾ(=^▽^=)ノ

この節季市、もともとは冬期間の副業として、農家の人々が竹やわらなどで作った生活用品や民芸品を持ち寄り開かれる市として、江戸時代から始まったと言われる歴史ある市なんです。
今でも昔ながらの竹細工を売るお店も出店しています。

その他にも、さむーい日にうれしいホッカホカの焼き芋や縁起物のだるまさん、きものの街らしい繭でできたかわいいだるまや動物たち♡

このチンコロは、普通のチンコロではなく“割れないチンコロ”

普通チンコロは、しんこでできていることもあり日が経つとヒビが入り割れてしまうのですが、(ひびが入るほど縁起が良いともいわれています!)この割れないチンコロはかわいらしい姿がずーっと楽しめると、最近人気が出ています。

今年の節季市は、15日(火)、20日(日)、25日(金)にもありますので、ぜひお気に入りのチンコロさんを探しにお出かけくださいね♪

「節季市(チンコロ市)」

3/2-3 第33回かわにし雪まつり

 

川西地区民総参加(* ̄∀ ̄)ノ■☆■ヾ( ̄∀ ̄*) !!

「人が元気」「自然が元気」「地域が元気」を合言葉に、川西地域内にアイデアぎっしりの「ほんやら村」が7つ出現!
 地域の個性や特色を活かした楽しい雪まつりです🎶
※開催日時やイベント内容が会場ごとに異なります。必ずご確認ください。
 昨年のプログラムはこちらから

 

■雪の芸術【雪像コンテスト】参加者大募集~ヽ(〃’▽’〃)ノ
 昨年は一般の部:7団体、子どもの部:7団体と14団体の皆様からご参加いただいた雪像コンテストです。
 第33回も大募集‼奮ってご参加ください★

参加方法:下記PDFデータをダウンロードいただき、事務局までご連絡ください。
※画像をクリックするとPDFになりますのでご利用ください。

 

 

3/2 雪原の夜空を彩る『雪花火』観賞と十日町名物・小嶋屋のへぎそば

圧倒的な雪の世界。冬の夜空を彩る雪花火

広大な雪原を「光の種」が彩る、幻想的な光の花畑。
地元の食材で作られた、あたたかな屋台の食事。音楽と花火が共演する、ミュージックスターマイン。そして、冬の花火では最大級の三尺玉が夜空を彩ります。闇の中に一瞬だけ浮かび上がる雪の世界をぜひご体感ください。
「越後妻有 雪花火」の詳細はこちら

昼食は十日町名物 小嶋屋のへぎそば。
つなぎに布海苔を使った独特の食感と喉越し、そして“てぐり”と呼ばれる美しい盛り付け方が特徴です。
昼食後は、県下唯一の国宝 火焔型土器が展示されている博物館をご見学後、雪と光の織りなす幻想的な世界「雪花火」会場へご案内します。

 

越後湯沢駅 発着 日帰りツアー

【旅行期日】2019年3月2日(土)
【旅行代金】
■おとな/小中高校生 9,800円
■こども(幼児) 5,000円

※交通費(バス)、昼食代、見学料(雪花火、博物館)、保険料、消費税込み
定員/150名(最少催行 15名)

【行程】
3/2(土) 11:30 越後湯沢駅東口 発 — 12:30 越後十日町 小嶋屋本店(へぎそば/昼食) — 13:30 十日町市博物館(見学)ー 14:45 越後妻有 雪花火/会場:あてま高原リゾートベルナティオ(夕食は各自) — 21:30頃 越後湯沢駅東口 着
※雪花火会場には、屋台が出展します。夕食は各自でお取りください。

 

【お申込み】

申込み〆切:2019年2月26日(火)
※ご予約の前に必ずご旅行条件書をご確認ください。

ツアー申込みフォームはこちら

Snow Country Fest 2019 フォトコンテストを開催します!

あなたの写真が切手になる!!

十日町市の「Snow Country Fest 2019 in 十日町」の各イベントを題材にした作品を募集します。入選作品は、郵便局が発行する「フレーム切手」に採用させていただきます。

テーマ

「Snow Country Fest 2019 in 十日町」の各イベント風景

募集期間

2019年2月1日(金)~2019年4月10日(水)

応募資格

どなたでも応募できます。(何点でも可)

応募方法

●LL(2L・キャビネ)サイズ以上でプリントした写真を事務局に郵送。
●十日町市・小千谷市・魚沼市・南魚沼市・津南町・湯沢町の郵便局窓口へ持参
※応募作品の返却は致しません。

詳細は下記チラシをご覧ください。(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)


TOPICS

Snow Country Fest 2019 in 十日町

十日町市では、1月から3月までに市内で開催される冬のイベントを「Snow Country Fest in 十日町」と総称しています。寒い冬や雪を資源とした十日町市ならではのイベントをぜひお楽しみ下さい。

●第40回記念 十日町新雪マラソン大会
と き:平成31年1月2日(水)

節季市(せっきいち)(チンコロ市)
と き:平成31年1月10日(木)・15日(火)・20日(日)・25日(金)

むこ投げ・すみ塗り(奇祭)
と き:平成31年1月15日(火)

大白倉バイトウ(奇祭)
と き:平成31年1月14日(月)

越後妻有 雪花火
と き:平成31年3月2日(土)

第33回 かわにし雪まつり
と き:平成31年3月2日(土)~3日(日)

第31回 雪原カーニバルなかさと
と き:平成31年3月9日(土)

第32回 のっとれ!松代城 越後まつだい冬の陣
と き:平成31年3月9日(土)~10日(日)

第36回 松之山温泉スキー場スキーカーニバル
と き:平成31年3月17日(日)

〈越後湯沢駅⇄松之山温泉〉雪国豪雪ライナー運行開始!

越後湯沢駅⇄松之山温泉を往復する豪雪ライナーが12/29(土)より開通します。 日本でも有数の豪雪地帯、松之山温泉へお越しの際は、ぜひご利用ください。

料金

お一人様 片道1,000円

運行期間

2018年12月29日(土)~2019年3月10日(日)

運休日

2019年1月7日(月)、17日(木)、18日(金)、21日(月)、28日(月)
2019年2月4日(月)、12日(火)、18日(月)、25日(月)、3月4日(月)

所要時間

約70分

※乗車の1時間前まで予約可能です。予約締切時間は下記の通りです。
1便は9:10、2便は11:20、3便は12:45、4便は14:20までとなります。

予約サイトはこちら

松之山温泉スキー場 オープン延期のご連絡

<松之山温泉スキー場オープン延期のお知らせ>
12月22日(土)のオープンを予定しておりましたが、安全に滑走できる積雪が少ないため、オープンを延期致します。
滑走可能になり次第オープン致します。

尚、「レストハウス雪椿」は、12月22日・23日・24日の3連休は営業致します。
(営業時間 午前11時~午後3時)

また、リフトは動きませんが、スノーアクティビティのレンタルは開始します。
是非遊びに来てください!

松之山温泉スキー場ホームページ

1/19-3/24 キナーレ「雪あそび博覧会」


雪を反射して、イマジネーションと現実が入り混じる楽園。
漕げばぽかぽか温かくなる「こたつカー」や、かわいい「チンコロ」、会期後半には芸術祭の人気作品が雪の下から現れる!

参加作家=船井美佐、深澤孝史、YORIKO/協力=原広司+アトリエ・ファイ建築研究所

作品紹介

特別公開「Palimpsest:空の池」

冬期間は雪の下に隠れるレアンドロ・エルリッヒの人気作品を、雪の造作とともに期間限定で公開します。
公開日:2月23日(土)~3月24日(日)
※天候等の理由によって公開スケジュールは変更する場合がございます

船井美佐「Super Nova―星の夜 雪の朝 世界は反転する」

船井は、見る者自身が絵画の中に入り込む空間をつくります。星の形をした<supernova>は、2017年に制作された滑り台型の絵画作品で、乗って遊ぶことができます。よじ登って滑り落ちる動きは、子供のような原始に立ち返る機会を作ります。それらは死と再生を象徴しており、新しく世界が生まれ変わる体験をあなたに与えます。

深澤孝史「こたつカーサーキット」

実はこたつの中に自転車が入っている、動くこたつ。電気を使わなくても温かくなれるかも。
※2月14日(木)~18日(月)は体験できません。

YORIKO「越後妻有コラボ甘味屋台」

夏の芸術祭で大人気の屋台が、十日町の冬の風物詩「チンコロ」とコラボします。子どもたちとつくった「チンコロ」を展示します。
※お菓子の販売は2月16日(土)、17(日)のみです。

TOPICS

イベント

コラボ甘味屋台 冬のチンコロづくりワークショップ&冬のお菓子販売 YORIKOさんと一緒に十日町の縁起菓子「チンコロ」を作りましょう!1個はお持ち帰り、ほかは甘味屋台に展示します。

チンコロづくりワークショップ 2019年1月19(土)、20(日)、3月2(土)、3日(日)/各日13:30~16:00
料金 入館料+100円
参加方法 こちらのお申込みフォームよりご予約ください。
※希望者数の場合はご予約の方を優先させていただくことがあります
お菓子販売 2019年2月16日(土)、17日(日)10:00~売り切れまで

開催概要

日時 2019年1月19日(土)〜2019年3月24日(日)10:00〜17:00※水曜休館
場所 越後妻有里山現代美術館[キナーレ](十日町市本町6)
所在地 〒948-0003 新潟県十日町市本町6の1丁目 71-2
電話番号
025-761-7767
料金 一般800円、小中学生400円
※常設展入館料を含む
※2019冬共通チケット提示で2019年1月19日(土)~3月24日(日)入場可
公式ページ 越後妻有里山現代美術館[キナーレ]「雪あそび博覧会」

節季市(チンコロ市)

チンコロ_節季市
【開催日】
毎年1月10日・15日・20日・25日 9:00~16:00頃
(売り切れ次第終了)
※チンコロは概ね午前中には売り切れるのでお早めにお求めください。
【場 所】
諏訪町通り (十日町駅より徒歩約10分)

農家の人々が、主に冬期間の副業として竹やわら等で作った生活用品、民芸品を持ち寄り市を開いた市に由来。犬や十二支を型どった小さなしんこ細工の「チンコロ」が人気で、別名「チンコロ市」とも呼ばれています。

≪“チンコロ”とは?≫
しんこ(米の粉)を原料にして作った細工物。干支にちなんだものが多く作られてきました。大きさは3㎝位で、すべて手作りのため一つ一つの顔や表情が異なります。福を招く縁起物として飾られたり、囲炉裏で焼いて食べられていました。(現在は飾り物として作られています)

【問合せ先】十日町市役所観光交流課 TEL025-757-3100

 

 

 

2/8-9 豪雪地で体感!雪国とおかまち体験ツアー

雪国でとっておきの体験を・・・

日本有数の豪雪地・十日町
雪とともに歩み、雪の恵みで育まれた雪国の暮らしがここにはあります。
雪深い真冬の2月、一面の雪景色の中で雪国文化を体験してください。

 

越後湯沢駅 発着 1泊2日の旅

【旅行期日】2019年2月8日(金)~2月9日(土)
【旅行代金】お一人様 29,000円(税込)
※宿泊費、食事代(夕食1、朝食1、昼食2)、保険料、移動費含む
(子供料金/小学生 20,500円 ※未就学児についてはお問い合わせください)
定員/27名(最少催行 14名)
◆宿泊:あてま高原リゾートベルナティオ(TEL 025-758-4141)

【日程】
2/8(金) 9:55 越後湯沢駅東口 発 — 10:25 いろりとほたるの宿せとぐち(ちまき作り体験/昼食) — 15:30 あてま高原リゾート ベルナティオ 着(宿泊)
2/9(土) 9:30 あてま高原リゾート ベルナティオ発 — 10:00 美人林(スノーシュー体験) — 12:10 松之山温泉「地炉」(バゲット作り体験)— 13:00 ひなの宿ちとせ(昼食) — 13:55 松之山温泉 鷹の湯(入浴) — 15:30 道の駅クロステン(買い物) — 16:55 越後湯沢駅 着

 

【お申込み】

申込み〆切:2019年1月18日(金)
※ご予約の前に必ずご旅行条件書をご確認ください。

ツアー申込みフォームはこちら

TOPICS

チラシデータダウンロード

【雪景色】まつだい

■松代・松之山温泉観光案内所より■

十日町方面から国道253号線でまつだいへ向かう途中。
薬師トンネルを出てすぐの場所「犬伏」で青空が見えてきました。
それまで水墨画のような雪景色を見ていた中に見えてきた青空が
とても美しく、通勤経路からちょびっと寄り道して、いつもとは違う
角度からその景色を撮った朝です。

まつだい駅に到着したのが朝8時ちょっと過ぎ。
駐車場の除雪は終わっています。
少し小高い丘になっている場所には「特急はくたか」の列車を型取った石碑があります。雪囲いされた石碑周辺や駅裏に見える施設 農舞台にも雪が積もっていて、冬がきたんだなと実感した朝です。

降り始めの雪はとても水分が多く重い雪です。少しの雪でもタイヤ、ハンドルを持っていかれることがありますので、運転には十分お気を付くださいね。

また、天気予報では明日の午前中晴れるようですが、気温もかなり冷え込む予報です。雪が降り始めた頃の棚田を撮影希望でお問い合わせが多く来ています。
星峠周辺は除雪車が入りません。また道路が凍結しやすく大変危険ですので状況を確認し無理をしませんように、よろしくお願い致します。

 

ほくほく線のパン列車

■十日町市総合案内所より■

ついにキターーーーー(ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォン!!
来るか来るかと構えた雪が降ってきました。
雪景色が好きなわたしとしては、嬉しい♪
だがしかし、雪道運転はかなりのドキドキものです。
皆さまもご注意下さい!!

↑こちらはまつだいの様子ですが、町の十日町も本日は似た状況です。
こんなに雪降っておりますが、本日は、、、

”ナナシのマルシェ ほくほく列車の市” の日です♪

北越急行さんのほくほく線がパン屋さんに大変身!!
車内のパンを買いたいお客様がホームで行列w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!
車内も大混雑です~大人気ですね♪
あわよくば買おうと思ったパンは買えず・・・(;д;)

こちらの列車はほくほく線沿線を走って行きます。

十日町では駅コンコースにナナシノマルシェの雑貨屋さんや、
飲食ブース、パンブースもあり、こちらも賑わいました。

出店者さんは寒くて長い時間はなかなか大変でしたね・・・
ご苦労さまです!!心躍るお店ばかりで、仕事を忘れそうでした。笑

今回は十日町駅西口の入口付近で移動販売車も参加です♪
コーヒー屋さんにたこやき屋さん、シチューやピザにベーグルも!!
どれもそそられる内容でした♡

そしてわたしたちのいる観光案内所の休憩スペースには
”COFFEE MANIA”のコーヒー屋さんが♪
コーヒーのいい匂いとパンの美味しそうなこと★

今回も大盛況でした!!
次回は春またやってくるそうです♪
パンを買いたい方は朝一がおすすめですよ!!

次回も楽しみだな♪
今度はわたしもパンをゲットしたいと思います。

2018.12.9

 

晩秋の晴れた日の朝は・・・

先週に引き続き、今週末もまた寒気が十日町にやってきそうです。そろそろ気持ちも冬支度の季節ですね~。

この季節になると紅葉も終わり、色鮮やかな自然の風景を見つけるのは難しくなりますが、
それでも十日町にはその寒さが作り出す風景があります。
晴れた日の朝は信濃川から立ち上る水蒸気が雲となって街を流れていく様子がよく見られるのです。

十日町駅から徒歩20分程度歩いて、市街地を一望できる高台に鎮座する諏訪神社に行ってみましょう。

朝日を浴びて厳かです。

街の上にずっと長く雲が流れているのが見えます。
この下に信濃川が流れているのです。
太陽が昇って空気が暖められるにつれ、少しづつ朝霧が立ち上り、
やがてこうして雲になります。

もしお車があれば、対岸の川西エリアへ出かけて朝霧の市街地とその奥に魚沼の山々も見ることもできますよ。

十日町で、手に届く範囲にある生の自然の造り出す風景を探してみてはいかがでしょう (^_^)/

【松之山】浦田 新そばまつり

気温高めの 雨模様の朝

午前10時から 松之山地区 浦田にある「そば処 ほほえみ」で
新そばまつりがおこなわれるので、さっそく行ってきました♪

そば処 ほほえみ の十割そば

店舗前の駐車場脇では、地域の方々がテントを設営し地元の野菜や特産品を
販売しています。
テント内にいるおとうさんたちとの掛け合いが楽しい場です♪

地元産の立派なレンコン
鮮度の良い美味しそうな品が並びます
テント内から気さくに声が掛かります

お店の名前は「そば処 ほほえみ」ですが、集会場としても利用しているので入口には
「湯之島集会所」と看板が掲げてあります。

そば処ほほえみ 入口

浦田地域で収穫されたそば粉を使った十割そばと地元野菜を使った
揚げたて天ぷらが美味しい♪ 
そばが来る前にお茶と小鉢が出てきます。 
天ぷらは エビ、レンコン、春菊、ヤーコン、ズッキーニ、菊の花 など
個性的な素材が楽しめました。

新そばの天ざるそばセット

 

この新そばまつりは、今日明日(11月10,11日)10:00~15:00に
行われています。
ぜひおいでください♪

 

ブナの森の中の「二六公園」

紅葉がどんどん進んでいますね。
観光協会のオフィスの窓から見える山々も黄色、オレンジ、赤ときれいになってきて
秋の深まりを感じさせてくれます。

十日町市周辺にはブナ林が点在していて皆さんよくご存じなのは美人林でしょう。
今日は同じブナ林でも趣の違う「二六公園」をご紹介します。

それは龍雲山長福寺の裏手に広がる数千本のブナが密生する天然の森にあります。
美人林がすらっと細い森なのに対しこちらはどっしりとした立派なブナの森です。
33観音の石仏めぐりができる遊歩道もあり、この季節、ふかふかの落ち葉の柔らかさを感じながら散策できます。

小鳥たちのさえずりを聞きながら、いろんな表情の石仏を探しながら
ゆっくりとした時間を楽しんんでみてはいかがでしょう。

「二六公園」への行き方はこちらから。

【紅葉】松代 長命寺の大イチョウ

■松代・松之山温泉観光案内所より■

天気予報では晴の朝でしたが、案内所のある松代駅周辺は
朝日がまぶしい晴れた朝です♪

通勤途中、駅裏にある「長命寺の大イチョウ」が朝日に照らされ
輝くように見えたので近くまで行ってみました。

松代 長命寺の大イチョウ 1
松代 長命寺の大イチョウ 2
松代 長命寺 正面入り口
松代 長命寺 前の渋海川

昔より、この葉が「全て落ちると根雪になる」と言い伝えられ、地域より親しまれている木です。
もうイチョウの葉が落ち始めていましたが、今年の落葉はどんな風になるでしょう。

今日の天気予報は晴に変更されていました。
長命寺の大イチョウが見ごろです♪

 

【紅葉】松代 城川ダム周辺

標高の低い場所にある里山も美しく色づき始めました。

松代室野地内にある「城川ダム」周辺も山が色づき
とても美しい景色を楽しむことができます。 
秋の色をゆったり楽しめる、静かな場所でした♪

逆光で見づらいですが右奥が城川ダム
城川ダム公園

この城川ダムを撮影し画像を十日町市役所松代支所へ持っていくと
「ダムカード」をもらうことができます。

ダムカードとは・・・
国土交通省と独立法人水資源機構が管理しているダムのことをもっと知って
もらうために作り、訪れた人に配布するようになったものだそうです。

松代の城川ダムカードは休日でも受け取ることができます。
松代支所の入口脇にある駐車場に車を止めると
「ダムカード」と書かれた矢印が、配布される宿直室まで行けるよう
支所外壁に貼られていました。
休日は宿直室入口のインターホンを押して中に入り、2階の宿直室で
撮影した城川ダム画像を見せたらカードをもらうことができます。

城川ダムカード

ついでに・・・
国道253号線沿いにある道の駅まつだいふるさと会館内の
観光案内所では松代マンホールカードを配布しています。
お住いの県名、年代、性別を受付表に記入すると一人1枚
もらえます。 この土地へ来た記念にいかがでしょうか♪^^

松代マンホールカード

【紅葉】まつだいの日常

■松代・松之山温泉観光案内所より■

(((=ω=)))ぶるぶる…
寒くて、ぬくぬく布団から出にくい季節になりました。

今朝は5℃を下回っていた模様です。

ここ最近お天気の悪い松代でしたが、本日は晴天なり!!

今朝はぐっと冷え込んでいたため、朝霧がきれいでした。
すすきと紅葉と青空!!最高に気持ちの良い朝です。
今週末はお天気にも恵まれ、まつだいエリアは紅葉真っ盛り。

まつだい駅からでも紅葉は楽しめます♪

今朝の星峠の棚田は間違いなく、絶景でしたね。
朝写真を撮ってこられたカメラマンの方もおっしゃっていました♪

まつだいの町なかを歩くだけでも、きれいだな~と思わず独り言。笑

あんまりキレイだったので、案内所の線路の向こう側、
農舞台の裏山、城山のふもとに行ってみると、、、

まつだい駅のすぐそばにある草間彌生さんの”花咲ける妻有”の
まわりに花咲いてました!!
なんでしょう、このかわいらしい花は!!
植物に詳しくないわたし(´Д`)

”花咲ける妻有”を囲むように咲いていて、
まるっとしたピンクと白のお花がなんてかわいいのでしょう!!

近所にいながら、あまり近くでみる機会がないのですが、
今日は素敵な発見ができました☆

まつだいの日常は紅葉も朝霧もお花も楽しめます♪
地元の人にあいさつすれば、楽しい交流も生まれるかな♪

2018.11.03

 

10/22の星峠の棚田

■松代・松之山温泉観光案内所より■

今朝の松代の気温はなんとっ!!

4℃っ∑((((((゚д゚;ノ)ノ 
どうりで寒いわけだ。。。

10月後半は秋晴れの日も多く、日中は太陽が出ていればポカポカですが、
朝夜はだいぶ寒く、晴れて寒暖差の多い日には霧で真っ白な松代です。

日が沈むのも早くなってきて、寒くなってくると寂しくも感じられますが、
こんなシーズンだからこそ見ることのできる景色もあるんですよ♪

わたしの大好きな景色の一つでもある、星峠の棚田。
寒いし、雪もいっぱい降るけど、ここだからみれるんだなと、改めて実感。

あぁ。やっぱりきれい(´∀`艸)♡
たまには朝早起きして、6時に起きて見るのもいいですね♪
美味しいあったかいコーヒーも一緒にあったら最高だな。

2018.10.26

〔紅葉情報〕大厳寺高原

今朝8時の大厳寺高原の画像です。

朝はとても気温が低く寒いのですが、こんな晴れの日は
空気が澄んでいて景色がクッキリ見えるんですよねぇ。
今年の秋は雨が少なく、池の水が少ないようですが
紅葉と青空が水面に映って美しかったです(^^♪

 

 


———–

こちらは、大厳寺高原奥にある
信越トレイル松之山入り口画像です。
松之山入口駐車場の脇にある「バイオトイレ」は11月5日に冬支度をするので
使えなくなります。ご利用は11月4日(日)までです。

秋の当間山ご機嫌ドライブ♪

日に日に朝夕寒くなってきて、秋の深まりを感じる今日この頃、
みなさまから「十日町の紅葉スポットの色づきはどうですか~?」という
お問合せも多くなってきました。
ということで、本日は魚沼スカイラインの魚沼展望台を目指して当間高原を眺めながら走る
ドライブへ行ってみましょう!

まずは当間高原リゾートベルナティオを目指します。
もう満開時期は過ぎてしまいましたが、まだまだ楽しめるコスモス畑、キバナコスモス畑がお出迎えしてくれます。
空が高いですね~♪

そこから中里清津スキー場方面へ走り国道353へ。
清津峡を過ぎてしばらく走ると魚沼スカイラインへの入口には案内看板があり、迷うこともないです。
曲がりくねった道を登っていくその先の景色は・・・・・

色づく当間山を背景にこれぞ里山の秋の風景!
どんどん行きましょう!!

着きました、展望台です。
ここからは、眼下に広がる魚沼平野からはるか向こうに魚沼の山々を望むことができ
心広がるようです・・・(*´▽`*)

木々の色づきは、まだまだ黄緑~黄色~オレンジ色~ところどころ赤
ってグラデーションですね。

お、見事な紅葉発見!

と思ったらうるしです。
この時期はもう木に勢いがないので春より大丈夫でしょうが
アレルギーのある方はご注意を。。。

11月の連休頃には当間山のブナの森がもう少し深い色になるでしょう♪ みなさまも、こんなドライブいかがですか(^_-)-☆

無題ドキュメント