アーカイブ

HOME > author : 10kq2016

1年間ありがとうございました! 佐治瑠璃


皆様こんにちは、十日町きもの女王2016 佐治瑠璃でございます。

段々と気候も暖かくなり、春の訪れを感じますね🌸 私は今年も満開の桜を見ることが待ち遠しいです。皆様いかがお過ごしでしょうか。


昨年十日町きもの女王コンテストで選んでいただいてから、時が経つのはあっという間で、早くも一年。最後のご挨拶をさせていただくことを寂しく感じております。

幼い頃からお着物に触れる機会が多く、大好きなお着物を着て、十日町市について学び、発信していきたいという思いからコンテストに応募致しました👘👑

初めての出務は高田城百万人観桜会から始まり、G7農業大臣会合、外国特派員協会など県内のみならず県外での出務も通して、数々の貴重な経験をさせていただきました。十日町きもの女王として行って参りました活動で、よりたくさんの方に雪と着物の街、十日町市を知っていただくことができていたら幸いでございます⛄️👘✨



全ての、一つ一つの出務に素晴らしい思い出と出会いがあります。咲穂さんと麻里花さんとの最後の3人の出務でもありました、雪まつりは私にとって、やはり最も印象的なイベントの一つです。市民の方々が作られた雪像、雪上ステージは精巧で、圧巻な作品ばかりで感動いたしました。また、近代雪まつりの発祥の地であるという歴史を肌で感じ取ることができ、日本が世界に誇るべき重要な文化財であるのだと実感いたしました。


雪まつり後の本当に最後の出務でありました、JA東京スマイルでのイベントのお写真もご覧ください。会場には十日町直送の新鮮野菜、名産が並べられ、大変賑やかなイベントとなりました。特設で作られた雪像とそり体験の広場を前に来年度の雪まつりに向けたPRをして参りました。母と咲穂さんも応援に駆け付けてくれて、最後の出務も楽しんで全うすることができました。

この一年は、私にとってかけがえのない、一生の財産になりました。様々な場面を経験してきたからこそ、これからの人生どんな選択をしても、自分らしく常に前向きに何事も乗り越えていけるのだという自信があります。世の中を明るくできるような自立した強く美しい女性が幼いころからのわたしの目標です。自分を信じ、時には暖かい周りのサポートも頼りに、目標達成を胸にこれからも頑張って参ります。

そろそろ次期女王にバトンタッチをする時間がやって参りましたが、引き続き皆様、きもの女王への応援、サポートをよろしくお願い致します。

今こうしてブログを書きながら、充実したこの一年を振り返りつつ、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

一年間、本当にありがとうございました。

十日町きもの女王2016 佐治瑠璃

1年間ありがとうございました! 南雲咲穂


皆様こんにちは!
十日町きもの女王2016の南雲咲穂です。
こうして投稿させていただきますのもこれが最後…とてもとても寂しい気持ちでいっぱいですが、1年間私達の活動を見守ってくださった皆様への感謝の気持ちをお伝えするため、最後のご挨拶をさせていただきます。

十日町きもの女王として活動させていただいた1年間は私のこれまでの人生の中で最も刺激的で充実した、素晴らしい1年間でございました。故郷十日町市でのたくさんの活動はもちろん、遠くは鹿児島県指宿市や東京都、またG7農業大臣会合や日本外国特派員協会などの国際的な舞台まで、本当に数多くの貴重な経験をさせていただきました。

活動を通して自分自身と故郷十日町との新しい関わり方、常に学び発信し続ける力、そしてお着物に関する豊富な知識など本当にたくさんのことを学び、身につけることができました。そして、活動を通してますます故郷十日町への愛が大きくなりました!♡

振り返ってみると本当にキラキラとした素晴らしい思い出ばかりで、私はなんて幸せ者なのだろう!と改めて実感しております。

各地域で温かく見守ってくださった皆様、いつも優しくサポートしてくださった観光協会の皆様、観光交流課の皆様、きもの女王コンテスト部会の皆様、そして何より同期である瑠璃ちゃん、麻里花ちゃんのおかげで素晴らしい1年間を過ごすことができました。本当に本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

特に瑠璃ちゃん、麻里花ちゃんとの時間は私にとってかけがえのない宝物です。3人での活動や関西旅行はとても楽しく笑顔に溢れ、忘れられない思い出となりました。よく食べ、よく寝て、よく笑った幸せな1年間でした。任期を終えてしまうのが本当に寂しく、あと5年くらいやっていたいなぁ、という気持ちになることもあったのですが(笑)、十日町きもの女王はどんどん進化し前に進み続けていくべき存在です。これからの後輩達の活躍を楽しみにしております!

30年以上の歴史を持つミス十日町、私達の代まで5年間、そしてこれからも続いていく十日町きもの女王の歴史に名を残せたことは私にとって最高の誇りでございます。

今後華やかな世界で生きていくつもりは全くありませんが、この経験を人生の糧とし、これまで大学やきもの女王の活動において学び、身につけた知識を活かして自分自身が選び、信じる道を女性として人として常に前向きに邁進していきたい!と強く思っております。

皆様と出会い、過ごしたこの1年間は私の一生の財産です。たくさんの温かい応援、本当にありがとうございました。

これからどんな世界へ飛び立っても、両親のつけてくれた名前の通り、大きな花を咲かせ置かれた場所でめいいっぱい穂を実らせることができるよう、自分らしく一生懸命生きていきます。

末筆ながら、故郷十日町のさらなる発展と未来の十日町きもの女王のさらなる活躍をお祈り致します。本当にありがとうございました!

P.S.私事ですがつい先日大学を卒業しました!十日町のお着物はどんな袴にもよく合います♡袴のお写真は卒業式で撮ったものです!髪型は華やかなアップヘアでした。


愛をこめて

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

【English】

Grüzi ❤
I have successfully finished my term as a Tokamachi kimono queen 2016.

As a Tokamachi kimono queen, I could be involved in a lot of great events and festivals in Tokamachi, Kagoshima and Tokyo with beautiful kimono from Tokamachi .


I’ve been extremely glad and honoured to have so much precious and amazing experiences throughout this year! However, this great year as a kimono queen would not have been possible without all of your support and love❤
Thank you sooooooooooooo much for this perfect year!

Although my term as a Tokamachi kimono queen finished, I will forever love my hometown Tokamachi city and great traditional Kimono. I’d love to push forward to next step in my life as a powerful and lucky woman😆

I was so lucky to get this special experience. This year became absolutely special and treasure in my life forever!!!!!!

Thank you❤❤❤❤❤❤
Dankeschön ❤❤❤❤❤❤❤❤

with Love♡

Tokamachi kimono queen 2016
Sakiho Nagumo

 

一年間を通して。竹藤麻里花です。ありがとうございました。

 

皆様、ご無沙汰しております。

十日町きもの女王2016の竹藤麻里花です。

3月も終わりに近づき、とうとう春の気配がやって参りましたね。

先月に開催されました雪まつりにて「十日町きもの女王2016」としての活動が最後となりました。

この一年間、様々な方達に支えて頂き、多くの方達の応援を頂いて活動をして参りました。

選んで頂いた事がつい昨日のようで、楽しい思い出しかありません。

きもの女王の活動を通して、人生で忘れられない経験を沢山させて頂きました。

本当に、本当にありがとうございます。

また3人での時間がとても楽しくて。

そして私が頂いた真っ白に金彩・銀彩刺繍が豪華なお振袖は、関芳さんもの。

白が大好きな私にとって、この素晴らしいお振袖で1年間の活動ができた事は本当に光栄で幸せでした♡

共立観光さんから頂いた旅行では、わがままな要望にたくさん応えて頂きまして、感謝の言葉しかありません。

SL出発セレモニー出務の際に。

SL出務と同じ日に行われてた家庭の日の出務にて。

国際ご当地グルメグランプリ出務。素晴らしいキルト作品と共に。

頂いた写真集達。 イベントごとに毎回まとめて下さる方から頂くのですが、一生ものの宝です。

雪まつりの雪上カーニバルの名物。

一年間を通して少しは成長できてると良いのですが。。。

雪まつり最終日に行われました「十日町きもの女王コンテスト」にて、私たちは無事に新たな女王にティアラとタスキを託して参りました。

新たな女王も素晴らしい方達で、今後のお披露目が待ち遠しいです。

これからも「十日町」と「十日町きもの女王」をよろしくお願い致します。

一年間、ありがとうございました。

정말 행복하고 재미있는날 들이였습니다.

설마 벌써 일년이 지나가 버린다니…

많은분들게서 응원을 받아서 정말 감사 드리고

앞으로도 잘부탁드리겠습니다.

第68回十日町雪まつり・十日町きもの女王コンテスト2017

 

皆様こんにちは!
十日町きもの女王2016の南雲咲穂です。
きもの女王としての任期が終わってしまいましたが、3月31日まではfacebookページとこのブログを更新することができるので、あと少しの間お付き合い下さい😊


先日飯山線に揺られながら雪景色の故郷を眺めつつ、これからの自分自身の人生についてゆっくりと考えてみました。これからこの1年間の経験を活かし、1人の女性として、1人の人間としてどのように歩いていこうか、そんなことを考えているとなんだかとっても前向きで新しい人生のステージにわくわくする自分がおりました😊

しばらくは寂しいなぁという気持ちでいっぱいだったのですが、観光協会様やきもの女王コンテスト部会様を始めとする故郷の皆様が私達を温かく送り出してくださったので、前向きに進むことができております。

さてさて、ここでこの1年間を振り返ってのご挨拶…といきたいところなのですが…プライベートではございますが、まだ3月にあの私の大好きな朱色のお振袖に袖を通す機会がございますので、ぜひその時に最後のご挨拶をさせてください

なので今日は十日町雪まつりと、新しく後輩の誕生した十日町きもの女王コンテスト2017についてのお写真をメインに更新します。

十日町は雪まつり発祥の地。今年の開催で第68回目を迎える大変伝統のある、十日町市の冬の一大イベントでございます。日本全国各地からお客様がいらっしゃり、近年では海外からのお客様もかなり増えております。

(↑今年はなんと米山県知事にお会いすることができました!)

街の中を歩けばたくさん目にすることができる雪像は十日町市民による手作りの雪像です。これが全て手作り?!と驚いてしまうくらい芸術的な雪像ばかりです。

たくさんの雪像に各々の広場で開催される屋台やステージ…歩いているだけで十日町の温かさを感じることのできるお祭りです。

雪まつりでは様々な広場で地域の皆様とお話したり、友好都市の鹿児島県指宿市の菜の花レディ今吉様、栃木県真岡市の2016ミス・コットン柳田様と故郷PRをさせていただきました。また、雪上ステージでは豪華な出演者様の素晴らしいパフォーマンス、そしてしっかり最後の花火まで見ることができました。

私は九月に指宿市様の温泉まつりにも参加させていただいたため、指宿市の皆様との再会がとてもとても嬉しかったです。指宿市の皆様とは前日のオープニングセレモニーから一緒に見学させていただきました。

(↑菜の花レディと十日町の美味しい川魚「ヤマメ」を食べました!)

小さな頃から慣れ親しんでいた十日町雪まつりですが、おもてなしする立場に立ってみると、といつもとはまた違う景色が見えて興味深いですね。
私も十日町のお役に立てるよう、一生懸命頑張ろう!と3日間気合を入れ、さらに女王3人での最後のお仕事を思いっきり楽しもう!と気合を入れて挑みました。

最終日のコンテスト会場ではリハーサルの段階から3人で寂しい寂しい~と話しておりました。1年前このコンテストで出会った私達は1年間を通してたくさんの思い出を作ることができました。3人でのお仕事や1人でのお仕事はもちろん、関西旅行など、たくさん笑ってたくさん食べて、本当に良い思い出ばかりです。2人に会うと毎回、同年代にこんなに素敵な女性がいるんだなぁと感激しておりました。


(↑なんと!クロアチア大使様とご家族の方々が私たちの最後の挨拶に駆けつけてくださいました!1年を通してとても優しくしていただき、感謝の念に堪えません。)


女性として磨いていただき、そして素敵な仲間までできた十日町きもの女王の経験は一生の財産です。先日誕生しました後輩、十日町きもの女王2017にとっても、きもの女王の経験が人生を変える素晴らしい経験になりますことを心から祈っております。

また、コンテストに出場された皆様も最後まで楽しかった!と笑いあう皆様の表情はとてもキラキラしていて素敵でございました。この十日町きもの女王コンテストはこれからも未来ある女性を輝かせ、十日町をより一層盛り上げる素晴らしいイベントであり続けるだろうと思っております。

ついつい長くなってしまいました。また、観光協会様からお写真を頂きましたら更新したいなぁと思っております。

それでは、まだまだ寒い日が続きますがお体にお気をつけください。

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

 

「食は雪国にあり!日本一の豪雪地からお届けするニッポンの郷土料理」

 

皆様明けましておめでとうございます
十日町きもの女王2016の南雲咲穂です。

寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。私は大学の期末テストの勉強に追われ、慌ただしい毎日を過ごしております

さて、私は先日13日に渋谷区の東京カルチャーカルチャーにて開催されました、「食は雪国にあり!日本一の豪雪地からお届けするニッポンの郷土料理」に参加して参りました!
これは、日本一の豪雪地帯と知られる奥信越地域(新潟県十日町市、津南町、長野県栄村)の魅力を発信しよう!という素敵なイベントです。そしてなんと、東京で雪国の郷土料理が食べられるとっても豪華で心温まるイベントです。


当日はたくさんの来場者の方々に恵まれ、会場は満席。美味しい郷土料理と地酒を囲みながら、この冬見逃せないイベントやお宿について各地域の皆様からのPRトークショーが行われました。もちろん、私も気合を入れて十日町の着物や雪まつりのPRをさせていただきました!☺

お客様の温かさや雪国への想いに触れ、遠く離れた土地の方々をも魅了する故郷十日町の素晴らしさを実感いたしました。

また、お隣の津南町、長野県栄村についての知識も増やすことができ、とても充実した時間となりました!
奥信越地域、本当に奥深い魅了たっぷりです。


当日のお着物は新春らしい真っ赤なお着物でした☺ぱきっとした赤色に少し変わった柄がまた珍しく、とても若々しく可愛らしい印象のお振袖です。帯も金色でとても豪華でした。



髪型は少しモダンに。ふわっとした毛先に小さなパールを散らして十日町の雪を表現しました。

 

十日町きもの女王としての活動もあと2ヶ月…1年間というのは本当にあっという間ですね!最後の雪まつりまで健康に気をつけ、しっかりと任務を務めていこうと思います。
残り少ない任期となりましたが、皆様どうぞよろしくお願い致します☺
そろそろ十日町きもの女王コンテスト2017の素敵な出場者の方が発表される頃でしょうか。たのしみですね♩

それでは、皆様雪まつりでお会いしましょう!十日町でお待ちしております❄️

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

きもの女王関西旅行とお知らせ

皆様こんにちは。

十日町きもの女王2016の南雲咲穂です。

十日町はいよいよ雪の季節となりました。

昔からなのですが、どんなに寒くても、雪が降ると少しわくわくしてしまいます。

さて、私たちきもの女王の3人は先日、きもの女王コンテストの副賞で共立観光様からいただきました2泊3日の関西旅行を楽しんでまいりました。

新潟や東京都は違う街並み、行き交う人の言葉、その土地その土地の食べ物、全身で関西を感じ、楽しみました。


神戸ではこの季節ならではのイルミネーションで輝く街を散策したり、まるで外国のような異国人街を歩いたりしました。

京都ではお着物をレンタルして清水寺や金閣寺を観光しました。お着物も、その土地その土地によって特徴が異なることを肌で感じとても勉強になりました。

大阪ではテーマパークで遊んだり、たこ焼きや串カツをほお張ったり…最初から最後まで大満足で3人での素敵な思い出がたくさん増えた関西旅行となりました。

雪まつりに向けてのエネルギーが蓄えられました☺

共立観光様、ほんとうにありがとうございました。


最後にお知らせです。十日町の皆様はもうすでにこのポスターをご覧になった方も多いかもしれませんが、十日町きもの女王コンテスト2017では現在出場者を大募集中です!

少しでも気になる、興味がある方はぜひ十日町きもの女王ホームページや十日町きもの女王コンテストのFacebookページをご確認ください。

皆様からのたくさんのご応募お待ちしております!

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

 

第47回東京十日町会総会・懇親会




 

 

みなさま、こんにちは。

十日町きもの女王2016 佐治瑠璃でございます。だんだんと寒くなってきましたね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。東京では、11月に観測史上初の初雪が降り、まるで新潟にいるかのように感じ、なんだかホッと気持ちがあたたかくなりました。

先日東京十日町会総会・懇親会が上野精養軒にて開催されました。東京十日町会総会は、2年に1度、前回は60周年、今回は総会の回数としては47回目を迎えました。首都圏にお住みの方や地元の十日町、そして新潟県人会役員の方などをはじめとした、140人もの大勢の方が出席されました。

東京・上野というような、地元から遠く離れたところであっても、新潟県民、十日町市民の方々が大勢集まる素晴らしい機会に出席させていただき、嬉しかったです。お一人お一人のお話を伺ったり、最後に全員で十日町小唄を踊ったりと、改めて、十日町の人と人とのあたたかさを感じました。

また、今回は淡い色の大人っぽい色合いのお着物だったのですが、会場の真っ赤なじゅうたんとのコントラストがあって、とっても素敵で、お褒めの言葉をいただきました。

十日町きもの女王2016として就任してから早くも一年が過ぎようとしています。さまざまな素晴らしい経験をこれまでさせていただき、たくさんの出会いがありました。毎回の出務を通して学ぶことは多く、新たな発見があったり、物事を少し客観的に見ることができるようになったのではないかと感じます。

来年の雪まつりがより一層盛り上がりますよう、より多くの方に十日町きもの女王コンテストに応募していただきたいと思います。今からすでに、来年度の新たなきもの女王が誕生する瞬間が楽しみです。残された任期は数カ月となりましたが、精一杯務めて参ります。

 

十日町きもの女王2016 佐治瑠璃

 

 

 

第4代十日町きもの女王桃子さんのご活躍

引き続き失礼致します。

十日町きもの女王2016の南雲咲穂です。
皆様ビッグニュースですよ!
現在発売中の雑誌『美しいキモノ』に私達の先輩第4代十日町きもの女王の渡邊桃子さんが載っていらっしゃいます。

桃子さんは、京都手描友禅協同組合さま主催の「きものエッセイ」にて、全国の応募の中から「美しいキモノ賞」を受賞されました!
さすがお着物が大好きで聡明な桃子さんです。

また、賞品で色もデザインも0からデザインできる、世界に1つの京都手描友禅の訪問着を頂いたそうですよ☺️
控えめな灰桜色に、百花模様。桃子さんのお好きな花の中に、お名前にちなんで桃の花の入った可憐で美しい訪問着。なんて素敵!桃子さんにぴったりですね。

きもの女王の任期が終わった後でもいろいろな方面で活躍されている先輩方が多く本当に尊敬です。皆様本当に女性として、人として、キラキラ輝いていて素敵です。私も多才な皆様に恥ずかしくないよう日々精進して参ります。

雑誌『美しいキモノ』はまだまだ発売中です。皆様、ぜひ書店にてお手に取ってみてくださいね。

では、連投失礼致しました。

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

雪まつり合同プレイベント~スノーカントリーフェス2017~

皆様こんにちは。

十日町きもの女王2016の南雲咲穂です。早いものでもう12月。今年もあと1か月ですね。

私達は先日十日町市のクロステンにて行われました、雪まつり合同プレイベント~スノーカントリーフェス2017~に参加して参りました。抽選会やお食事会など盛りだくさんな楽しいイベントで、雪まつり関係者の皆様とともに改めて雪まつりに向けて一致団結し気合を入れることができました。


久々の十日町きもの女王2016全員集合!

やはり3人揃うと心強く、とっても楽しくて時間があっという間に過ぎていきます。

各々が十日町、そして雪まつりに向けての熱い思いをお話しさせていただきました。

そして、クロステンといえば私たち十日町きもの女王にとって特別な場所。

このステージできもの女王に選んでいただいた日が9か月も前だなんて信じられません。

私達きもの女王も十日町市冬の最大イベント、雪まつりに向けて体調を整え、気合を入れて参ります。これから寒くなりますが、皆様もお体にお気を付けくださいませ。

 

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

20161022 第9回 地そばまつり

 

こんにちは。

十日町きもの女王2016の竹藤麻里花です。

皆さまご無沙汰しておりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

ご報告が遅くなってしまいましたが2016年10月22日(土)、23日(日)の二日間、

「へぎそばの里十日町」にて「第9回 地そばまつり」が行われました。

ここで、十日町市のお蕎麦のご紹介を少し。

十日町市のお蕎麦はつなぎに「布海苔(ふのり)」が使われている為に、

他のお蕎麦とは違った緑がかった風合いにツルツルとした食感とのど越しが特徴的。

「へぎ」と呼ばれる器で出される事から「へぎそば」と呼ばれて親しまれ、

盛り方も「へぎ」に綺麗にくるくると、取りやすく巻かれた形で盛られて提供されています。

独特なツヤ感溢れるお蕎麦に、魅了される事間違いなしです。

会場は十日町市内にある越後妻有交流館キナーレ1階、回廊内。

十日町市のお蕎麦屋さんだけでなく小千谷市、北海道からも出店が!

当日は会場内で各店舗のできたてのお蕎麦を食べ比べできるという贅沢なイベントです。

私は10月22日(土)にJR職員の方々、ネージュくんと一緒に十日町駅にてそば祭りに来られる方々のお出迎えをお手伝いさせて頂きました。


十日町市観光協会の青柳会長と。当日のお出迎え風景。


お出迎えの際に配った縄文風菓。サクサクで美味しいです。


十日町市のご当地観光キャラクター、雪の妖精 ネージュくんと一緒に。


お出迎え後はキナーレ会場に移動して。賑わってますね~。


私もお蕎麦を堪能させて頂きました♡ お蕎麦大好きです♡

お店ごとに風味も味も、薬味も全然違っていてお蕎麦の奥深さを再実感です。

お蕎麦の乾麺もお土産として大人気なのでオススメですし、
新そばの季節も深まり皆様も
ぜひ「へぎそばの里 十日町」のお蕎麦を堪能されに来てくださいね。

 

 

日本一の豪雪地・新潟県十日町市の夕べ

 

みなさまこんにちは!

十日町きもの 女王2016の南雲咲穂です。
日に日に寒くなって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
そろそろ故郷十日町では雪が降る頃でしょうか。

 私は先日瑠璃さんと東京の日本外国特派員協会ホールにて開催されました、十日町PRのイベント「日本一の豪雪地・新潟県十日町市の夕べ」に参加して参りました。
日本外国特派員協会ホールといえば、各界の著名人の方々が会見なさるあの有名な場所。(今世界的大ブームを巻き起こしている、あのピコ太郎さんが会見をされた場所です笑)
そんな素晴らしい会場で十日町をPRできるなんて、こんなに光栄ことはございません。

 当日はスライドを使い四季折々の十日町市の観光PRや、着物ショー、産業・観光ブースの出展(名産品の販売や機織の実演など)、十日町の食材を活かした心温まる田舎料理の立食パーティ(湯治豚や車麩、日本酒)など、十日町の魅力が盛りだくさんの豪華なイベントとなりました。



 私達着物女王は司会(瑠璃さんが日本語、私が英語です)を務めさせていただいたほか、着物ショーにもモデルとして参加させていただきました!

司会の大役は少し緊張しましたが、たくさんのお客様が来場され、楽しく賑やかなあっという間の3時間でした。

 たくさんの方々に十日町について知っていただき嬉しかったとともに、今日この日までコツコツと準備を進めてきた十日町市の皆様の情熱と団結力にとても感動いたしました。
大成功のイベントでしたので、今年の雪まつりは例年より多くのお客様がいらっしゃること間違いなし、と確信しております!笑

それではまた今月末の雪まつりプレイベントでお会いしましょう!



十日町きもの女王2016 南雲咲穂

 

 

指宿市観光2日目~最終日

こんにちは。十日町きもの女王2016の南雲咲穂です。

今回も写真をメインにお楽しみください。

======================================


朝から盛りだくさんなこの日はまさに南国な良い天気。九月下旬ですが照りつける日差しが真夏のようです。そして、こちらはまるでスヌーピーが寝ているような形で有名な竹山。実はこの竹山、マグマが地表に噴出する前に急に冷えて固まった火成岩のかたまりなのだそうです。

やはり新潟とは大きく異なるのは火山のもたらした自然の美しさや文化です。

もくもくと出てくるこの蒸気もかなりの高温です。


海も新潟の日本海とはまた違った美しさがあります。穏やかで真っ青で美しいですね。右は遙か昔に海底火山が噴火してできた開聞岳です。

 


地熱の力を活かしたアクティビティといえばやはり砂蒸し風呂!

北海道千歳市のスカイレディ千歳様と名物の砂蒸し風呂を体験させていただきました。


じわじわと温かく、芯から体が温まります。たくさん汗をかいて、体がすっきり軽くなりました。砂蒸し風呂で汗をかいた後は指宿サイダーと栄養たっぷりの温泉卵をいただきました。

続いては日本最南端の駅西大山駅です。とってものどかで少し十日町を思い出すような景色です。

西大山駅には幸せの黄色いポストがあり、実際にここからお手紙やはがきを出すことができるそうです。

 




お昼は名物そうめん流しです。竹を使った一直線に流れる流しそうめんとは違い、ぐるぐるとそうめんが流れ続けます。これがとっても楽しくおいしいので観光客の皆様にとても人気があるそうです。

 



昼食後は天璋院篤姫ゆかりの地を巡ったり、池田湖観光をさせていただきました。

池田湖もまた火山のもたらした産物で、かつてはイッシーくんという生物が目撃されたことがあるとか。夢がありますね!



熊本県人吉市のキャンペーンボーイのお二人と北海道千歳市のスカイレディ千歳様と記念撮影をしていただきました。


その後は指宿酒造様を見学させていただきました。

大きな樽の中はもちろん芋焼酎です!

鹿児島ではお酒を飲むときにビールメーカーのグラスではなく、焼酎酒造のグラスを使うのが一般的なのだとか。このグラス、とっても可愛らしいですよね。

朝から盛りだくさん、贅沢に観光をさせていただき、この日の夕方温泉祭りに参加しました。すべてが美しく興味深いものばかりだったのですが、私が感動したのは観光課の方々そして地域の皆様の指宿市観光PRとその知識の深さ。私ももっと故郷十日町について勉強し、あと半年しっかり活動しようと決意することができました。

======================================

最終日は最後まで温かい皆様の送迎を受け指宿を後にしました。


とても充実した3日間、皆様と素敵な思い出を作ることができましたので離れるのが寂しかったです。またゆっくり観光に訪れたいと思いました。

最後は空港で鹿児島発のデザート白熊を!最後までおいしい大満足な鹿児島県です。

 

今回、このようなすばらしい機会を与えてくださったすべての方々に感謝いたします。これからあと半年務めていく十日町きもの女王として、そして一人の人間として、大切なものや人と人の温かさを感じ、学ぶことができました。この経験を活かしさらにパワーアップして活動していきたいと思っております。

本当にありがとうございました。

そして、十日町市が鹿児島県指宿市様はもちろんのこと、北海道千歳市様、熊本県人吉市様ともこれからも素敵な交流が続くことを祈っております。

最後までご覧いただきましてありがとうございました!

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

 

 

 

 

 

指宿市観光1日目

こんにちは。十日町きもの女王2016南雲咲穂です。

指宿市では様々なところへ連れて行っていただき、これが真のおもてなしというものかと感激するほどの歓迎をしていただきました。今回の投稿では写真をメインに少し、日本のハワイ指宿市を皆様にお届けします。旅のアルバムを見るような気軽な気持ちでお楽しみください。

 

鹿児島空港についてすぐ、有名な霧島の黒酢見学をしました!

なんとこれは5万2千個の黒酢の壺。

職人さんは壺を叩いた音を聞くだけで中の黒酢の熟成度合いがわかるそうです。

お昼にはその黒酢を使った健康に良いおいしいお料理をいただきました。


夕方の歓迎レセプションではずらっと長いテーブルが。鹿児島県指宿市、北海道千歳市、熊本県人吉市、新潟県十日町市、4都市が一堂に会しおいしい夕食とお酒を楽しみながら親交を深めました。

十日町市からは松乃井と天神囃子をお持ちしました。


指宿名物のアロハシャツが皆様お似合いです。


歓迎レセプションでは十日町市のPRもさせていただきました。

私からは雪ときもの、そして大地の芸術祭の里についてお話しさせていただきました。各都市の皆様がいつか十日町市を訪れてくれたらいいなあという気持ちを込めてお話ししました。


夕食後はなんとホテルのお庭から大きな花火が!かなり近距離でたくさんあげられる美しい花火にまだまだ夏の風を感じることができました。

初日ということもあり、少し緊張していたのですが各都市の皆様とたくさんお話をし親交を深めることができました。

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

 

 

 

指宿温泉祭り


皆様こんにちは!十日町きもの女王2016の南雲咲穂です。

少し肌寒くなって参りましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

パソコンからブログにアクセスできないというトラブルが続き、少し更新が遅くなってしまいましたが、私は9月23日から25日の三日間、十日町市の友好都市鹿児島県指宿市に行って参りました。

人生初の鹿児島県。実はこの出務、私が十日町きもの女王になった時からずっと、ぜひとも参加したい!と願っていたもので、念願かなっての出務となりました。本当に幸せで最高な3日間で、お伝えしたいことが山のようにありますので何回かに分けて投稿させていただきます。まず、第一弾となりますこのブログでは「指宿温泉祭り」について。


今回の出務のメインは指宿市様の夏の一大イベント「指宿温泉祭り」です。

指宿温泉祭りは指宿市にもたらされる「温泉」という大地の恵みに感謝するお祭りです。今年で第69回を迎える大変伝統のある、市民の方々に親しまれているお祭りです。


私は24日に指宿市伝統のハンヤ踊りのそう踊り(民謡流しのようなものです)に参加させていただき、さらに特設ステージでご挨拶と十日町市のPRをさせていただきました。

今回のお振り袖は涼しい絽のお振り袖です。この絽のお着物、今回初公開の新品だそうで、さらっと軽い着心地の可愛らしいお着物でした。


合わせの着物も大好きですが、夏季限定で着ることのできる絽も大好きです。


大きく柄の入ったかわいい赤のお振り袖に紺の帯が映えます。



お祭りなので髪型も豪華にしていただきました。

そして、このお祭りでは各都市の観光親善大使の皆様が勢揃いしました。


指宿市の菜の花レディの皆様、北海道千歳市のスカイレディ千歳様、熊本県人吉市のひとよしキャンペーンボーイ様。皆様本当に素敵な方々でした!

さすが日本のハワイ、指宿市。指宿市の皆様は本当に明るく温かく、キラキラ輝く笑顔が印象的でした。なんだかこちらまで元気に前向きになれるような、そんな大きなパワーを感じました!

そして何より市民一人一人の指宿市に対する「愛」がとても深く、観光PRにとても力を入れており、強く感銘を受けました。私も指宿市様を見習って、もっと愛を持って十日町市をPRしなくては!と観光親善大使として改めて気持ちを引き締めることのできた刺激の多い出務となりました。

さて、次回は私の体験させていただいた指宿市の観光について書きたいと思います。

長くなってしまいましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

 

 

 

第1回 十日町きもの染織展

こんにちは。十日町きもの女王2016南雲咲穂です。

日増しに秋の気配が濃くなって参りました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は9月4日に東京で行われました第1回十日町きもの染織展に参加させていただきました。


東京に居ながらにして故郷十日町を感じることのできるなんとも素敵なこのイベント。

久しぶりにコンテストの際にいただいたお振袖を着てのお仕事です。

お着物はもちろん、へぎそば、お米、お酒など十日町が全国に誇る名産品を購入されるお客様。ほんとうにたくさんの方にお会いすることができました。


遠く離れた
東京でも多くの人を魅了する十日町の素晴らしさを改めて実感し、この素晴らしい故郷をもっと広めていかなくては、ときもの女王として改めて気合を入れることのできた特別な1日となりました。

ここからは少し当日のお写真をご覧ください。

↑九重という帯結びをしていただきました!


このように様々な展示・販売ブースが設けられており、美しいお着物や帯で溢れていました。

↑私も少し見学させていただきました!

いつかこんなお着物も着てみたいなあと夢が広がります♡!

さて、今週末私は毎年恒例となりましたあのイベントに参加させていただきます。

近々皆様にご報告できますことを楽しみにしております。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

 

十日町おおまつり


 

みなさまこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

十日町きもの女王2016 の佐治瑠璃でございます。

先日行われました、十日町おおまつり、大民謡流しに参加してまいりました。

この日は爽やかな絽のお振袖を身に纏っての出務でした。風通しが良く、着てみるととっても軽く、夏でもお振袖を着ることができるのだと感動いたしました。また、淡い色のお着物は新鮮で、孔雀の描かれている素敵な絽のお振袖でした。

踊りのお稽古をつけていただいて、いざ、大民謡流しへ。

久しぶりの十日町小唄に深雪甚句。踊りきることができるのかと多少の不安がありましたが、先生のご指導、そして子供から大人まで一丸となった十日町の皆さんの活気あるパワーのおかげで、楽しんで踊ることができました。

さらに、すれ違うたびに気持ちのこもった温かいお言葉やはじけるような笑顔をいただき、最後まで全力で臨むことができたと思います。

改めて十日町は人と人とのつながりが強く、温かみのある素晴らしいところだと感じました。

今回の出務でもこのような機会をいただけたことを嬉しく、光栄に思います。

さて、早速ですが、明日は東京で開催されます、十日町きもの染織展へ参加いたします。

東京での十日町のPR活動に一生懸命貢献してまいります。より多くの方に十日町を知っていただき、足を運んでいただけたらと思っております。

明日はコンテストでグランプリを獲得したときにいただいたお振袖を久しぶりに着ます。

髪型について、アップスタイルヘアが自分のなかでは定番となっているのですが、明日の出務では初めての日本髪を結っていただく予定です。さて、どのように変身するのでしょうか。

何事も新しいことにチャレンジすることは大切ですよね。

早いもので、十日町きもの女王に選んでいただいてから半年が経ちました。いろいろな経験をさせていただきましたが、後半戦も、常にフレッシュな気持ちを持って毎回の出務に臨みたいと思います。

まだまだ残暑が続きますが、どうぞお体にお気をつけてお過ごしください。

十日町きもの女王2016 佐治瑠璃

7/11クロアチアチーム事前キャンプ歓迎レセプション

ご無沙汰しております。

7月も終わりに近づき暑さも本格的となって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

十日町きもの女王2016の、竹藤麻里花です。

7月11日に当間高原ホテルベルナティオで開催されました「クロアチアチーム事前キャンプ歓迎レセプション」に、十日町きものの女王として参加させて頂きました。

十日町市とクロアチアとは2002年日韓ワールドカップの際にキャンプ地としてクロアチア代表チームを迎えてから、今年でなんと15周年のお付き合い!

昨年11月には関口十日町市長がクロアチアを公式訪問、また今年3月にもクロアチア大使館を訪問されていたり、今年5月の「きものまつり」にはクロアチア大使のお嬢様がクロアチア柄のお振袖を着て参加して下さったりと、素晴らしい友好関係ですね。

当日はU-17サッカークロアチア代表、監督の方々を会場にお迎えして、市内保育園の子供たちによる可愛らしい鼓笛隊の歓迎の演奏と共にレセプションがスタート。

十日町市、そしてクロアチアからの記念品贈呈、友好関係を記念してのキックオフ等の盛り沢山なイベントが行われました。

その後U-17代表の方達は退場され、本格的な交流会が。

交流を深める証のクロアチア料理、クロアチア産のワイン、そして新潟産の日本酒がふんだんに振る舞われ、華やかで和やかな雰囲気の中、あっという間の時間が過ぎてゆきました。

9月には市内の小・中学校の学校給食でクロアチア料理を出せるよう準備を進めているそうですよ。

十日町市とクロアチアの素晴らしい友好関係に、今後も大注目したいと思います。

そして皆さま、今回なんと「絽の七夕柄のお振袖」なんです♡

茶色の色合いと主張しすぎない品の良い華やかさの七夕模様、そして白い夏帯の組み合わせが涼しげで、着心地も羽のように軽く。

初めての絽のお振袖、そして着心地の良さに感動してしまいました。

このような素晴らしい会に参加させて頂き、今回も有難うございました。

第45回 JA新緑の集い

若葉萌える好季節。皆様いかがお過ごしでしょうか。

十日町きもの女王2016南雲咲穂です。

ご報告が遅くなりましたが、先日13日にラポート十日町にて行われましたJA新緑の集いに瑠璃さんと参加して参りました。

当日は黒の振袖を着させていただきました。黒の振袖を着るのは初めてだったので、少しどきどき。普段からお洋服でもお着物でも、淡い色ばかりを好んで身に着ける私にとってかなり貴重な体験となりました。

しかし着てみてびっくり。ご覧ください、確かに地は黒のお振袖ですが、可愛らしい明るい色でたくさん柄が入っていて、黒色とのコントラストがとっても素敵です!

お着物に詳しい方から伺ったお話ですが、昨今古典柄の振袖が人とは違った存在感のある振袖として注目を集めているそうです。

成人式といえば若々しい明るい色!とお思いの方も多いかもしれませんが、黒や古典も個性的かつ伝統的で良いですね。

さて、お話がそれてしまいましたが、JA新緑の集いでは、参加者の皆様が十日町の春の名物である山菜を使った料理や地酒等を楽しんでいらっしゃる中、簡単なご挨拶と各テーブルにお邪魔しての写真撮影に参加させていただきました。

さらに私達もおいしい山菜料理をいただいたり、よもぎ餅の餅つきをしたりと盛りだくさんで充実した時間となりました。

1年を通して大好きな故郷十日町ですが、私は特に春の十日町が大好きです!雪が溶け新緑が生い茂る山々、清らかな信濃川に清津川、水が張られ田植えが終わったころの田んぼ…春の十日町の美しい景色を見ながら深呼吸すると、心身ともにリフレッシュされ元気になります。

都会の生活に疲れた方にはぜひぜひ訪れていただきたいものです☺

綺麗な雪解け水があるからこそ十日町の山菜は格別に柔らかく美味しいのです。

雪国の短い春ではありますが、皆様もこの限られた季節に美味しい美味しい山菜を食べて山からのエネルギーを補給してみてはいかがでしょうか。

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

5月3日はきものまつり。

皆様こんにちは。

十日町きもの女王2016の竹藤麻里花です。

今年のGWはどのように過ごされましたか?

[初きものパレード参加風景]

咲穂ちゃんに引き続き、私も「きものまつり」のご報告をさせて頂きたいと思います。

雪と着物の街としての伝統と歴史を誇る十日町市では、
5月3日に春の一大イベントとして「きものまつり」が開催され私達も参加させて頂きました。

[どきどきの撮影会]

[大先輩方に交じってのお茶会]

そしてなんとこの日。
きもの女王三人が、コンテストの賞品として頂いたお振袖を十日町の皆様に初お披露目をさせて頂く日だったのです。

[三人そろってパチリ。それぞれ頂いたお振袖、いかがでしょうか?]

私が頂いた、真っ白な織地に金彩刺繍が美しいこのお振袖は十日町織物メーカー「関芳」様のもの。

織地に金糸が織り込まれているので、絹でありながら着心地はずっしりとした重厚感。ところどころにアクセントとして銀刺繍やラインストーンが施されているので、きらびやかで本当に華やか。古典風でも現代風でもない風合いで、まるで打掛の様な美しさも兼ね備えております。

もう、ただただ美しいの一言に尽きます!この関芳様のお振袖を頂けた事を本当に嬉しく光栄に思います。

実は私、きものまつり初参加だったのですが、普段どこに隠れていらっしゃったのかと思うぐらい素敵なお着物姿の方々ばかりでやはり十日町は着物の町なんだな~としみじみと実感させて頂いた一日となりました。

お着物好きな皆様方、是非機会がありましたら十日町の織物の魅力を実感しに足をお運びくださいね♪

また毎回皆様方に優しく見守って頂き、暖かい応援のお言葉を頂いて、感謝感謝の日々です。支えて頂きまして、本当にありがとうございます。

咲穂ちゃん、るりちゃんに出会えて、この三人で出務させて頂ける事を毎回感謝感謝です。やっぱり三人そろっての出務は楽しいですね。今後もこの三人で頑張って参ります!

今後も何卒、宜しくお願い致します。

十日町きもの女王2016 竹藤麻里花

第40回十日町きものまつり

皆様こんにちは。十日町きもの女王2016南雲咲穂です。

先日5月3日に第40回十日町きものまつりが行われました。

きものまつりといえば十日町の春の一大イベント!私達きもの女王も気合たっぷりで1日頑張りました。

きもの女王撮影会から始まり、きものパレード、抽選会、ポスター撮影、きものパーティ…盛りだくさんな1日でした。風は強かったのですが、1日中天気も良くポカポカ陽気の素晴らしい1日となりました。


そして毎年この日は十日町市の成人式が行われます。私も2年前、クロステンでの成人式に参加し友人たちと振り袖姿で本町通りを歩きました。今回再び綺麗な振袖を着て、きものまつりに参加することができ、大変幸せでございました。

やはりさすがはきものの街十日町。男性も女性も、行きかう方々皆様が素敵な着物をお召しでした。

きものの着方も三者三様。古典にモダン、皆様それぞれ個性的で見ているだけでわくわくしました。いろいろな楽しみ方ができるのも、きものの魅力ですね。

春の出務がだんだんと落ち着いて参りました。毎回毎回反省することが多く、うまくできないことばかりだと落ち込むこともあったのですが、その度に多くの方々の温かいお言葉や、応援に支えられております。本当に心から感謝申し上げます。まだまだ未熟者ではありますが今後も一生懸命努めてまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

そしてやはり、同じく女王の瑠璃さん、麻里花さんがいるからこそいつも楽しく明るく頑張れているのだと実感しました。本当に二人には感謝してもしきれません。これからも三人力を合わせて頑張っていきます。

十日町きもの女王2016 南雲咲穂


↑クロアチア大使御一家と。今回のきものまつりは外国人の方が多かったのも印象的でした!

 

始めましてとTeNYさんでの「きものまつり」PR。

はじめまして。

ご挨拶が遅くなりましたが、十日町きもの女王2016の竹藤麻里花です。

明日はとうとう待ちに待った「きものまつり」ですね♪

実はそのPRで4月28日(木)にTeNYさんのテレビ伝言板にて

「きものまつり」のPRをさせて頂いたんです!

なんて光栄な。。。。出演時間は一分間。

事前に頂いた原稿をしっかりと覚えていったにも関わらず、

間違えることが怖くて原稿を見ながらのPR告知。

そして緊張のあまり噛んでしまうという事態に陥っておりましたが、

明日の「きものまつり」ではしっかりと任務をこなしていきたいと思います!

今後も是非よろしくお願い致します。

また下記文章は遅くなりましたが簡単な私の自己紹介文となりますので、

お目を通して頂けましたら幸いでございます。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

2016年 十日町きもの女王   竹藤麻里花

--------------------

ご挨拶が遅れてしまいましたが、
この度十日町きもの女王2016に選んで頂きました
「竹藤麻里花(たけふじ まりか)」と申します。

着物が好きで、将来はお着物生活がしたい。

着付け教室の先生にも背中を押してもらいご協力を頂き、
その気持ちだけで応募させて頂いた私ですが、
沢山の方々に支えて応援をして頂きご縁に恵まれ、
このように選んで頂きました事を本当に光栄で幸せに思っております。

簡単な自己紹介をさせて頂きますと、
去年の夏に韓国から帰国して十日町市民。

大学時は東京都在住、卒業後にご縁あって
韓国の企業で数年間働かせて頂いておりました。

なので特技は韓国語、韓国料理。
趣味は料理、ランニング、ガーデニング、お着物(趣味?)など。

(じ、実はカナダにも留学をさせて頂いておりましたが、英語から離れ早数年、、、今ではさっぱり自信がありません!汗)

最近好きなお着物スタイルは、渋めな色合いのお着物にパリッとした色(華やかな色)のアンティーク寄りの名古屋帯の組み合わせです。

幼少から何故か着物生活を夢見ておりましたので、

着物の街十日町で着物の女王に選んで頂けるなんてまさか夢の様です。

この一年間、
この三人で雪と着物の街十日町をPRして参ります。

まだまだ未熟の身では御座いますが、
今後ともご指導ご鞭撻の程を宜しくお願い申し上げます。

十日町きもの女王2016 竹藤 麻里花

※下記文章は韓国語文となります。※

[처음 뵙겠습니다 ]

벚꽃의 향기가 좋은봄이 왔습니다.

인사가 늦어 버렸습니다만, 이번에 토카마치 기모노 여왕 2016에 선택 받은 “타케후지 마리카” 라고 합니다.

기모노가 좋아하고, 미래는 기모노 생활을 하고 싶다.

기모노 교실의 선생님게서도 격려해 주시고 협조를 해 주셔서,
좋아한다 라는 그 마음만으로서 응모한 저입니다만,

많은 분들이 지지해 주고 응원을 해 주시고 인연을 맺어서
이렇게 선택을 받은것을 정말 영광이고 행복하게 생각합니다.

간단한 자기 소개를 하면 지난 여름에 한국에서 귀국한 후,
토카마치 시민이 되었습니다.

대학시절은 도쿄에서 지냈고 졸업한 후,
인연이 있어서 한국 기업에 취직해서 수년간 일해 왔습니다.

(사실 조금 캐나다에서도 유학을 했었습니다만, 영어를 완전히 잊어 버려서,,, 영어 담당은 사키호 짱에게 맡겨 합니다! 땀)

그래서 특기는 한국어, 한국 요리.

취미는 요리, 달리기, 원예, 기모노 (이건 취미?) …등등.

최근 좋아하는 기모노 스타일은 전체적으로 차분한 색조의 기모노에, 선명한 색상 (화려한 색상)의 엔티크의 나고야 띠의 조합입니다.

어렸을때부터 왠지 기모노 생활을 꿈꾸고 있었으므로 기모노가 유명한 토카마치 기모노의 여왕에 선택 받아서, 설마 꿈 같은일이였습니다.

이 일년동안, 이 세명으로 눈과 기모노의 도시 토카마치를 잘 소개 할수있도록 노력하겠습니다.

아직 미숙인 저입니다만, 앞으로도 지도 편달 부탁드립니다.

토카마치 기모노 여왕 2016. 타게후지 마리카.

今後とも、何卒宜しくお願い致します。

G7新潟農業大臣会合

 

**English Below**

十日町きもの女王2016 3人集合です!


森山裕農林水産大臣と。


泉田裕彦知事と。

 

皆様こんにちは。十日町きもの女王2016南雲咲穂です。

先日4月23日に新潟市の朱鷺メッセで行われました、G7新潟農業大臣会合にて私達きもの女王がレセプションのお手伝いをさせていただきました。

初めてこのお話を伺った際には信じられない気持ちでいっぱいでしたが、このような国際的かつ歴史的な場に参加させていただけましたこと、心から感謝しております。

当日、会場の朱鷺メッセでは大きなホールが美しく飾り付けられ、伝統的かつ斬新な日本の美しさを肌で感じることができ、改めて日本人であることを誇らしく思いました。また、新潟のお米やお酒を始め、あらゆる方面から日本の食や農業に触れることができ、短い時間ではございましたが大変充実した時間となりました。

世界中の多種多様な文化に触れる面白さを改めて感じ、大変刺激的な一日でございました。この経験を大切に、より一層世界にも目を向け自分自身を磨いていこうと思いました。

改めまして、このような素晴らしい機会をくださった皆様に心より感謝申し上げます。

さて、いよいよ来週はきもの祭りです!きもの女王3人、気合を入れて皆様のお越しをお待ちしております。

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

【English】

G7 and Niigata Agriculture Ministers’ Meeting!!

We had a great opportunity to attend the reception of G7 and Niigata Agriculture Ministers’ Meeting.

At the reception we stood by the door in receiving line and talked with some honour guests for a short time. It was really awesome day! We could see a lot of honour guests from each country. It was a memorable and an unforgettable event in my life.

I felt that it’s really interesting to communicate with people from all over the world. It makes my life better and more interesting.

And I realized that I have to keep brushing up my English more and more haha:)

Thank you for reading and see you soon! Cheers;)

Tokamachi kimono queen2016 Sakiho Nagumo

 

十日町きものフェスタ2016

**English Below**

こんにちは。十日町きもの女王2016南雲咲穂でございます。先日4月13日に初出務として「十日町きものフェスタ2016」に麻里花さんと参加させていただきました。

きものフェスタとは、十日町織物の新作商品(振袖、留袖、訪問着、紬絣、付下・着尺・羽織・コート、帯)が一堂に展示され、全国各地の呉服問屋様、呉服小売店様を審査員として最高賞の経済産業大臣賞を競う、きものの総合産地十日町最大のイベントでございます。このイベントの歴史は非常に古く、大正期より始まり(戦時中は一時中断されましたが)、現在に至っている伝統のあるイベントでございます。

そして、この審査会には呉服問屋様、呉服小売店関係者様だけでなく、一般の方々も審査に参加することができるのです!当日は私達も審査に参加させていただいたり、受付などのお手伝いをさせていただきました。

あちこちから聞こえる全国各地の方言、おしゃれなお着物をお召しの方々、様々な場所からたくさんの方がいらっしゃり、きものの総合産地十日町の伝統の深さを肌で感じました。

大ホールに並べられた美しい新作織物の数々…そこにいるだけで胸がわくわくするような、本当に素敵なイベントでございました。そして改めて十日町が世界へ誇る魅力的な織物産業に大変感動いたしました。

また、関係者の方のみならず、一般の方々もお着物をお召しの方がたくさんいらっしゃって、皆様のきもの、そして十日町への愛を強く感じました。

最高の初出務1日を通して、より一層織物や十日町について学ばねば、と決意を新たにしたとともに、もっとこの素敵な故郷を発信していきたい!と前向きな刺激をいただくことができました。

今回の初出務におきまして私達に温かいお言葉をかけてくださった皆様に心より感謝申し上げます。まだまだ未熟な身ですゆえ、1日お振袖を着て過ごし身体のあちこちが筋肉痛でございます。きもの女王として凛と立ち居ふるまうためにはまだまだお勉強が必要であると強く感じました。

いよいよ本格的にスタート致しました十日町きもの女王2016、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

(次に皆様にお会いできますのは5月3日のきもの祭りですね♪)

十日町きもの女王2016南雲咲穂

以下英文でございます。さらにその下にお写真がございます!ぜひご覧ください♪

【English】

Hello! I joined “Tokamachi kimono festa” as the first job of Tokamachi kimono queen 2016!

Kimono has been made all over Japan since a very long time ago. And my hometown is one of the famous cities for Kimono. Beautiful kimono has been an essential and important thing for our lives.

Kimono festa which I joined today has really long and deep history. I’m really honoured and appreciate to join it!We could see a lot of new kimono collection. All of them were really attractive and amazing!!

There were so many people to see kimono made in Tokamachi. I wasso happy and truly proud of my beloved hometown.

Trough this event, I got much more interest about beautiful kimono culture in my hometown and people who really love kimono. I would love to study about it more and more. It was perfectly fruitful day:)

Thank you for reading and see you soon! Cheers;)

Tokamachi kimono queen 2016   Sakiho Nagumo


↑コンテストの副賞でいただいたお振袖で初出務です。私のお振袖は滝泰様、麻里花さんのお振袖は関芳様のものです。それぞれの雰囲気に合った素敵な1点もののお振袖は一生の宝ものです。


↑帯も小物も素晴らしいです。久々の女王たすきをつけて。

 

↑お袖を広げて。

私事ではございますが、祖母が応援に来てくれました。短い時間ではありましたが祖母とお着物の話をしながらたくさんの織物を見て回るのは何とも幸せな時間でございました。

初めまして

*English and German Below↓↓↓

春暖の候 皆様いかがお過ごしでしょうか。初めまして。十日町きもの女王2016の南雲咲穂(なぐも さきほ)と申します。2月のコンテストの際には多くのご声援、ご指導を賜りまして誠にありがとうございました。勝ちたい、残りたい、なんて気持ちではなく、ただただ全力で楽しみたい、結果はどうあれ後悔だけはしたくない…そんな気持ちで、何人もの友人に添削してもらいながら、本番まで何度も何度も書き直し、練習したスピーチ。私1人の力ではなく、多くの方々に支えていただいた結果、このような素晴らしい機会をいただけたのだと思います。故郷十日町でこのような機会に恵まれましたこと、大変幸せに感じております。

さて私達十日町きもの女王2016は3月に計3回のお勉強会を終え、いよいよ本日4月1日より本格的に活動がスタートいたします。各々の初出務まで2週間を切りました。
記念すべき初投稿ということで、少しご挨拶と自己紹介をさせていただきます。

私は生まれも育ちも十日町出身。現在都内の大学で英語とドイツ語を学んでおり、昨年はイギリス、ロンドンへ留学し様々な挑戦をして参りました。
趣味は読書、料理に仏像鑑賞(オススメは法隆寺百済観音像)。特技は英語とドイツ語、そして荷造りです。(ロンドンで1年間に5回も引っ越しした為物凄い速さで荷造りできるようになりました。笑)

遠い世界へ出てみて家族や故郷十日町の大切さを改めて実感し、さらに海外で着物を始めとする日本文化を発信する仕事に非常に魅力を感じております。
これまでの経験や語学を活かして、そして女王3人力を合わせ、雪ときものの街十日町を1年間世界中へ発信していきたいと思っております。
少し長くなってしまいましたが、これから1年間皆様どうぞよろしくお願いいたします。

日本語、英語(余裕があれば時々ドイツ語)で投稿していきたいなと思っております。本日は気合を入れて日本語、英語、ドイツ語の3ヶ国語で。
きもの、十日町が大好きな方、興味はあるけれどなかなか踏み出せない方、日本に興味を持つ海外の方、より多くの方々に伝わりますように。

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

↑お勉強会では使った資料の一部です。基本的な立ち居振る舞いから十日町や織物に関する知識や歴史、たくさんのことをご指導いただきました。


↑コンテスト本番での写真です。コンテストはリハーサル、控え室、本番、全てが楽しく、笑顔で自分らしく過ごすことができました。

↓↓以下、英文、独文です。↓↓

[English]
Hello!
I’m Sakiho Nagumo. Time flies so fast…I can’t believe it has been over a month since I’ve been awarded Tokamachi kimono queen 2016 at Tokamachi kimono queen contest. For this year, I’ll be involved in promoting my hometown Tokamachi city and beautiful kimono made in Tokamachi through a lot of events and festivals.
I’m really honoured to be Tokamachi kimono queen 2016 and I’m excited for the journey which is about to start from now on.
I’m pretty sure that I could not have been the queen without all of your support(my family,my friends, tourism association in Tokamachi and so on)! I’d love to say thank you so much to all! And I’m really happy to get this special chance and encounter beautiful other queens!
We finished studying classes about kimono in March and we are going to start to attend various events soon.
We’re really excited to meet you in your town or our special Tokamachi city. It is not difficult to contact with Japanese traditional culture. I hope we could stimulate your interest a lot.
If you are interested in kimono wear, snow or Japanese culture, please follow and check this page and our blog 😉
Thank you for your reading.

Tokamachi kimono queen 2016
Sakiho Nagumo

[Deutsch]
Hallo!
Ich bin Sakiho Nagumo. Ich studiere Deutsch an meiner Universität und ich spreche ausserdem ein wenig Deutsch. (auch da mein Freund Schweizer ist )
Ich wurde vor ungefähr einem Monat als Tokamachi Kimono Königin ausgezeichnet. In diesem Jahr werde ich mein Wohnort Tokamachi City unterstützen und wunderschöne Kimonos bei vielen verschiedenen Anlässen und Festen tragen. Ich fühle mich sehr geehrt Tokamachi Kimono Königin zu sein und ich bin aufgeregt meine neuen Aufgaben in Angriff zu nehmen. Ich bin ziemlich sicher, dass ich ohne Ihren Support nicht als Königin ausgezeichnet worden wäre. Vielen Dank an alle.
Wir haben die Kimonoklassen seit März abgeschlossen und wir sind nun bereit an vielen verschiedenen Anlässen teilzunehmen.
Falls Sie Kimonokleider, Schnee sowie japanischer Kultur interessieren, bitten wir Sie dieser Seite und unserem Blog zu folgen.

Vielen Dank fürs Lesen.

Tokamachi Kimono Königin2016 Sakiho Nagumo